33件中 11 - 20件表示
  • 牧谷宇佐美

    牧谷宇佐美から見た小川淳司小川淳司

    2001年にプロ入り前から評価の高かった身体能力を見込まれ、二軍監督の小川淳司と話し合った末に、投手から野手に転向する。転向直後は確実性に苦しみ、2割前後の打率で推移することも多かったが、2004年以降は二軍で打率2割8分前後の成績は安定して残すようになった。2004年の二軍の試合において、2試合連続のサヨナラ打を記録し、注目を集めた。牧谷宇佐美 フレッシュアイペディアより)

  • 迫田穆成

    迫田穆成から見た小川淳司小川淳司

    翌1974年、第56回夏選手権から金属バットが導入された。迫田は緻密な野球にパワー野球をプラスしようと試みたが、この年夏の広島大会予選で強攻策に打って出て失敗。しかし翌1975年第57回夏選手権、谷真一(吉田義男の甥)や佃正樹と同タイプのサウスポー・山村力人、田井弘志の二枚投手を擁し広島大会を圧勝すると甲子園でも快進撃。優勝候補筆頭だった原貢監督・原辰徳らの東海大相模が上尾高校に敗れるなど他の優勝候補が相次ぎ敗れたため、迫田自身三度目の大旗が見えたが、石井好博監督率いる習志野高校・小川淳司投手の剛球に捻られ準決勝で敗退。広島商業はそれまで準決勝まで進出すれば、全て優勝していたこともあって責任を取って辞任。この年コーチに就任していた桑原秀範が後任の監督に就任した。迫田穆成 フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ガイエル

    アーロン・ガイエルから見た小川淳司小川淳司

    も昨年と同様に開幕から5番ライトで先発出場し、3月27日の対巨人戦ではこのシーズンから導入されたビデオ判定第一号となる本塁打を放つなど序盤は好調だったが腰痛の影響からか5月に近づくにつれて打率が急降下し、本塁打が出ず出塁することもあまりなく、右翼手のスタメンを飯原誉士との併用が続いた。監督が小川淳司に代わり青木宣親が1番固定されたことに伴い打順が3番に移るものの依然調子が上がらず、その後は好調著しい飯原にスタメンを奪われた。スタメン出場した8月1日には失策で足を引っ張り、翌日に登録を抹消され、その後も腰を故障するなどし再度一軍に上がることはできず、9月23日に母国のカナダに帰国。帰国後の10月に内視鏡による腰のクリーニング手術を受けた。アーロン・ガイエル フレッシュアイペディアより)

  • 増渕竜義

    増渕竜義から見た小川淳司小川淳司

    140km/hそこそこに落ちてしまった速球も150km/hを記録するまで回復し、その球威を買われ中継ぎとして初の開幕1軍スタートとなった(厳密にはローテーションの関係で開幕に登録されていないだけで、開幕1軍帯同は過去2回している)。開幕からしばらくは主に敗戦処理やロングリリーフで登板し、5月13日のオリックス戦で打ち込まれるまで自責点0(失点3)と好調を維持し続けた。夏頃からは勝ち試合での救援登板も増え、6月にはそれまで勝利の方程式を担っていた押本健彦の不調に伴い、小川淳司監督代行から直々に新・勝利の方程式に指名された。夏場に一時離脱するも、57試合に登板し、チームに欠かせない戦力に成長した。増渕竜義 フレッシュアイペディアより)

  • 福地寿樹

    福地寿樹から見た小川淳司小川淳司

    も開幕から1番・左翼手として起用されたが、4月8日に左ふくらはぎの肉離れによって登録を抹消される。5月2日に再登録されるも、その後は打撃不振により先発を外れることが多くなり、主に代走・守備固めなどで起用された。8月10日の対読売ジャイアンツ戦(明治神宮野球場)では11回裏に押し出し死球でサヨナラ勝利を飾り、好調が続くチームは7連勝となった。打席に立つ機会は減ったものの、途中出場時には高打率を残してチームに貢献し、最終的には打率.246、盗塁23(盗塁死4)という成績となった。小川淳司が監督代行に就任して以降は打撃優先から控えに回ることが増えたが、「(奇跡の大躍進は)福地のようなベテランが腐らないおかげ」と名指しで賞賛される。福地寿樹 フレッシュアイペディアより)

  • 角 盈男

    角盈男から見た小川淳司小川淳司

    1992年に小川淳司との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍し、再びリリーフとしてチーム14年ぶりのリーグ優勝に貢献。通算99Sで同年引退(当時監督だった野村克也は、同年の活躍から角がまさか引退するとは思っていなかったため「引退するなら通算100Sを取らせてあげればよかった」と後悔していた。本人は通算100SPを上げているので気にはしていなかったという)。引退後は1995年にヤクルト、1997年は古巣の巨人で投手コーチを務め、退団後はニッポン放送の野球解説者を務めた。上記のとおりかつての戸籍上の名前は三男であったが本人いわく「三男(さんなん)だから三男(みつお)とつけられたのが嫌」で、1988年からは「-光雄」、1990年から「-盈男」と度々登録名を変更したという。角盈男 フレッシュアイペディアより)

  • 中央大学硬式野球部

    中央大学硬式野球部から見た小川淳司小川淳司

    小川淳司 - 外野手、ヤクルト、日本ハム。ヤクルト監督・ヘッドコーチ・二軍監督。習志野高出身中央大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 石井好博

    石井好博から見た小川淳司小川淳司

    1950年(昭和25)、千葉県安房郡千倉町(現 南房総市)に生まれる。1965年(昭和40)4月、習志野市立習志野高等学校に入学、野球部に入部。1967年(昭和42)、夏の全国高等学校野球選手権大会にて市原弘道監督の下、エースとして全国優勝に導く。1968年4月、早稲田大学第二文学部社会専修に入学、体育会硬式野球部に入部するが肩を壊し高校野球の指導者を目指す。1972年3月、早稲田大学第二文学部社会専修卒業。1972年(昭和47)4月、習志野高校に赴任、母校の野球部監督に就任する。1975年(昭和50)年、夏の全国高等学校野球選手権大会にてエース小川淳司投手(現 東京ヤクルトスワローズ監督)を率いて全国優勝を果たす。現在は習志野高校教頭の重責にある。石井好博 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山和洋

    畠山和洋から見た小川淳司小川淳司

    はキャンプから不調が続き、2軍スタートとなる。6月に昇格するも7打数無安打と結果を残せなかったが、2軍では好調を維持して打率.313・7本塁打・101安打で最多安打を獲得している。さらに外野手としても45試合に出場。当時2軍監督だった小川淳司は畠山について「確実性を意識すると長打が減ってしまう」と指摘し、目標を高く置くよう求めていた。畠山和洋 フレッシュアイペディアより)

  • 白井一行

    白井一行から見た小川淳司小川淳司

    2012年7月7日の広島東洋カープ?東京ヤクルトスワローズ戦(マツダ)の3回表の2球目の判定に不満を抱き、三振後に球審に英語で一言異議を唱えたラスティングス・ミレッジに対して、シーズン二度目の退場処分を科した。ミレッジ本人は「あれはインコースのボールだろう?」と発言したら退場を宣告されたという。抗議したヤクルトの小川淳司監督は「大したことは言ってない。あれが退場なら全て退場になる」と判定に不満を漏らし、ミレッジは「侮辱する言葉は言ってない。バッド・ジャッジ(悪い判定だ)」と語った。その後、3回裏に登板した正田樹に対してもボーク宣言を行い、テレビ中継にて解説を行なっていた達川光男に「これは主審が感情的になっている、審判が感情的になってはいけない」と言わしめた。白井一行 フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示

「小川淳司」のニューストピックワード