107件中 81 - 90件表示
  • 2017年の文学

    2017年の文学から見た小川洋子小川洋子

    小川洋子 『不時着する流星たち』(KADOKAWA)2017年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 本屋大賞

    本屋大賞から見た小川洋子小川洋子

    第15回までのノミネート作を作家別にみると、最多は伊坂幸太郎の11作で、森見登美彦が5作、有川浩、小川洋子、辻村深月、西加奈子、百田尚樹、万城目学、三浦しをんが各4作、原田マハ、東野圭吾、吉田修一が各3作と続く。本屋大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 脚フェティシズム

    脚フェティシズムから見た小川洋子小川洋子

    ルイス・ブニュエル(特に1930年の『黄金時代』や1963年の『小間使の日記』)のように多くの映画監督が女性の脚への幻惑を明らかにしている。クエンティン・タランティーノの映画にもしばしば脚フェティシズムの暗示がある。日本の小説家の谷崎潤一郎(『富美子の足』『瘋癲老人日記』『鍵』)、松浦理英子(『親指Pの修行時代』『ナチュラル・ウーマン』)、小川洋子(『妊娠カレンダー』『ホテル・アイリス』)などもいるほか、これに密接な関係のある性的衝動を現したレーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ(『毛皮を着たヴィーナス』)など、枚挙に暇がない。脚フェティシズム フレッシュアイペディアより)

  • アナスタシア・ニコラエヴナ

    アナスタシア・ニコラエヴナから見た小川洋子小川洋子

    小川洋子『貴婦人Aの蘇生』(朝日新聞社、2002年) (ISBN 978-4022643551)アナスタシア・ニコラエヴナ フレッシュアイペディアより)

  • 岩佐なを

    岩佐なをから見た小川洋子小川洋子

    銅版画で蔵書票(エクスリブリス)を多数創作。ドローイングや版画で、本や雑誌の挿画・装幀を手がける。季刊「嗜み」(文藝春秋)の山崎正和の連載エッセイに挿画を掲載した。小川洋子の『完璧な病室』(福武書店、1989年)の装幀、装画。紺野美沙子の『M Misojiのひとりごと』(世界文化社、1992年)の装幀、装画。『中原中也詩集』(角川春樹事務所、1998年)、詩誌「歴程」「現代詩手帖」の挿画。佐藤一郎の『哲学的冒険』(丸善年、2002年)、佐佐木幸綱編集の短歌雑誌「心の花」(竹柏会)の表紙画(2015年-18年)。新藤凉子、河津聖恵、三角みづ紀による連詩集『悪母島の魔術師』(思潮社、2013年:第51回藤村記念歴程賞)の表紙画、扉絵、挿画を描いた。岩佐なを フレッシュアイペディアより)

  • NHK杯全国高校放送コンテスト

    NHK杯全国高校放送コンテストから見た小川洋子小川洋子

    「カラーひよことコーヒー豆」小川洋子著 (小学館文庫)NHK杯全国高校放送コンテスト フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫賞

    三島由紀夫賞から見た小川洋子小川洋子

    選考委員:小川洋子、川上弘美、辻原登、平野啓一郎、町田康三島由紀夫賞 フレッシュアイペディアより)

  • 芦屋市立図書館

    芦屋市立図書館から見た小川洋子小川洋子

    村上春樹の小説『風の歌を聴け』(1979年)に登場する「古い図書館」のモデルになった建物は芦屋市立図書館であるとされ、小川洋子の谷崎潤一郎賞受賞作『ミーナの行進』(2006年)では打出分室を登場させ「蔓草が壁面を這い、古めかしい両開きの扉には中国風の飾りがはめ込まれていた」と描写している。芦屋市立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 太宰治賞

    太宰治賞から見た小川洋子小川洋子

    第20回から第24回 - 小川洋子、加藤典洋、柴田翔、高井有一太宰治賞 フレッシュアイペディアより)

  • チェス

    チェスから見た小川洋子小川洋子

    小川洋子 『猫を抱いて象と泳ぐ』チェス フレッシュアイペディアより)

107件中 81 - 90件表示

「小川洋子」のニューストピックワード