前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 小川洋子

    小川洋子から見た河合隼雄

    生きるとは、自分の物語をつくること(河合隼雄 対談 2008年 新潮社)のち文庫小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た佐藤隆太

    人質の朗読会(2014年3月8日、WOWOW「ドラマWスペシャル」枠で放送、監督:谷口正晃、主演:佐藤隆太小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た寺尾聰

    博士の愛した数式 (2006年1月21日公開、配給:松竹、監督:小泉堯史、主演:寺尾聰小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た村上春樹

    作品集『妊娠カレンダー』(文藝春秋、1991年)に収録されている「夕暮れの給食室と雨のプール」の英訳版が、『ザ・ニューヨーカー』2004年9月6日号に掲載された。また「妊娠カレンダー」の英訳版も同誌2005年12月26日に掲載された。これより前に同誌に日本の小説が掲載されたのは、村上春樹(1990年以降、多数)、大江健三郎(1993年)のみ。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た太宰治

    1977年4月、岡山県立岡山朝日高等学校入学。クラブ活動で弓道を始める。高校時代に『アンネの日記』を読み感銘を受ける。高校3年生の時、萩原朔太郎や中原中也の詩集を読む。読書範囲が広がり、立原道造、川端康成、太宰治、谷崎潤一郎を愛読する。自分の文学を求めて、大学は文芸を志す。推薦入学決定後に『万葉集』を読む。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た佐野元春

    歌手の佐野元春のファンでもあり、1993年に佐野の歌詞を基にした短編集『アンジェリーナ』を発表した。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た谷崎潤一郎

    1977年4月、岡山県立岡山朝日高等学校入学。クラブ活動で弓道を始める。高校時代に『アンネの日記』を読み感銘を受ける。高校3年生の時、萩原朔太郎や中原中也の詩集を読む。読書範囲が広がり、立原道造、川端康成、太宰治、谷崎潤一郎を愛読する。自分の文学を求めて、大学は文芸を志す。推薦入学決定後に『万葉集』を読む。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た大江健三郎

    作品集『妊娠カレンダー』(文藝春秋、1991年)に収録されている「夕暮れの給食室と雨のプール」の英訳版が、『ザ・ニューヨーカー』2004年9月6日号に掲載された。また「妊娠カレンダー」の英訳版も同誌2005年12月26日に掲載された。これより前に同誌に日本の小説が掲載されたのは、村上春樹(1990年以降、多数)、大江健三郎(1993年)のみ。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た小泉堯史

    博士の愛した数式 (2006年1月21日公開、配給:松竹、監督:小泉堯史、主演:寺尾聰)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た萩原朔太郎

    1977年4月、岡山県立岡山朝日高等学校入学。クラブ活動で弓道を始める。高校時代に『アンネの日記』を読み感銘を受ける。高校3年生の時、萩原朔太郎や中原中也の詩集を読む。読書範囲が広がり、立原道造、川端康成、太宰治、谷崎潤一郎を愛読する。自分の文学を求めて、大学は文芸を志す。推薦入学決定後に『万葉集』を読む。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「小川洋子」のニューストピックワード