107件中 51 - 60件表示
  • リチャード・ブローティガン

    リチャード・ブローティガンから見た小川洋子小川洋子

    日本では翻訳家の藤本和子がその著書のほとんどを翻訳し、時として原文以上とも評されたその清新な訳文は、日本における翻訳文学の系譜の上で重要なものである。作家でも村上春樹、高橋源一郎、小川洋子といった面々が影響を受けている。リチャード・ブローティガン フレッシュアイペディアより)

  • たんぽぽ (小説)

    たんぽぽ (小説)から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子は、未完であっても「本質的は十分に完結した小説」だと評し、久野との肉体の愛がもたらすものに対する不安が、稲子の〈欠視症〉の原因だとしている。武田勝彦は、〈欠視症〉の原因を、父の不慮の死の他、久野のサディスティックな愛し方に理由があると見ている。たんぽぽ (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 妊娠カレンダー

    妊娠カレンダーから見た小川洋子小川洋子

    『妊娠カレンダー』(にんしんカレンダー)は、小川洋子の小説および同作品を収めた作品集。第104回芥川龍之介賞の受賞作。表題作の他、「ドミトリイ」「夕暮れの給食室と雨のプール」の2篇が収録されている。妊娠カレンダー フレッシュアイペディアより)

  • 今村夏子

    今村夏子から見た小川洋子小川洋子

    2013年に結婚し、大阪市内で夫とふたり暮らし。庄野潤三の長女は同姓同名の別人。岡山市出身の小川洋子を「神様みたいな人」と敬愛し、「ずっとあんなふうに書いていけたらすてき」と話している。今村夏子 フレッシュアイペディアより)

  • 新潮新人賞

    新潮新人賞から見た小川洋子小川洋子

    第31回から第33回 - 小川洋子、佐伯一麦、福田和也、別役実、李恢成新潮新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 回文

    回文から見た小川洋子小川洋子

    『博士の愛した数式』 小川洋子(新潮文庫2004年)回文 フレッシュアイペディアより)

  • 石堂夏央

    石堂夏央から見た小川洋子小川洋子

    趣味は読書と映画鑑賞。特に読書はモダンホラーから純文学に至るまで幅広く、暇があると図書館に入り浸っては手当たり次第に読み耽り、ひと月に読む本は20冊を超えていたという。好きな作家や本として、小川洋子やレイ・ブラッドベリの『歌おう、感電するほどの喜びを!』を挙げている。また漫画に関しても、その細部に亘る読み込みぶりは『BSマンガ夜話』で驚嘆されたほどである。石堂夏央 フレッシュアイペディアより)

  • 博士の愛した数式

    博士の愛した数式から見た小川洋子小川洋子

    『博士の愛した数式』(はかせのあいしたすうしき)は、小川洋子による日本の小説。博士の愛した数式 フレッシュアイペディアより)

  • 平岡篤頼

    平岡篤頼から見た小川洋子小川洋子

    作家としては1968年にクロード・シモン著「フランドルへの道」でクローデル賞を受賞。日本文学評論「変容と試行」などを著し、1982年に「消えた煙突」で、1983年に「赤い罌粟の花」で2度芥川賞候補となる。早稲田大学文芸専修の創設や「早稲田文学」刊行、「早稲田文学新人賞」発展にも尽力した。平岡のもとで学んだ教え子には、栗本薫、重松清、堀江敏幸、小川洋子、角田光代、勝谷誠彦らがいる。平岡篤頼 フレッシュアイペディアより)

  • 平松洋子

    平松洋子から見た小川洋子小川洋子

    『洋子さんの本棚』(小川洋子共著)集英社、2015平松洋子 フレッシュアイペディアより)

107件中 51 - 60件表示

「小川洋子」のニューストピックワード