前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • 山本雅弘

    山本雅弘から見た小嶋達也小嶋達也

    同校野球部躍進の背景には、小嶋達也、行田篤史に代表される石川県外の優秀な選手の存在はもとより、嘗て山本が指導していた星稜中学校から、山本を慕い遊学館に進路を変更した選手の存在が大きい。また、いち早く動画解析などを取り入れ急速に石川県を代表するチームを作る。1,2年生だけで甲子園出場果たし、中でも小嶋投手の3試合43奪三振、行田選手の夏の甲子園大会通算1000号本塁打と一躍、時の人となる。その代表が鈴木将光である。対照的に、星稜は有力な選手の供給源であった付属中学校からの進学者がライバル校に流出したため長期に亘る低迷を余儀なくされた。山本の遊学館就任は石川県の高校野球の勢力図を大きく変えたとされている。山本雅弘 フレッシュアイペディアより)

  • 小島達也

    小島達也から見た小嶋達也小嶋達也

    小島達也 フレッシュアイペディアより)

  • 白仁田寛和

    白仁田寛和から見た小嶋達也小嶋達也

    は開幕二軍で迎えたが、ファームで小嶋達也、鄭凱文、藤原正典らと並ぶ29試合に登板。防御率2.64とまずまずの成績を残した。9月21日にオフに左ひじ遊離軟骨の除去手術を行うため登録抹消された榎田大樹に代わって一軍に今季初昇格をし、シーズン終了まで一軍にいたが、わずか2試合の登板に終わった。シーズン終了後の12から行われたオーストラリアウインターリーグに参加。8試合13イニングで防御率2.77だった。白仁田寛和 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た小嶋達也小嶋達也

    は、三塁手として村田との競争が明言されるが、2月18日の広島とのオープン戦開幕戦で故障した長野に変わり、それまでキャンプで外野守備の練習を一度も行わなかったにも関わらず3番・右翼手で出場。3月10日には負傷した古城茂幸に代わり二塁手として出場した。開幕戦はベンチで迎える。二度目のスタメン出場となった4月8日の阪神戦で、小嶋達也から顔面に死球を受けた際に鼻骨骨折したが、登録は抹消されずにベンチ入りを続けていた。5月2日の広島戦では前進守備にもかかわらず、送球ミスによりランナーの本塁生還を許してしまい、これが原因となってチームは敗北。試合後には「あまりにも見苦しい守備。今日は一晩中寝れないくらい悔しがらないと駄目だね。」と原監督から厳しく叱責される。しかし、翌日の同カードでも前日と同じく7番・左翼で先発。八回裏・二死走者なしから決勝となる本塁打を放ち、勝利に貢献した。ヒーローインタビューでは涙ながらに「本当にすみませんって感じです」と語った。原監督は「まだまだ貸しはたくさんある」とコメント。このプレーが理由で5月のジョージア魂賞を受賞した。打率.236に対し長打率.409と長打力を発揮したものの、前述の故障や低出塁率が響き2010年を下回る60試合、117打席の出場に留まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た小嶋達也小嶋達也

    小嶋達也、榎田大樹などの若手投手の躍進で1軍での出番は無く、5月24日、黒瀬春樹との交換トレードで埼玉西武ライオンズへ移籍。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 10月7日

    10月7日から見た小嶋達也小嶋達也

    1985年 - 小嶋達也、プロ野球選手10月7日 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪ガス硬式野球部

    大阪ガス硬式野球部から見た小嶋達也小嶋達也

    小嶋達也投手( 阪神:大学生・社会人ドラフト希望入団枠)大阪ガス硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 吹田市

    吹田市から見た小嶋達也小嶋達也

    小嶋達也 (プロ野球選手・阪神タイガース投手)吹田市 フレッシュアイペディアより)

  • 筒香嘉智

    筒香嘉智から見た小嶋達也小嶋達也

    初盗塁:2011年10月13日、対阪神タイガース21回戦(横浜スタジアム)、1回裏に二盗(投手:小嶋達也、捕手:小宮山慎二)※荒波翔とのダブルスチール筒香嘉智 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た小嶋達也小嶋達也

    、3月11日に発生した東日本大震災の影響で、開幕日が当初の3月25日(神宮球場での対ヤクルト戦)から4月12日の甲子園での対広島戦に変更となり、阪神にとって1993年以来18年ぶりの甲子園開幕戦をとなり40年ぶりの甲子園での開幕戦勝利を挙げた。開幕当初は先発陣の安定した活躍で上々の滑り出しをしたものの、打線が不調に陥り、久保田と小林宏の不振もあり、交流戦半ばで最下位に加えて最大11の借金を抱えた。その直後の6月8日から、代打出場が主だった関本をスタメン起用し、負傷した城島に替わり藤井彰人を正捕手として起用し始めたことでチーム状況が好転する。不振だった各打者も復調し、投手では、先発のランディ・メッセンジャーが、能見と並ぶ12勝でチームの勝ち頭になると、中継ぎではベテランの福原、若手の小嶋達也、西村、セットアッパーでは新人の榎田大樹が定着し、徐々に投打が噛み合うようになる。何度か主力選手の離脱もあったが、上本、柴田講平、前田大和などの若手選手の起用や活躍もあり、月間成績も6月8日以後の6月、7月、8月と連続で勝ち越すなど着実に勝利を重ね、8月終了時には借金を完済し、2位にまで浮上する。しかし、9月に入るとそれまで好調だった投手陣が安定感を失い、それまでに対戦成績の良かった首位ヤクルト相手に6連敗を喫するなど、球団ワースト記録を更新する6カード連続での勝ち越し無しの記録を作り一気に失速して4位で終わる。真弓明信は監督はを任、後任の監督には和田豊が就任。この年、下柳、桜井、葛城らが退団。楽天から松崎伸吾を獲得した。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示

「小嶋達也」のニューストピックワード