59件中 41 - 50件表示
  • 完全数

    完全数から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子の小説『博士の愛した数式』(2003年)では登場人物の「博士」が阪神タイガースの江夏豊投手のファンであったことの理由として江夏の背番号が28であったことを挙げ、その際に完全数の説明がなされている。完全数 フレッシュアイペディアより)

  • 泉鏡花文学賞

    泉鏡花文学賞から見た小川洋子小川洋子

    第32回(2004年)- 小川洋子「ブラフマンの埋葬」泉鏡花文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ブローティガン

    リチャード・ブローティガンから見た小川洋子小川洋子

    日本では翻訳家の藤本和子がその著書のほとんどを翻訳し、時として原文以上とも評されたその清新な訳文は、日本における翻訳文学の系譜の上で重要なものである。作家でも村上春樹、高橋源一郎、小川洋子といった面々が影響を受けている。リチャード・ブローティガン フレッシュアイペディアより)

  • 岡山市

    岡山市から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子(小説家、1962年 - )岡山市 フレッシュアイペディアより)

  • Panasonic Melodious Library

    Panasonic Melodious Libraryから見た小川洋子小川洋子

    作家・小川洋子をパーソナリティに迎えて、未来に残したい文学遺産を毎週1つずつ紹介する。番組中の楽曲は小川が選んだ曲など毎週3曲がオンエアされる。また、放送開始当初は途中で流れるPanasonicのプラズマテレビ「VIERA」のCMは毎週内容が異なり、その回の作品に関連したナレーションとともに90秒間放送されていた。Panasonic Melodious Library フレッシュアイペディアより)

  • 谷崎潤一郎賞

    谷崎潤一郎賞から見た小川洋子小川洋子

    第42回(2006年) - 小川洋子 『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞 フレッシュアイペディアより)

  • 江夏豊

    江夏豊から見た小川洋子小川洋子

    無類の阪神ファンである作家・小川洋子の『博士の愛した数式』(第1回本屋大賞受賞)では、その背番号(28、完全数)の持つ意味を題材に、著者から熱烈なオマージュを捧げられている。江夏本人も、この作品が映画化された際にコメントを寄せている。江夏豊 フレッシュアイペディアより)

  • 立花隆

    立花隆から見た小川洋子小川洋子

    『私と宗教』 高村薫、小林よしのり、小川洋子、立花隆、荒木経惟、高橋惠子、龍村仁、細江英公、想田和弘、水木しげる 平凡社新書 2011.10立花隆 フレッシュアイペディアより)

  • 脚フェティシズム

    脚フェティシズムから見た小川洋子小川洋子

    ルイス・ブニュエル(特に1930年の『黄金時代』や1963年の『小間使の日記』)のように多くの映画監督が女性の脚への幻惑を明らかにしている。クエンティン・タランティーノの映画にもしばしば脚フェティシズムの暗示がある。日本の小説家の谷崎潤一郎(『富美子の足』『瘋癲老人日記』『鍵』)、松浦理英子(『親指Pの修行時代』『ナチュラル・ウーマン』)、小川洋子(『妊娠カレンダー』『ホテル・アイリス』)などもいるほか、これに密接な関係のある性的衝動を現したレーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ(『毛皮を着たヴィーナス』)など、枚挙に暇がない。脚フェティシズム フレッシュアイペディアより)

  • 佐野元春

    佐野元春から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子…タイトルを佐野作品から採った長編「シュガータイム」、佐野の楽曲を下敷きにした連作短編集「アンジェリーナ」を出版している。佐野元春 フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示