62件中 51 - 60件表示
  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た2003年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2003年のプロ野球ドラフト会議では、中日ドラゴンズが上位での指名を検討していたが、小嶋自身は指名に必要なプロ志望届を日本学生野球協会へ提出しなかった。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た防御率

    抹消後は二軍生活に終始。7月19日のフレッシュオールスターゲームでは、ウエスタン・リーグ選抜の一員として登板すると、1回を三者凡退に抑えた。同リーグの公式戦でも9試合に登板したが、1勝4敗、防御率5.45と不振。被安打数(37)が投球回数(34回2/3)を超えたり、四死球数(14)が投球回数の3分の1以上を占めたりしたほか、暴投(5)・被本塁打(6)はチームの投手で最も悪かった。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見たセーブ

    ウエスタン・リーグ公式戦では、チームメイトの玉置隆に次いで、リーグ2位の42試合に登板。2勝5敗、防御率3.64ながら、リーグ3位・チームトップの13セーブを挙げた。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た東淀川区

    小嶋 達也(こじま たつや、1985年10月7日 - )は、大阪府吹田市生まれ・大阪市東淀川区育ちの元プロ野球選手(投手)。左投左打。愛称は「こじたつ」。現在は阪神タイガースの打撃投手を務めている。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た規定投球回

    ウエスタン・リーグ公式戦には16試合に登板。2完投、1完封勝利を記録したほか、2試合を無四球で終えたが、4勝7敗という成績にとどまった。また、リーグの最終規定投球回に到達したものの、防御率(4.38)は規定投球回に到達した投手(5名)で最も悪かった。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見たウエスタン・リーグ

    抹消後は二軍生活に終始。7月19日のフレッシュオールスターゲームでは、ウエスタン・リーグ選抜の一員として登板すると、1回を三者凡退に抑えた。同リーグの公式戦でも9試合に登板したが、1勝4敗、防御率5.45と不振。被安打数(37)が投球回数(34回2/3)を超えたり、四死球数(14)が投球回数の3分の1以上を占めたりしたほか、暴投(5)・被本塁打(6)はチームの投手で最も悪かった。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た投球回

    抹消後は二軍生活に終始。7月19日のフレッシュオールスターゲームでは、ウエスタン・リーグ選抜の一員として登板すると、1回を三者凡退に抑えた。同リーグの公式戦でも9試合に登板したが、1勝4敗、防御率5.45と不振。被安打数(37)が投球回数(34回2/3)を超えたり、四死球数(14)が投球回数の3分の1以上を占めたりしたほか、暴投(5)・被本塁打(6)はチームの投手で最も悪かった。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た四死球

    抹消後は二軍生活に終始。7月19日のフレッシュオールスターゲームでは、ウエスタン・リーグ選抜の一員として登板すると、1回を三者凡退に抑えた。同リーグの公式戦でも9試合に登板したが、1勝4敗、防御率5.45と不振。被安打数(37)が投球回数(34回2/3)を超えたり、四死球数(14)が投球回数の3分の1以上を占めたりしたほか、暴投(5)・被本塁打(6)はチームの投手で最も悪かった。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た勝利投手

    公式戦の開幕から一軍の先発ローテーションに入ると、広島東洋カープとの開幕第3戦(4月1日・京セラドーム大阪)に先発投手として一軍デビュー。5回2失点という内容で、プロ初勝利を挙げた。ドラフト会議での指名を経て阪神に入団した新人投手が、一軍公式戦の開幕カードに先発で勝利投手になった事例は、この試合の小嶋が初めてであった。しかし、以降の登板では精彩を欠いたことから、5月に出場選手登録を抹消された。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見たメジャーリーグベースボール

    高校を卒業後に、地元の大阪ガスへ入社。入社から3年後の2006年ドラフト会議で、希望枠を通じて阪神タイガースへ入団するとともに、同年限りでニューヨーク・ヤンキースへ移籍した左腕投手・井川慶から背番号29を継いだ。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

62件中 51 - 60件表示