107件中 31 - 40件表示
  • 井鯉こま

    井鯉こまから見た小川洋子小川洋子

    神奈川県横浜市出身。東京外国語大学外国語学部を卒業する。2014年、「コンとアンジ」で筑摩書房と東京都三鷹市が共催する第30回太宰治賞を受賞する(選考委員:加藤典洋、小川洋子、荒川洋治、三浦しをん)。小川洋子は、「コンとアンジ」について「余計なことを書かないことによって、性別や国境、言葉の違いといった境界線をやすやすと飛び越え、ある種神話的な世界を作り上げている」と評価している。井鯉は、応募のきっかけについて、「子どもの夜泣きがなくなって自分の時間が持てるようになったこと」と語っている。中学生のときに太宰治作品を愛読していたという。井鯉こま フレッシュアイペディアより)

  • 岩城けい

    岩城けいから見た小川洋子小川洋子

    2013年5月、「さようなら、オレンジ」で第29回太宰治賞を受賞(受賞時ペンネームはKSイワキ)。選考委員は、加藤典洋、荒川洋治、小川洋子、三浦しをん。小説家デビューを果たす。なお、受賞時ペンネームのKSは、宝貝、カウリー・シェルの頭文字とされる。同年6月、同作を収録したムック本「太宰治賞2013」(筑摩書房編集部 編集 ISBN 978-4-480-80447-1)が刊行される。好評を呼び、異例の増刷となる。岩城けい フレッシュアイペディアより)

  • 薬指の標本 (映画)

    薬指の標本 (映画)から見た小川洋子小川洋子

    『薬指の標本』(原題:L' Annulaire )は、2005年のフランス映画。小川洋子の同名小説をフランスの女性監督ディアーヌ・ベルトランが映画化した。薬指の標本 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 海燕新人文学賞

    海燕新人文学賞から見た小川洋子小川洋子

    第7回 (1988年) 太田健一 「人生は擬似体験ゲーム」(「脳細胞日記」に所収)、小川洋子 「揚羽蝶が壊れるとき」(「完璧な病室」に所収)海燕新人文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 薬指の標本

    薬指の標本から見た小川洋子小川洋子

    薬指の標本(くすりゆびのひょうほん)とは小川洋子の小説。および同作品を収めた単行本、または文庫である。この作品を原作としたフランス映画については『薬指の標本 (映画)』を参照。薬指の標本 フレッシュアイペディアより)

  • 雨のなかの噴水

    雨のなかの噴水から見た小川洋子小川洋子

    収録作品:谷崎潤一郎「魚の李太白」、有島武郎「僕の帽子のお話」、小川未明「月夜とめがね」、中原中也「一つのメルヘン」、梶井基次郎「愛撫」、川端康成「片腕」、三島由紀夫「雨のなかの噴水」、星新一「ボッコちゃん」、中島敦「幸福」、井伏鱒二「白毛」、伊丹十三「するめ」、吉行淳之介「蝿」、深沢七郎「月のアペニン山」、萩原朔太郎「死なない蛸」、小川洋子「ギブスを売る人」雨のなかの噴水 フレッシュアイペディアより)

  • しんせかい

    しんせかいから見た小川洋子小川洋子

    小川洋子は、本作は作家の本能に逆らったユニークな作品だと推した。しんせかい フレッシュアイペディアより)

  • 土屋仁応

    土屋仁応から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子『人質の朗読会』(中央公論新社、2011年)土屋仁応 フレッシュアイペディアより)

  • シャーリイ・ジャクスン賞

    シャーリイ・ジャクスン賞から見た小川洋子小川洋子

    短編集: The Diving Pool 小川洋子シャーリイ・ジャクスン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 綾目広治

    綾目広治から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子 見えない世界を見つめて』勉誠出版 新鋭作家論叢書 2009綾目広治 フレッシュアイペディアより)

107件中 31 - 40件表示

「小川洋子」のニューストピックワード