76件中 51 - 60件表示
  • 小川淳司

    小川淳司から見た明治神宮野球場

    初打点:1982年6月22日、対阪神タイガース15回戦(明治神宮野球場)、1回裏に福家雅明から2点適時打小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た沖縄県立豊見城高等学校

    中学時代は三塁手としてプレーし、目立った実績のないまま地元の習志野高校に進学。体が大きく肩が強かったため捕手にコンバートされたが、故障者が出たのをきっかけに1年生の秋に投手に転向した。1年生当時、2学年上に掛布雅之がおり、当時は話もできなかったが意識する存在だったと述べている。肋間神経痛でも走り込みを休めなかったというほどの猛練習を積み、エースとなる。、2年生時の夏の甲子園県予選では、4回戦で銚子商の土屋正勝と投げ合い、0対2で惜敗。秋季関東大会ではベスト4に入り、翌春の選抜大会に出場したが、赤嶺賢勇を擁する豊見城高に一回戦で敗れた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た投手

    中学時代は三塁手としてプレーし、目立った実績のないまま地元の習志野高校に進学。体が大きく肩が強かったため捕手にコンバートされたが、故障者が出たのをきっかけに1年生の秋に投手に転向した。1年生当時、2学年上に掛布雅之がおり、当時は話もできなかったが意識する存在だったと述べている。肋間神経痛でも走り込みを休めなかったというほどの猛練習を積み、エースとなる。、2年生時の夏の甲子園県予選では、4回戦で銚子商の土屋正勝と投げ合い、0対2で惜敗。秋季関東大会ではベスト4に入り、翌春の選抜大会に出場したが、赤嶺賢勇を擁する豊見城高に一回戦で敗れた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見たクライマックスシリーズ

    、5月25日に高田が監督を辞任したことを受け、2日後の27日より監督代行に就任した。監督代行就任後は不振の原因となっていた打線のてこ入れに着手し、青木宣親の打順を1番へと再変更した。また、不振のアーロン・ガイエル、ジェイミー・デントナの両外国人選手を外し、打撃力はあるもののほとんど外野手の経験のなかった畠山和洋をレギュラー外野手として起用した。これらの采配が功を奏し、新戦力ジョシュ・ホワイトセルの活躍もあってチーム成績は急上昇した。監督代行就任期間の成績は59勝36敗3分、勝率6割2分1厘で、19あった借金を完済した上に4つの貯金を作り、クライマックスシリーズ(以下CS)進出争いにも加わった。この快進撃は、ヤクルト本社の製品にちなんで「メークミルミル」と呼ばれた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た中央大学硬式野球部

    中央大学では外野手に転向し、東都大学リーグでは通算98試合出場、351打数80安打、打率.228、5本塁打、39打点の成績を残した。また、4年生のにはエース香坂英典を擁し春季リーグで5年ぶりに優勝。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で早大を降し優勝。同じ中大から香坂、高木豊、熊野輝光らと共に同年の日米大学野球の代表に選ばれ、原辰徳、岡田彰布とともにクリーンアップを任されている。卒業後は河合楽器に進み都市対抗野球大会に2年連続出場、1981年のドラフト会議で4位指名されヤクルトに入団。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見たナゴヤ球場

    初本塁打:1982年7月18日、対中日ドラゴンズ13回戦(ナゴヤ球場)、9回表に牛島和彦から左越ソロ小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た左翼手

    初先発出場:1982年5月29日、対読売ジャイアンツ9回戦(後楽園球場)、8番・左翼手として先発出場小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た1981年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    中央大学では外野手に転向し、東都大学リーグでは通算98試合出場、351打数80安打、打率.228、5本塁打、39打点の成績を残した。また、4年生のにはエース香坂英典を擁し春季リーグで5年ぶりに優勝。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で早大を降し優勝。同じ中大から香坂、高木豊、熊野輝光らと共に同年の日米大学野球の代表に選ばれ、原辰徳、岡田彰布とともにクリーンアップを任されている。卒業後は河合楽器に進み都市対抗野球大会に2年連続出場、1981年のドラフト会議で4位指名されヤクルトに入団。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た第30回国民体育大会

    同年夏の甲子園県予選では、準決勝で銚子商(前年夏の優勝メンバーでは篠塚利夫が残っていた)と再び対戦し、自ら2ラン本塁打を放って勝利。続く決勝では君津高を破って夏の選手権出場を決めた。選手権では3試合連続完封などの活躍を見せ、準決勝で肩を痛めながらも決勝で新居浜商に9回裏サヨナラ勝ち、8年ぶりの優勝を果たす。同年秋の三重国体では、決勝で新居浜商にまたも9回裏逆転サヨナラ勝ち、優勝を飾る。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た右翼手

    には右翼手の定位置を得て65試合に先発出場。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

76件中 51 - 60件表示

「小川淳司」のニューストピックワード