1 2 3 4 次へ
39件中 31 - 39件表示
  • 小川洋子

    小川洋子から見た谷崎潤一郎賞

    1988年、「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞受賞し作家デビュー。1991年、妊娠した姉に対する妹の静かな悪意を描いた「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。以降も無垢と残酷、生と死、慈しまれるものの消滅といったテーマを繊細な筆致で描いている。2004年、記憶が80分しかもたない数学博士と家政婦の母子との交流を描いた『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞。映画化もされ話題となる。2005年には『薬指の標本』がフランスで映画化された。その他の作品に『ブラフマンの埋葬』(2004年泉鏡花文学賞)、『ミーナの行進』(2006年谷崎潤一郎賞)、『ことり』(2013年芸術選奨文部科学大臣賞)など。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た読売文学賞

    1988年、「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞受賞し作家デビュー。1991年、妊娠した姉に対する妹の静かな悪意を描いた「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。以降も無垢と残酷、生と死、慈しまれるものの消滅といったテーマを繊細な筆致で描いている。2004年、記憶が80分しかもたない数学博士と家政婦の母子との交流を描いた『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞。映画化もされ話題となる。2005年には『薬指の標本』がフランスで映画化された。その他の作品に『ブラフマンの埋葬』(2004年泉鏡花文学賞)、『ミーナの行進』(2006年谷崎潤一郎賞)、『ことり』(2013年芸術選奨文部科学大臣賞)など。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た岡山県立岡山朝日高等学校

    岡山県岡山市出身。旧姓は本郷。祖父は金光教の教師であり、両親とも金光教の信者という家庭で育つ。生家も教会の敷地内にあった。岡山市立三勲小学校、岡山県立岡山朝日高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。少女時代に世界児童文学を愛読。高校時代に『アンネの日記』を読み感銘を受ける。早稲田大学を卒業した1984年、倉敷市の川崎医大秘書室に就職。1986年、川崎製鉄のエンジニアの男性との結婚を機に退職し、小説の執筆に取り組むようになる。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た小説家

    小川 洋子(おがわ ようこ、1962年3月30日 - )は、日本の小説家小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た太宰治賞

    2007年7月より芥川賞選考委員に参加。2012年現在太宰治賞、読売文学賞の選考委員も務める。兵庫県芦屋市在住。息子がいる。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た泉鏡花文学賞

    1988年、「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞受賞し作家デビュー。1991年、妊娠した姉に対する妹の静かな悪意を描いた「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。以降も無垢と残酷、生と死、慈しまれるものの消滅といったテーマを繊細な筆致で描いている。2004年、記憶が80分しかもたない数学博士と家政婦の母子との交流を描いた『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞。映画化もされ話題となる。2005年には『薬指の標本』がフランスで映画化された。その他の作品に『ブラフマンの埋葬』(2004年泉鏡花文学賞)、『ミーナの行進』(2006年谷崎潤一郎賞)、『ことり』(2013年芸術選奨文部科学大臣賞)など。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た金光教

    岡山県岡山市出身。旧姓は本郷。祖父は金光教の教師であり、両親とも金光教の信者という家庭で育つ。生家も教会の敷地内にあった。岡山市立三勲小学校、岡山県立岡山朝日高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。少女時代に世界児童文学を愛読。高校時代に『アンネの日記』を読み感銘を受ける。早稲田大学を卒業した1984年、倉敷市の川崎医大秘書室に就職。1986年、川崎製鉄のエンジニアの男性との結婚を機に退職し、小説の執筆に取り組むようになる。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た岡山県

    岡山県岡山市出身。旧姓は本郷。祖父は金光教の教師であり、両親とも金光教の信者という家庭で育つ。生家も教会の敷地内にあった。岡山市立三勲小学校、岡山県立岡山朝日高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。少女時代に世界児童文学を愛読。高校時代に『アンネの日記』を読み感銘を受ける。早稲田大学を卒業した1984年、倉敷市の川崎医大秘書室に就職。1986年、川崎製鉄のエンジニアの男性との結婚を機に退職し、小説の執筆に取り組むようになる。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た兵庫県

    2007年7月より芥川賞選考委員に参加。2012年現在太宰治賞、読売文学賞の選考委員も務める。兵庫県芦屋市在住。息子がいる。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
39件中 31 - 39件表示