前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • 小川淳司

    小川淳司から見た青木宣親

    5月25日、高田が監督を辞任したことを受け、2日後の27日より監督代行に就任した。監督代行就任後は不振の原因となっていた打線のてこ入れに着手し、青木宣親の打順を1番へと再変更した。また、不振のアーロン・ガイエル、ジェイミー・デントナの両外国人選手を外し、打撃力はあるもののほとんど外野手の経験のなかった畠山和洋をレギュラー外野手として起用した。これらの采配が功を奏し、新戦力ジョシュ・ホワイトセルの活躍もあってチーム成績は急上昇した。監督代行就任期間の成績は59勝36敗3分、勝率6割2分1厘で、19あった借金を完済した上に4つの貯金を作り、クライマックスシリーズ(以下CS)進出争いにも加わった。この快進撃は、ヤクルト本社の製品にちなんで「メークミルミル」と呼ばれた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た小林繁

    初出場:1982年4月10日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、7回表に杉村繁の代打で出場、小林繁の前に凡退小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た角盈男角 盈男

    1年目から1軍に定着するもレギュラー獲得には至らず、専ら対左投手要員として起用されることが多かった。守備固めとしての出場も多かったが、長打力に定評があり、3度の11本塁打をマークしている。1991年に戦力外通告を受け、1992年、角盈男との交換トレードにより日本ハムファイターズに移籍し、この年限りで現役引退した。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た宮本慎也

    からまでヤクルトのスカウトとして宮本慎也、石井弘寿などの獲得に携わる。からまでヤクルト二軍守備走塁コーチを務める。さらにからまで9年間の長きにわたり二軍監督を務めた後、高田繁が監督に就任したから一軍ヘッドコーチに昇格。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見たアーロン・ガイエル

    5月25日、高田が監督を辞任したことを受け、2日後の27日より監督代行に就任した。監督代行就任後は不振の原因となっていた打線のてこ入れに着手し、青木宣親の打順を1番へと再変更した。また、不振のアーロン・ガイエル、ジェイミー・デントナの両外国人選手を外し、打撃力はあるもののほとんど外野手の経験のなかった畠山和洋をレギュラー外野手として起用した。これらの采配が功を奏し、新戦力ジョシュ・ホワイトセルの活躍もあってチーム成績は急上昇した。監督代行就任期間の成績は59勝36敗3分、勝率6割2分1厘で、19あった借金を完済した上に4つの貯金を作り、クライマックスシリーズ(以下CS)進出争いにも加わった。この快進撃は、ヤクルト本社の製品にちなんで「メークミルミル」と呼ばれた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た畠山和洋

    5月25日、高田が監督を辞任したことを受け、2日後の27日より監督代行に就任した。監督代行就任後は不振の原因となっていた打線のてこ入れに着手し、青木宣親の打順を1番へと再変更した。また、不振のアーロン・ガイエル、ジェイミー・デントナの両外国人選手を外し、打撃力はあるもののほとんど外野手の経験のなかった畠山和洋をレギュラー外野手として起用した。これらの采配が功を奏し、新戦力ジョシュ・ホワイトセルの活躍もあってチーム成績は急上昇した。監督代行就任期間の成績は59勝36敗3分、勝率6割2分1厘で、19あった借金を完済した上に4つの貯金を作り、クライマックスシリーズ(以下CS)進出争いにも加わった。この快進撃は、ヤクルト本社の製品にちなんで「メークミルミル」と呼ばれた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た岡田彰布

    3年夏の県大会では準決勝で銚子商と再び対戦して自ら2ランホームランを放って勝利し、続く決勝では君津高を破って全国選手権出場を決めた。選手権では3試合連続完封などの活躍を見せ、準決勝で肩を痛めながらも決勝戦でも完投し、優勝投手に輝いている。中央大学では外野手に転向し、東都大学リーグでは通算98試合出場、351打数80安打、打率.228、5本塁打、39打点の成績を残した。また、4年生のには日米大学野球の代表に選ばれ、原辰徳、岡田彰布とともにクリーンアップを任されている。河合楽器に進み都市対抗野球大会に2年連続出場、1981年のドラフト会議で4位指名されヤクルトに入団。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た原辰徳

    3年夏の県大会では準決勝で銚子商と再び対戦して自ら2ランホームランを放って勝利し、続く決勝では君津高を破って全国選手権出場を決めた。選手権では3試合連続完封などの活躍を見せ、準決勝で肩を痛めながらも決勝戦でも完投し、優勝投手に輝いている。中央大学では外野手に転向し、東都大学リーグでは通算98試合出場、351打数80安打、打率.228、5本塁打、39打点の成績を残した。また、4年生のには日米大学野球の代表に選ばれ、原辰徳、岡田彰布とともにクリーンアップを任されている。河合楽器に進み都市対抗野球大会に2年連続出場、1981年のドラフト会議で4位指名されヤクルトに入団。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た高田繁

    からまでヤクルトのスカウトとして宮本慎也、石井弘寿などの獲得に携わる。からまでヤクルト二軍守備走塁コーチを務める。さらにからまで9年間の長きにわたり二軍監督を務めた後、高田繁が監督に就任したから一軍ヘッドコーチに昇格。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た牛島和彦

    初本塁打:1982年7月18日、対中日ドラゴンズ13回戦(ナゴヤ球場)、9回表に牛島和彦から左越ソロ小川淳司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「小川淳司」のニューストピックワード