1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
76件中 71 - 76件表示
  • 小川淳司

    小川淳司から見た第47回選抜高等学校野球大会

    中学時代は三塁手としてプレーし、目立った実績のないまま地元の習志野高校に進学。体が大きく肩が強かったため捕手にコンバートされたが、故障者が出たのをきっかけに1年生の秋に投手に転向した。1年生当時、2学年上に掛布雅之がおり、当時は話もできなかったが意識する存在だったと述べている。肋間神経痛でも走り込みを休めなかったというほどの猛練習を積み、エースとなる。、2年生時の夏の甲子園県予選では、4回戦で銚子商の土屋正勝と投げ合い、0対2で惜敗。秋季関東大会ではベスト4に入り、翌春の選抜大会に出場したが、赤嶺賢勇を擁する豊見城高に一回戦で敗れた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た保護司

    犯罪者を更生させる保護司を務めていた父の「犯罪者は出会いの失敗者なんだ」という言葉を聞いてから「指導者となった自分が、選手にとって出会いの失敗になってはならない」と考えるようになり、その信念の下、二軍監督時代には練習もほとんどせずに怠惰な生活ばかりを送っていた畠山和洋を精魂かけて指導し、後のヤクルトの主力選手にまで成長させた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た習志野市

    小川 淳司(おがわ じゅんじ、1957年8月30日 - )は、千葉県習志野市出身の元プロ野球選手(外野手)。2010年シーズン途中から2014年シーズンまで東京ヤクルトスワローズの監督を4年半務めた。監督退任後、2017年シーズンまで球団シニアディレクターを務め、2018年から再び東京ヤクルトスワローズの監督を務める。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た千葉県

    小川 淳司(おがわ じゅんじ、1957年8月30日 - )は、千葉県習志野市出身の元プロ野球選手(外野手)。2010年シーズン途中から2014年シーズンまで東京ヤクルトスワローズの監督を4年半務めた。監督退任後、2017年シーズンまで球団シニアディレクターを務め、2018年から再び東京ヤクルトスワローズの監督を務める。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見たヘッドコーチ

    からまでヤクルトのスカウトとして宮本慎也、石井弘寿などの獲得に携わる。からまでヤクルト二軍守備走塁コーチを務める。さらにからまで9年間の長きにわたり二軍監督を務めた後、高田繁が監督に就任したから一軍ヘッドコーチに昇格。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見たメークミルミル

    、5月25日に高田が監督を辞任したことを受け、2日後の27日より監督代行に就任した。監督代行就任後は不振の原因となっていた打線のてこ入れに着手し、青木宣親の打順を1番へと再変更した。また、不振のアーロン・ガイエル、ジェイミー・デントナの両外国人選手を外し、打撃力はあるもののほとんど外野手の経験のなかった畠山和洋をレギュラー外野手として起用した。これらの采配が功を奏し、新戦力ジョシュ・ホワイトセルの活躍もあってチーム成績は急上昇した。監督代行就任期間の成績は59勝36敗3分、勝率6割2分1厘で、19あった借金を完済した上に4つの貯金を作り、クライマックスシリーズ(以下CS)進出争いにも加わった。この快進撃は、ヤクルト本社の製品にちなんで「メークミルミル」と呼ばれた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
76件中 71 - 76件表示

「小川淳司」のニューストピックワード