小川淳司 ニュース&Wiki etc.

小川 淳司(おがわ じゅんじ、1957年8月30日 - )は、千葉県習志野市出身の元プロ野球選手(外野手)。2010年シーズン途中から2014年シーズンまで東京ヤクルトスワローズの監督を4年半務めた。監督退任後、2017年シーズンまで球団シニアディレクターを務め、2018年から再び東京ヤクルトスワローズの監督を務める。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「小川淳司」のつながり調べ

  • ラスティングス・ミレッジ

    ラスティングス・ミレッジから見た小川淳司

    には一軍監督の小川淳司がウラディミール・バレンティンを3番に据える構想を立てた関係で、公式戦の開幕から4番に座った。しかし、調子が上がらなかったため、すぐに3番へ復帰。さらに、クローザーであるトニー・バーネットの戦線離脱や、中継ぎ要員として加入したばかりのクリス・カーペンターの不振で一軍救援陣の補強が急務になった。このため小川は、カーペンターをクローザーに回す一方で、開幕から二軍で調整していた投手のオーランド・ロマンを4月12日に出場選手登録。また、先発陣の一角を担う左腕投手のクリス・ナーブソンと4番打者のバレンティンを一軍に残したため、ミレッジはNPBの一軍公式戦へ同時に出場できる外国人選手数の制限(最大4名)との兼ね合いで二軍に降格した。さらに、5月20日に右肩の関節唇損傷で手術を受けたため、2年続けて長期の戦線離脱を余儀なくされた。NPBの一軍公式戦には10試合の出場で1本塁打にとどまったが、シーズン終了後には、ベネズエラのウィンターリーグであるリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルのブラボス・デ・マルガリータに参加している。(ラスティングス・ミレッジ フレッシュアイペディアより)

  • リリーフカー

    リリーフカーから見た小川淳司

    小川淳司 - 元ヤクルトスワローズ外野手・監督。夫人は後楽園スタヂアムでリリーフカーを運転していた。(リリーフカー フレッシュアイペディアより)

「小川淳司」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「小川淳司」のニューストピックワード