前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • 習志野市立習志野高等学校

    習志野市立習志野高等学校から見た小川淳司小川淳司

    サッカー・野球の古豪、ボクシングの強豪として知られる。野球はかつては甲子園常連校で、公立高校ながら二度の全国制覇を成し遂げた。著名な卒業生としては現東京ヤクルトスワローズ監督の小川淳司に、野球解説者の掛布雅之や谷沢健一など。現役では地元ロッテの福浦和也選手などが挙げられる。習志野市立習志野高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の東京ヤクルトスワローズ

    2010年の東京ヤクルトスワローズから見た小川淳司小川淳司

    この年の東京ヤクルトスワローズは、高田繁監督の3年目のシーズンである。シーズン序盤から借金を重ね、交流戦に入ると全く勝てなくなり、交流戦開始から9連敗したところで、高田監督が辞任を申し出て、残りのシーズンをヘッドコーチの小川淳司が監督を代行することになった。小川監督代行が打線を組み替え、不振のデントナに代わり、守備の不安から起用が控えられていた畠山を本職ではない外野でスタメン起用し、ホワイトセルを獲得すると、得点力が大幅に上昇し、チーム成績が急上昇した。監督代行就任時に19あった借金は8月25日に完済し、クライマックスシリーズに手の届く所までチームを建て直したが、序盤の借金が響き、最終的にシーズンを4位で終えた。そして、翌シーズンの監督に小川監督代行が就任することが決定した。2010年の東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 習志野市立習志野高等学校

    習志野市立習志野高等学校から見た小川淳司小川淳司

    部活動が盛んで、サッカー・野球、ボクシング、バレーボールの強豪校である。野球部は甲子園常連校で、公立高校ながら1967年と1975年の夏の甲子園で2度の全国制覇を成し遂げた。卒業生のなかには、東京ヤクルトスワローズ監督の小川淳司(1975年夏の優勝投手)、現千葉ロッテマリーンズ選手の福浦和也、現阪神タイガースオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザーの掛布雅之などがいる。習志野市立習志野高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見た小川淳司小川淳司

    阪神からFAで獲得した藤本敦士の活躍で開幕3連戦で鬼門の東京ドームで勝ち越すなど好調な滑り出しだったが、4月中旬以降は失速。交流戦で9連敗を喫するなど、一時は最下位に転落した。5月26日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦をもって高田が辞任、ヘッドコーチの小川淳司が監督代行として指揮をとることになった。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 藤倉一雅

    藤倉一雅から見た小川淳司小川淳司

    足利学園高校(現:白鴎大学足利高等学校)では投手として夏の甲子園に出場。2回戦(初戦)で鹿児島商に完封勝利を飾るが、3回戦では習志野高のエース小川淳司に完封負け。卒業後は青山学院大学に進み、内野手に転向。東都大学リーグでは春季二部リーグで優勝。入替戦で専大を降し、5年ぶりの一部昇格を果たす。同年の秋季リーグでは1年下のエース吉田幸夫(プリンスホテル)を擁し、リーグ3位に入る健闘を見せ、自身もベストナイン(遊撃手)に選出された。藤倉一雅 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡大蔵

    片岡大蔵から見た小川淳司小川淳司

    愛媛・新居浜商高では、1975年に一塁手、控え投手として夏の甲子園に出場。村上博昭投手の好投もあり決勝に進出したものの、エース小川淳司を擁する習志野高に9回裏サヨナラ負けし準優勝に終わる(この試合では一塁手として途中出場)。この大会では準決勝の上尾高戦で先発、甲子園初登板を果たす。同年秋の三重国体では、決勝で習志野高にまたも9回裏逆転サヨナラ負け、準優勝にとどまる。この大会でも準決勝に先発し、磐城高に完投勝利。1年下のチームメートに続木敏之捕手がいた。片岡大蔵 フレッシュアイペディアより)

  • メークミルミル

    メークミルミルから見た小川淳司小川淳司

    この年のスワローズは開幕当初は3カード連続勝ち越しと好調なスタートを見せたが、4月中旬以降になり急激に失速。連敗はするものの連勝はなく、5月にセ・パ交流戦が始まってからは全く勝てなくなり、9連敗を喫する泥沼状態に陥り、監督を務めていた高田繁が休養する事態となる。ところが、それに伴いヘッドコーチだった小川淳司が監督代行に就任した5月末以降、チーム成績は急上昇し始める。メークミルミル フレッシュアイペディアより)

  • 日高亮

    日高亮から見た小川淳司小川淳司

    同年は3連投以上が5度、6月20日から7月1日までは9連投、5試合間を空けて7月8日から7月14日まで5連投と酷使された。なおチーフ兼投手コーチは荒木大輔、監督は小川淳司だった日高亮 フレッシュアイペディアより)

  • 岩下正明

    岩下正明から見た小川淳司小川淳司

    1979年のドラフト4位指名でヤクルトに入団。1年目の1980年から一軍に上がり、外野手として75試合に出場。レギュラーには届かなかったが、1984年には杉浦享、小川淳司らと併用され48試合に先発出場、三番打者としても15試合に起用される。翌1985年には主に一番打者として67試合に先発、同年は.316の好打率を残した。岩下正明 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の東京ヤクルトスワローズ

    2013年の東京ヤクルトスワローズから見た小川淳司小川淳司

    この年の東京ヤクルトスワローズは、小川淳司監督の4年目(途中就任の2010年を含む)のシーズンであり、バレンティンが、シーズン本塁打の日本プロ野球記録を塗り替えたシーズンである。2013年の東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示

「小川淳司」のニューストピックワード