107件中 21 - 30件表示
  • 春の庭

    春の庭から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子は、作者が書くべきものを強く握り締めているがその痛みを見せないことを評価した。春の庭 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の文学

    1989年の文学から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子 『完璧な病室』(福武書店)1989年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の文学

    1998年の文学から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子 『凍りついた香り』(幻冬舎)1998年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 岸本佐知子

    岸本佐知子から見た小川洋子小川洋子

    現在も『ちくま』に上記エッセイ「ネにもつタイプ」を連載中。川上弘美、小川洋子、北村薫を愛読者に持つ。岸本佐知子 フレッシュアイペディアより)

  • 中国行きのスロウ・ボート

    中国行きのスロウ・ボートから見た小川洋子小川洋子

    小説家の小川洋子は、「自分が敬愛する作家の、もっとも好きな作品が短編である場合(中略)、短編ならばふと思い立った時、最初から最後までいつでも通して読み返せる。(中略)村上春樹作品の中で、私がそういう読み方をしているのは『中国行きのスロウ・ボート』に収められた、『午後の最後の芝生』である。」と述べている。中国行きのスロウ・ボート フレッシュアイペディアより)

  • トルコ人 (チェス)

    トルコ人 (チェス)から見た小川洋子小川洋子

    エドガー・アラン・ポーは、上記の1936年発表のエッセイ『メルツェルの将棋差し』の後、トルコ人が焼失する数年前の1849年に「フォン・ケンペレンと彼の発見」Von Kempelen and His Discoveryという話を書いた。1909年のアンブローズ・ビアスの短編「自動チェス人形」Moxon’s Masterには、トルコ人とそっくりな恐ろしいチェスのオートマトンの話がある。1938年には密室殺人を扱ったジョン・ディクスン・カーの「曲った蝶番」The Crooked Hingeの中で、オートマタが問題解決の鍵になっている。1977年のジーン・ウルフのSF短編「素晴らしき真鍮自動チェス機械」The Marvellous Brass Chessplaying Automatonでもトルコ人と非常によく似たオートマタが描かれている。2009年の小川洋子の長編『猫を抱いて象と泳ぐ』にも同様のオートマタが描かれている。2001年の瀬名秀明によるポーへのオマージュ短編「メンチェルのチェスプレイヤー」にはロボットとチェスをする描写がある。トルコ人 (チェス) フレッシュアイペディアより)

  • 文藝

    文藝から見た小川洋子小川洋子

    柴田元幸 - 2009年春季号/穂村弘 - 2009年夏季号/小川洋子 - 2009年秋季号文藝 フレッシュアイペディアより)

  • 名久井直子

    名久井直子から見た小川洋子小川洋子

    『小川洋子の偏愛短篇箱』小川洋子(編著) 河出書房新社 2009年名久井直子 フレッシュアイペディアより)

  • ファイアズ (炎)

    ファイアズ (炎)から見た小川洋子小川洋子

    翻訳は村上春樹。ゲイリー・フィスケットジョンの「君が元気でやっていてくれると嬉しい」が収録されている。また付録には小川洋子と川本三郎がエッセイを寄せている。ファイアズ (炎) フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新人文学賞

    朝日新人文学賞から見た小川洋子小川洋子

    第16回から第18回 阿部和重、小川洋子、斎藤美奈子、重松清、高橋源一郎朝日新人文学賞 フレッシュアイペディアより)

107件中 21 - 30件表示

「小川洋子」のニューストピックワード