76件中 31 - 40件表示
  • 小川淳司

    小川淳司から見た杉村繁

    初出場:1982年4月10日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、7回表に杉村繁の代打で出場、小林繁の前に凡退小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た荒井幸雄

    もレギュラーを守るが、には故障もあり打撃が低迷。その後は荒井幸雄の入団、広沢克己の外野手転向もあって準レギュラーとして起用された。長打力に定評があり、3度の11本塁打をマークしており、1990年は放った安打13本のうち7本が本塁打であった。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た新浦壽夫

    初安打:同上、3回表に新浦壽夫から単打小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た山倉和博

    また後任の野村克也監督からは、1990年4月28日の対巨人戦でそれまで宮本和知の前に2三振を喫していたところ捕手の山倉和博のリードに対する読みを伝授された(その結果、3打席目に本塁打を放った)ことや、守備固めに入った試合の翌日、当たり前に処理しただけと自身が捉えていた前日のプレーについて「昨日はナイスプレーだったな。(守備が)上手いやつの追い方だ、あれは」と褒められたこともあった(野村が選手を直接褒めることは滅多にない)。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た石井弘寿

    からまでヤクルトのスカウトとして宮本慎也、石井弘寿などの獲得に携わる。からまでヤクルト二軍守備走塁コーチを務める。さらにからまで9年間の長きにわたり二軍監督を務めた後、高田繁が監督に就任したから一軍ヘッドコーチに昇格。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た香坂英典

    中央大学では外野手に転向し、東都大学リーグでは通算98試合出場、351打数80安打、打率.228、5本塁打、39打点の成績を残した。また、4年生のにはエース香坂英典を擁し春季リーグで5年ぶりに優勝。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で早大を降し優勝。同じ中大から香坂、高木豊、熊野輝光らと共に同年の日米大学野球の代表に選ばれ、原辰徳、岡田彰布とともにクリーンアップを任されている。卒業後は河合楽器に進み都市対抗野球大会に2年連続出場、1981年のドラフト会議で4位指名されヤクルトに入団。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た全国高等学校野球選手権千葉大会

    中学時代は三塁手としてプレーし、目立った実績のないまま地元の習志野高校に進学。体が大きく肩が強かったため捕手にコンバートされたが、故障者が出たのをきっかけに1年生の秋に投手に転向した。1年生当時、2学年上に掛布雅之がおり、当時は話もできなかったが意識する存在だったと述べている。肋間神経痛でも走り込みを休めなかったというほどの猛練習を積み、エースとなる。、2年生時の夏の甲子園県予選では、4回戦で銚子商の土屋正勝と投げ合い、0対2で惜敗。秋季関東大会ではベスト4に入り、翌春の選抜大会に出場したが、赤嶺賢勇を擁する豊見城高に一回戦で敗れた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た日米大学野球選手権大会

    中央大学では外野手に転向し、東都大学リーグでは通算98試合出場、351打数80安打、打率.228、5本塁打、39打点の成績を残した。また、4年生のにはエース香坂英典を擁し春季リーグで5年ぶりに優勝。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で早大を降し優勝。同じ中大から香坂、高木豊、熊野輝光らと共に同年の日米大学野球の代表に選ばれ、原辰徳、岡田彰布とともにクリーンアップを任されている。卒業後は河合楽器に進み都市対抗野球大会に2年連続出場、1981年のドラフト会議で4位指名されヤクルトに入団。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た阪神タイガース

    初出場:1982年4月10日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、7回表に杉村繁の代打で出場、小林繁の前に凡退小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た中日ドラゴンズ

    初本塁打:1982年7月18日、対中日ドラゴンズ13回戦(ナゴヤ球場)、9回表に牛島和彦から左越ソロ小川淳司 フレッシュアイペディアより)

76件中 31 - 40件表示

「小川淳司」のニューストピックワード