59件中 11 - 20件表示
  • 石堂夏央

    石堂夏央から見た小川洋子小川洋子

    趣味は読書と映画鑑賞。特に読書はモダンホラーから純文学に至るまで幅広く、暇があると図書館に入り浸っては手当たり次第に読み耽り、ひと月に読む本は20冊を超えていたという。好きな作家や本として、小川洋子やレイ・ブラッドベリの『歌おう、感電するほどの喜びを!』を挙げている。また漫画に関しても、その細部に亘る読み込みぶりは『BSマンガ夜話』で驚嘆されたほどである。石堂夏央 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の文学

    2004年の文学から見た小川洋子小川洋子

    泉鏡花文学賞(第37回) - 小川洋子『ブラフマンの埋葬』2004年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 海燕

    海燕から見た小川洋子小川洋子

    創刊当初は、地方の文学という項目も設けて、埋もれていた才能の発掘に力をいれていた。海燕新人文学賞を主催し、小林恭二・佐伯一麦・吉本ばなな・小川洋子らを世に出した。島田雅彦もこの雑誌から登場した。海燕 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新人文学賞

    朝日新人文学賞から見た小川洋子小川洋子

    第16回から第18回 阿部和重、小川洋子、斎藤美奈子、重松清、高橋源一郎朝日新人文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 岡部恒治

    岡部恒治から見た小川洋子小川洋子

    『博士がくれた贈り物』小川洋子、菅原邦雄、宇野勝博(2006年 東京図書)岡部恒治 フレッシュアイペディアより)

  • 柘植光彦

    柘植光彦から見た小川洋子小川洋子

    大学院博士課程在学中に東大闘争に遭遇し、ノンセクトの思想に共鳴した。以後、学問論や研究者論を展開するとともに、現代日本文学研究者として活動。主な研究対象は、埴谷雄高、安部公房、福永武彦、三島由紀夫、島尾敏雄、吉行淳之介、井上光晴、三枝和子、大江健三郎、筒井康隆、井上ひさし、村上春樹、よしもとばなな、小川洋子など多数。「四畳半襖の下張」模索舎裁判では特別弁護人として活動した。1995年に正式発足した現代文学会の世話人を、栗坪良樹、川村湊とともに務める。柘植光彦 フレッシュアイペディアより)

  • 海燕新人文学賞

    海燕新人文学賞から見た小川洋子小川洋子

    第7回 (1988年) 太田健一 「人生は擬似体験ゲーム」(「脳細胞日記」に所収)、小川洋子 「揚羽蝶が壊れるとき」(「完璧な病室」に所収)海燕新人文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • LOVE書店!

    LOVE書店!から見た小川洋子小川洋子

    第1号:小川洋子と甲子園を探検!LOVE書店! フレッシュアイペディアより)

  • 小説野性時代

    小説野性時代から見た小川洋子小川洋子

    7号 小川洋子の秘密 〜記憶の玉手箱小説野性時代 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本和子

    藤本和子から見た小川洋子小川洋子

    リチャード・ブローティガンの著作のほとんどを翻訳し、時として原文以上とも評されたその清新な訳文は、日本における翻訳文学の系譜の上で重要なものである。村上春樹、小川洋子、高橋源一郎、柴田元幸、岸本佐知子といった数多くの作家・翻訳家に影響を与えた。藤本和子 フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示