59件中 31 - 40件表示
  • 文藝

    文藝から見た小川洋子小川洋子

    柴田元幸 - 2009年春季号/穂村弘 - 2009年夏季号/小川洋子 - 2009年秋季号文藝 フレッシュアイペディアより)

  • 岸本佐知子

    岸本佐知子から見た小川洋子小川洋子

    また、『翻訳の世界』編集部にいる友人の依頼で同誌に奇妙な味わいのエッセイを連載、このエッセイは翻訳の技術等に関わる内容ではなかったため一部の読者から苦情の投書を受けたが柴田元幸に高く評価され、後に『気になる部分』として一冊にまとめられた。第二エッセイ集『ねにもつタイプ』で2007年に講談社エッセイ賞を受賞。川上弘美、小川洋子、北村薫を愛読者に持つ。岸本佐知子 フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学第一文学部

    早稲田大学第一文学部から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子 - 小説家、芥川賞受賞早稲田大学第一文学部 フレッシュアイペディアより)

  • BE・LOVE

    BE・LOVEから見た小川洋子小川洋子

    博士の愛した数式(原作:小川洋子、漫画:くりた陸)BE・LOVE フレッシュアイペディアより)

  • 寺田博

    寺田博から見た小川洋子小川洋子

    中上健次や島田雅彦、吉本ばなな、小川洋子など才能ある多くの新人作家を発掘し文学界の名伯楽と呼ばれたが、中上に殴られて病院に運ばれたこともある。寺田博 フレッシュアイペディアより)

  • トルコ人 (チェス)

    トルコ人 (チェス)から見た小川洋子小川洋子

    エドガー・アラン・ポーは、上記の1936年発表のエッセイ『メルツェルの将棋差し』の後、トルコ人が焼失する数年前の1849年に「フォン・ケンペレンと彼の発見」Von Kempelen and His Discoveryという話を書いた。1909年のアンブローズ・ビアスの短編「自動チェス人形」Moxon’s Masterには、トルコ人とそっくりな恐ろしいチェスのオートマトンの話がある。1938年には密室殺人を扱ったジョン・ディクスン・カーの「曲った蝶番」The Crooked Hingeの中で、オートマタが問題解決の鍵になっている。1977年のジーン・ウルフのSF短編「素晴らしき真鍮自動チェス機械」The Marvellous Brass Chessplaying Automatonでもトルコ人と非常によく似たオートマタが描かれている。2009年の小川洋子の長編『猫を抱いて象と泳ぐ』にも同様のオートマタが描かれている。2001年の瀬名秀明によるポーへのオマージュ短編「メンチェルのチェスプレイヤー」にはロボットとチェスをする描写がある。トルコ人 (チェス) フレッシュアイペディアより)

  • 妊娠カレンダー

    妊娠カレンダーから見た小川洋子小川洋子

    『妊娠カレンダー』(にんしんカレンダー)は、小川洋子の小説である。第104回芥川賞の受賞作。妊娠カレンダー フレッシュアイペディアより)

  • くりた陸

    くりた陸から見た小川洋子小川洋子

    博士の愛した数式 (2005 - 2006年、BE・LOVE) - 原作は小川洋子の同名小説。単行本全1巻(2006年、講談社)くりた陸 フレッシュアイペディアより)

  • チェス

    チェスから見た小川洋子小川洋子

    小川洋子 『猫を抱いて象と泳ぐ』チェス フレッシュアイペディアより)

  • 本屋大賞

    本屋大賞から見た小川洋子小川洋子

    第10回までのノミネート作を作家別にみると、最多は伊坂幸太郎の8作で、有川浩、小川洋子、百田尚樹、三浦しをんがそれぞれ4作、万城目学、森見登美彦、東野圭吾がそれぞれ3作と続く。本屋大賞 フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示