81件中 71 - 80件表示
  • 小川洋子

    小川洋子から見た薬指の標本 (映画)

    薬指の標本 (2006年9月23日日本公開、配給:エレファント・ピクチャー、監督:ディアーヌ・ベルトラン、主演:オルガ・キュリレンコ)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見たBE・LOVE

    最果てアーケード(雑誌「BE・LOVE」講談社 2011年7月第15号から2012年01月3号連載 作画:有永イネ)小川洋子により漫画原作として書かれた後に小説化。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た日本

    小川 洋子(おがわ ようこ、1962年3月30日 - )は、日本の小説家。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た日々の泡

    うたかたの日々 ボリス・ヴィアン(2002年 早川書房)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見たユリイカ (雑誌)

    ユリイカ」(2004年 青土社) 2004年2月号 特集・小川洋子 ISBN 479170116X小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た万葉集

    1977年4月、岡山県立岡山朝日高等学校入学。クラブ活動で弓道を始める。高校時代に『アンネの日記』を読み感銘を受ける。高校3年生の時、萩原朔太郎や中原中也の詩集を読む。読書範囲が広がり、立原道造、川端康成、太宰治、谷崎潤一郎を愛読する。自分の文学を求めて、大学は文芸を志す。推薦入学決定後に『万葉集』を読む。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見たワープロ

    1988年、再度、海燕新人文学賞に応募する。大学の卒業論文として提出した「情けない週末」を書き直して『揚羽蝶が壊れる時』というタイトルで投稿。同年9月8日、海燕新人文学賞を受賞。『揚羽蝶が壊れる時』は『海燕』1988年11月号に掲載される。それまで手書きだったが、賞金でワープロを買い、それ以後パソコン導入まで使用する。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見たドラマW

    人質の朗読会(2014年3月8日、WOWOW「ドラマWスペシャル」枠で放送、監督:谷口正晃、主演:佐藤隆太)小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た金光教

    岡山県岡山市中区森下町出身。兵庫県芦屋市在住。既婚で長男がいる。旧姓は本郷。祖父は金光教の教師であり、両親とも金光教の信者という家庭で育つ。父親は国家公務員。生家も教会の敷地内の離れだった。教会では祖父母、伯父伯母。従兄らが暮らしていた。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川洋子

    小川洋子から見た岡山県

    岡山県岡山市中区森下町出身。兵庫県芦屋市在住。既婚で長男がいる。旧姓は本郷。祖父は金光教の教師であり、両親とも金光教の信者という家庭で育つ。父親は国家公務員。生家も教会の敷地内の離れだった。教会では祖父母、伯父伯母。従兄らが暮らしていた。小川洋子 フレッシュアイペディアより)

81件中 71 - 80件表示

「小川洋子」のニューストピックワード