59件中 21 - 30件表示
  • 望月通陽

    望月通陽から見た小川洋子小川洋子

    密やかな結晶(小川洋子、講談社)望月通陽 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・スナイダー

    スティーヴン・スナイダーから見た小川洋子小川洋子

    スティーヴン・スナイダー(Stephen Snyder, 1957年- )は、アメリカの日本文学研究者、ミドルべリー大学教授。1991年、イェール大学で永井荷風の研究により博士号取得。村上龍、小川洋子などを英訳する。スティーヴン・スナイダー フレッシュアイペディアより)

  • 女性作家シリーズ

    女性作家シリーズから見た小川洋子小川洋子

    中沢けい 多和田葉子 荻野アンナ 小川洋子 - 海を感じる時、箱の蓋、犬を焼く(中沢けい)、かかとを失くして、犬婿入り(多和田葉子)、うちのお母んがお茶を飲む、笑うボッシュ、雪国の踊子(荻野アンナ)、完璧な病室、妊娠カレンダー(小川洋子)女性作家シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 土屋仁応

    土屋仁応から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子『人質の朗読会』(中央公論新社、2011年)土屋仁応 フレッシュアイペディアより)

  • 野間文芸新人賞

    野間文芸新人賞から見た小川洋子小川洋子

    候補作:鷺沢萠『帰れぬ人びと』、盛田隆二『ストリート・チルドレン』、松本侑子『偽りのマリリン・モンロー』、佐藤健志『チングー・韓国の友人』、小川洋子『冷めない紅茶』、保坂和志『プレーンソング』野間文芸新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • クォンタム・ファミリーズ

    クォンタム・ファミリーズから見た小川洋子小川洋子

    三島由紀夫賞選考では5人の選考委員のうち3人(川上弘美、町田康、平野啓一郎)が○をつけ、1人(小川洋子)が△をつけて評価した。印をつけなかった辻原登は、様々な装飾を取り払ってみると「作者の狙いどおりかもしれないが、かなり荒涼とした、通俗的な世界」になると述べている。小川洋子は「物語に引きずり込まれていく快感」はあったものの、それがあくまで作者のコントロールの下の、あらかじめ設定された範囲内に留まっているとした。川上弘美は「わくわくする小説」、最後の「汐子」の章にふられた番号に「ぐっときました」と述べ、候補作全体を読んでまずこの作品に○をつけたと述べている。町田康は○をつけたものの、「アイテムや筋、設定」に既視感があり、また「自分」というものの取り扱いもありきたりであるとしており、ただ他の候補作と比べてもっとも小説として魅力的だったために推したとしている。平野啓一郎はとくに強く推しており、「ボルヘス的な数学的可能性の中の生という主題を、「35歳問題」を通じてリリカルに導入しつつ、作者は、閉鎖系のシステムの中での主体的な人間像から、四方八方に破れ放題になった世界の人間像へと、言葉による転換を誠実に試みている」と評価した。クォンタム・ファミリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 名久井直子

    名久井直子から見た小川洋子小川洋子

    『小川洋子の偏愛短篇箱』小川洋子(編著) 河出書房新社 2009年名久井直子 フレッシュアイペディアより)

  • 新潮新人賞

    新潮新人賞から見た小川洋子小川洋子

    第31回から第33回 - 李恢成、小川洋子、佐伯一麦、福田和也、別役実新潮新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 松田哲夫

    松田哲夫から見た小川洋子小川洋子

    藤原正彦・小川洋子『世にも美しい数学入門』2005年松田哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 盛田隆二

    盛田隆二から見た小川洋子小川洋子

    『New History 街の物語』(小川洋子、柴門ふみ、原田宗典、盛田隆二) 2001年 角川書店盛田隆二 フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示