前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • 2006年の文学

    2006年の文学から見た小川洋子小川洋子

    1月 - 新潮文庫『博士の愛した数式』(小川洋子著)が発売2ヶ月で100万部を突破。新潮文庫では史上最速。2006年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 芥川龍之介賞

    芥川龍之介賞から見た小川洋子小川洋子

    選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見と、その1ヵ月後の授賞式はともに東京會舘で行なわれる。芥川龍之介賞 フレッシュアイペディアより)

  • 純文学

    純文学から見た小川洋子小川洋子

    団塊の世代の主要な純文学作家としては、中上健次、津島佑子、村上春樹、村上龍、高橋源一郎らの名前が挙げられる。ポスト団塊の世代の純文学作家では、島田雅彦、山田詠美、小川洋子、川上弘美らが高い評価を得ている。純文学 フレッシュアイペディアより)

  • 太宰治賞

    太宰治賞から見た小川洋子小川洋子

    選考委員は加藤典洋・小川洋子・荒川洋治・三浦しをんの4名(かつて委員だった高井有一・柴田翔は退任)。締め切りは12月10日。太宰治賞 フレッシュアイペディアより)

  • 読売文学賞

    読売文学賞から見た小川洋子小川洋子

    第55回(2003年) - 小川洋子 『博士の愛した数式』読売文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の近現代文学史

    日本の近現代文学史から見た小川洋子小川洋子

    この時期には、海外で日本文学の翻訳が盛んになり、一部の作家は同時代の海外文学に強い影響を与えるようにもなった。翻訳された村上春樹の作品が多くの国でベストセラーとなり、村上は世界的に最も影響力のある作家の一人となった。小川洋子も『博士の愛した数式』(2003年)などの作品で世界的に名を知られた。日本国内では、リービ英雄や楊逸のような、日本語を母語としない、日本語で創作する作家が高い評価を得た。日本の近現代文学史 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野勝博

    宇野勝博から見た小川洋子小川洋子

    博士がくれた贈り物(2006年、東京図書株式会社:大阪教育大学で開かれた「数理科学フォーラム」で、同じ講座の教授の菅原邦雄、埼玉大学教授の岡部恒治、小説家小川洋子との座談会をもとに単行本化。 ISBN 9784489007507 )宇野勝博 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原邦雄

    菅原邦雄から見た小川洋子小川洋子

    博士がくれた贈り物(2006年、東京図書株式会社:大阪教育大学で開かれた「数理科学フォーラム」で、同じ講座の教授の宇野勝博、埼玉大学教授の岡部恒治、小説家小川洋子との座談会をもとに単行本化。 ISBN 9784489007507 )菅原邦雄 フレッシュアイペディアより)

  • ディアーヌ・ベルトラン

    ディアーヌ・ベルトランから見た小川洋子小川洋子

    2005年には、小川洋子の小説『薬指の標本』を、フランスを舞台に映画化した。ディアーヌ・ベルトラン フレッシュアイペディアより)

  • 薬指の標本

    薬指の標本から見た小川洋子小川洋子

    薬指の標本(くすりゆびのひょうほん)とは小川洋子の小説。および同作品を収めた単行本、または文庫である。この作品を原作としたフランス映画については『薬指の標本 (映画)』を参照。薬指の標本 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示