前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示
  • 2004年の文学

    2004年の文学から見た小川洋子小川洋子

    4月15日 - 第1回本屋大賞が発表される。小川洋子の『博士の愛した数式』が受賞。2004年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の文学

    2006年の文学から見た小川洋子小川洋子

    1月 - 新潮文庫『博士の愛した数式』(小川洋子著)が発売2ヶ月で100万部を突破。新潮文庫では史上最速。2006年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 愛撫 (小説)

    愛撫 (小説)から見た小川洋子小川洋子

    収録作品:谷崎潤一郎「魚の李太白」、有島武郎「僕の帽子のお話」、小川未明「月夜とめがね」、中原中也「一つのメルヘン」、梶井基次郎「愛撫」、川端康成「片腕」、三島由紀夫「雨のなかの噴水」、星新一「ボッコちゃん」、中島敦「幸福」、井伏鱒二「白毛」、伊丹十三「するめ」、吉行淳之介「蝿」、深沢七郎「月のアペニン山」、萩原朔太郎「死なない蛸」、小川洋子「ギブスを売る人」愛撫 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 柘植光彦

    柘植光彦から見た小川洋子小川洋子

    大学院博士課程在学中に東大闘争に遭遇し、ノンセクトの思想に共鳴した。以後、学問論や研究者論を展開するとともに、現代日本文学研究者として活動。主な研究対象は、埴谷雄高、安部公房、福永武彦、三島由紀夫、島尾敏雄、吉行淳之介、井上光晴、三枝和子、大江健三郎、筒井康隆、井上ひさし、村上春樹、よしもとばなな、小川洋子など多数。「四畳半襖の下張」模索舎裁判では特別弁護人として活動した。1995年に正式発足した現代文学会の世話人を、栗坪良樹、川村湊とともに務める。柘植光彦 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の文学

    1988年の文学から見た小川洋子小川洋子

    9月8日 - 第7回海燕新人文学賞の選考会開催。太田健一と小川洋子が受賞。1988年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 野間文芸新人賞

    野間文芸新人賞から見た小川洋子小川洋子

    候補作:鷺沢萠『帰れぬ人びと』、盛田隆二『ストリート・チルドレン』、松本侑子『偽りのマリリン・モンロー』、佐藤健志『チングー・韓国の友人』、小川洋子『冷めない紅茶』、保坂和志『プレーンソング』野間文芸新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 人質の朗読会

    人質の朗読会から見た小川洋子小川洋子

    『人質の朗読会』(ひとじちのろうどくかい)は、小川洋子による日本の小説。『中央公論』(中央公論新社)にて、2008年9月号から2010年9月号にかけて年4回連載された。本屋大賞にノミネートされ、第5位にランクインした。彫刻家の土屋仁応による作品「子鹿」が表紙に使用されている。2014年に中公文庫化され(解説はドラマの主役を務めた佐藤隆太が担当)、同年WOWOWの「ドラマWスペシャル」にてテレビドラマ化された。人質の朗読会 フレッシュアイペディアより)

  • 読売文学賞

    読売文学賞から見た小川洋子小川洋子

    第55回(2003年) - 小川洋子 『博士の愛した数式』読売文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の近現代文学史

    日本の近現代文学史から見た小川洋子小川洋子

    この時期には、海外で日本文学の翻訳が盛んになり、一部の作家は同時代の海外文学に強い影響を与えるようにもなった。翻訳された村上春樹の作品が多くの国でベストセラーとなり、村上は世界的に最も影響力のある作家の一人となった。多和田葉子は日本語とドイツ語の両方で創作を続け、その作品は国境を越えて高く評価された。小川洋子も『博士の愛した数式』(2003年)などの作品で世界的に名を知られた。日本国内では、リービ英雄や楊逸のような、日本語を母語としない、日本語で創作する作家が高い評価を得た。2007年には川上未映子、円城塔、磯崎憲一郎、諏訪哲史らが相次いでデビューし、それぞれの思考や文体を武器に文学の復権をめざした。日本の近現代文学史 フレッシュアイペディアより)

  • 小説 野性時代

    小説 野性時代から見た小川洋子小川洋子

    7号 小川洋子の秘密 〜記憶の玉手箱小説 野性時代 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示

「小川洋子」のニューストピックワード