前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • 小川洋子

    小川洋子から見た河合隼雄

    『生きるとは、自分の物語をつくること』(河合隼雄 対談 2008年 新潮社) のち文庫小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た佐野元春

    歌手の佐野元春のファンでもあり、93年に佐野の歌詞を基にした短編集「アンジェリーナ」を発表した。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た村上春樹

    『妊娠カレンダー』に収録されている『夕暮れの給食室と雨のプール』は、『ザ・ニューヨーカー』2004年9月6日号に英訳版が掲載された、『妊娠カレンダー』も後に掲載。これより前に同誌に日本の小説が掲載されたのは、村上春樹(1990以降、多数)、大江健三郎(1993)のみ。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た今岡誠

    阪神タイガースのファンとしても有名。ファンクラブにも入会しており、会員カードに入れている背番号は今岡誠の7。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た大江健三郎

    『妊娠カレンダー』に収録されている『夕暮れの給食室と雨のプール』は、『ザ・ニューヨーカー』2004年9月6日号に英訳版が掲載された、『妊娠カレンダー』も後に掲載。これより前に同誌に日本の小説が掲載されたのは、村上春樹(1990以降、多数)、大江健三郎(1993)のみ。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た早稲田大学

    岡山県岡山市出身。旧姓は本郷。祖父は金光教の教師であり、両親とも金光教の信者という家庭で育つ。生家も教会の敷地内にあった。岡山市立三勲小学校、岡山県立岡山朝日高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。少女時代に世界児童文学を愛読。高校時代に『アンネの日記』を読み感銘を受ける。早稲田大学を卒業した1984年、倉敷市の川崎医大秘書室に就職。1986年、川崎製鉄のエンジニアの男性との結婚を機に退職し、小説の執筆に取り組むようになる。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た菅原邦雄

    『博士がくれた贈り物』(菅原邦雄、岡部恒治、宇野勝博 共著[座談会] 2006年 東京図書)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た藤原正彦

    『世にも美しい数学入門』(藤原正彦 対談 2005年 ちくまプリマー新書)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見たボリス・ヴィアン

    『うたかたの日々』ボリス・ヴィアン(2002年 早川書房)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見たポール・オースター

    『偶然の音楽』ポール・オースター(1998年 新潮文庫)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示