62件中 21 - 30件表示
  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た埼玉西武ライオンズ

    救援要員へ本格的に転向すると、5月下旬にシーズン初の出場選手登録。登録後の一軍公式戦でも中継ぎに起用されたが、5月29日の対埼玉西武ライオンズ戦(甲子園)で1回5失点を喫するなど、不安定な投球が相次いだ。結局、わずか3試合の登板で、登録をいったん抹消された。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た戦力外通告

    ウエスタン・リーグ公式戦29試合の登板で、2勝0敗1セーブ、防御率3.41をマーク。しかし、一軍公式戦への登板機会はなく、一軍のシーズン最終戦当日(10月1日)に球団から戦力外通告を受けた。12月2日、自由契約公示された小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た大阪市

    小嶋 達也(こじま たつや、1985年10月7日 - )は、大阪府吹田市生まれ・大阪市東淀川区育ちの元プロ野球選手(投手)。左投左打。愛称は「こじたつ」。現在は阪神タイガースの打撃投手を務めている。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た安打

    抹消後は二軍生活に終始。7月19日のフレッシュオールスターゲームでは、ウエスタン・リーグ選抜の一員として登板すると、1回を三者凡退に抑えた。同リーグの公式戦でも9試合に登板したが、1勝4敗、防御率5.45と不振。被安打数(37)が投球回数(34回2/3)を超えたり、四死球数(14)が投球回数の3分の1以上を占めたりしたほか、暴投(5)・被本塁打(6)はチームの投手で最も悪かった。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た遊学館高等学校

    に、石川県の遊学館高校へ進学。進学と同時に硬式野球部が創設されたことから、1期生として入部した。2年時の夏には、エースとして、チームの第84回全国高等学校野球選手権大会全国大会出場および準々決勝進出に貢献した。翌には、春の第75回選抜高等学校野球大会で3回戦に進出したものの、夏は石川大会の決勝で敗れた。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た阪神甲子園球場

    救援投手として、4月8日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(阪神甲子園球場)でシーズン初の一軍マウンドを踏んだ。しかし、危険球で退場処分を受けたあげく、出場選手登録を抹消された。7月に一軍へ復帰したが、救援で3試合に登板しただけでシーズンを終えた。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見たナゴヤドーム

    初ホールド:2011年4月16日、対中日ドラゴンズ2回戦(ナゴヤドーム)、12回裏1死に6番手で救援登板、1/3回を無失点小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た横浜スタジアム

    前年までとは一転して、一軍公式戦で主に中継ぎとして起用。自己最多の36試合に登板すると、5ホールドを挙げた。終盤の2試合で先発に復帰。シーズン初先発になった10月13日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)では、5回1/3を無失点に抑える好投で、一軍公式戦4年振りの勝ち星を挙げた。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た大阪ドーム

    公式戦の開幕から一軍の先発ローテーションに入ると、広島東洋カープとの開幕第3戦(4月1日・京セラドーム大阪)に先発投手として一軍デビュー。5回2失点という内容で、プロ初勝利を挙げた。ドラフト会議での指名を経て阪神に入団した新人投手が、一軍公式戦の開幕カードに先発で勝利投手になった事例は、この試合の小嶋が初めてであった。しかし、以降の登板では精彩を欠いたことから、5月に出場選手登録を抹消された。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た明治神宮野球場

    5月17日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)に先発。一軍では自身2年振りの登板で、勝敗は付かなかったものの、6回1失点(自責点0)と好投した。しかし、一軍公式戦にはこの試合に登板しただけでシーズンを終えた。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示