81件中 31 - 40件表示
  • 小川洋子

    小川洋子から見たイワン・ツルゲーネフ

    はつ恋 イワン・ツルゲーネフ(2003年 角川書店)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見たディアーヌ・ベルトラン

    薬指の標本 (2006年9月23日日本公開、配給:エレファント・ピクチャー、監督:ディアーヌ・ベルトラン、主演:オルガ・キュリレンコ)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た岡部恒治

    博士がくれた贈り物(2006年 東京図書 菅原邦雄、岡部恒治、宇野勝博共著)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た岡ノ谷一夫

    言葉の誕生を科学する(2011年4月 河出ブックス 岡ノ谷一夫共著、2013年11月 河出文庫)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た岡山市

    岡山県岡山市中区森下町出身。兵庫県芦屋市在住。既婚で長男がいる。旧姓は本郷。祖父は金光教の教師であり、両親とも金光教の信者という家庭で育つ。父親は国家公務員。生家も教会の敷地内の離れだった。教会では祖父母、伯父伯母。従兄らが暮らしていた。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た創志学園高等学校

    創志学園高等学校の校歌の作詞をしている。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た小金井市

    1980年4月、早稲田大学第一文学部文芸専修に入学。小金井市にある金光教の女子寮に入る。入学してすぐに文学サークル「現代文学会」に入る。大学時代は一軒家の金光教東京学生寮で、女子5人で自炊で質素に暮らし、金光教を当り前のものとして受け止めることにした。18歳の大学の夏休みに、岡山の古本屋の100円本売り場で金井美恵子『愛の生活』を買い、「自分もこういうものが書きたい」と自分の基本とする小説を発見し、その後も座右の書の1つにしている。在学中は自作の小説を平岡篤頼に見てもらっていた。大学4年生のとき、海燕新人文学賞に応募するが、第一次審査で選に漏れる。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た早稲田大学

    1980年4月、早稲田大学第一文学部文芸専修に入学。小金井市にある金光教の女子寮に入る。入学してすぐに文学サークル「現代文学会」に入る。大学時代は一軒家の金光教東京学生寮で、女子5人で自炊で質素に暮らし、金光教を当り前のものとして受け止めることにした。18歳の大学の夏休みに、岡山の古本屋の100円本売り場で金井美恵子『愛の生活』を買い、「自分もこういうものが書きたい」と自分の基本とする小説を発見し、その後も座右の書の1つにしている。在学中は自作の小説を平岡篤頼に見てもらっていた。大学4年生のとき、海燕新人文学賞に応募するが、第一次審査で選に漏れる。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た本屋大賞

    2004年、記憶が80分しかもたない数学博士と家政婦の母子との交流を描いた『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞し、ベストセラーとなった。のちに文庫版は当時最速の2か月で100万部を突破した。同作は2006年に映画化された。2004年『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞を受賞する。2005年には『薬指の標本』がフランスで映画化される。2006年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞を受賞する。2013年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た甲子園球場

    阪神タイガースのファンとしても有名で、芦屋市に越してから地元テレビ放送で視聴し、甲子園球場にも試合を見に行く。もし試合を見ることができなくなったら、人生の楽しみの半分が無くなる思いがある。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「小川洋子」のニューストピックワード