107件中 71 - 80件表示
  • 2012年の文学

    2012年の文学から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子 『最果てアーケード』(講談社)、『ことり』(朝日新聞出版)2012年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の文学

    1999年の文学から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子 『深き心の底より』(海竜社)1999年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本和子

    藤本和子から見た小川洋子小川洋子

    最初に翻訳した作品はリチャード・ブローティガンの『アメリカの鱒釣り』。晶文社の編集者だった津野梅太郎に「きみやりなさい」と言われたのがきっかけだという。以来、ブローティガンの著作のほとんどを翻訳し、時として原文以上とも評されたその清新な訳文は、日本における翻訳文学の系譜の上で重要なものである。村上春樹、小川洋子、高橋源一郎、柴田元幸、岸本佐知子といった数多くの作家・翻訳家に影響を与えた。藤本和子 フレッシュアイペディアより)

  • 松田哲夫

    松田哲夫から見た小川洋子小川洋子

    藤原正彦・小川洋子『世にも美しい数学入門』2005年松田哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の文学

    2003年の文学から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子 『博士の愛した数式』(新潮社)2003年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た小川洋子小川洋子

    小川洋子『ミーナの冒険』 - 坪内は前著で「このコビトカバ、私はあまり好きではない」と書いている。カバ フレッシュアイペディアより)

  • 佐野元春

    佐野元春から見た小川洋子小川洋子

    爆笑問題、松本人志(ダウンタウン)、石橋貴明(とんねるず)、山口智充、スガシカオ、小川洋子、野茂英雄、マキタスポーツ、立川志らべなど幅広い著名人が佐野のファンであることを公言しており、佐野も彼らに対し分け隔てなく接している。佐野元春 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年の日本

    1990年の日本から見た小川洋子小川洋子

    第104回(1990年下半期) - 小川洋子 『妊娠カレンダー』1990年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • あいき堂

    あいき堂から見た小川洋子小川洋子

    博士の愛した数式(原作:小川洋子『博士の愛した数式』/新潮社』)あいき堂 フレッシュアイペディアより)

  • 河合隼雄物語賞・学芸賞

    河合隼雄物語賞・学芸賞から見た小川洋子小川洋子

    物語賞:上橋菜穂子、小川洋子、後藤正治、中島京子河合隼雄物語賞・学芸賞 フレッシュアイペディアより)

107件中 71 - 80件表示

「小川洋子」のニューストピックワード