小平奈緒 ニュース&Wiki etc.

小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。信州大学教育学部生涯スポーツ課程卒業。社会医療法人財団慈泉会相澤病院スポーツ障害予防治療センター所属。学位は学士(教育学)、資格は中高教員免許(保健体育)。その独特な言い回しから『氷上の詩人』と称される。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「小平奈緒」のつながり調べ

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見た小平奈緒

    特別功労賞: 村上幸史(陸上競技)、第21回オリンピック冬季競技大会スピードスケート女子チームパシュート日本代表(小平奈緒、穂積雅子、田畑真紀)(2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 郷亜里砂

    郷亜里砂から見た小平奈緒

    決して平たんではなかった道のりを乗り越えての平昌オリンピック本番では、500mと1000mの2種目での出場になり、特に女子500mで「メダル候補」と呼ばれるほどにまで成長した状況で迎えた。自身1種目目の女子1000mでは、1分15秒84で13位(入賞はならなかったが、タイムは「低地での自己ベスト」だった)。そして、本命と位置付けた女子500mは、李相花と同走であった(直前の組で小平奈緒が36秒94の五輪新記録を記録していた。小平は金メダルに輝いた)。しかし結果は、37秒67で8位。入賞は果たしたが、目標としたメダルは「0秒33」の差で届かなかった(同走であった李相花は37秒33で銀メダル)。試合後のインタビューでは「スタートしてからは無心で、何も考えられなかった。あっという間の500メートルでした」「力は全部この舞台で出し切れたのかなという思いと、これがオリンピックなんだなという気持ち。タイムを見て悔しさしかなかった」「目標にしていたメダルには届かなかったですけど…」「すいません。たくさんの方に応援していただけたので、少しでもこの舞台で滑っているところを見てもらって良かったと思います」と溢れ出る涙を堪え切れなかった一方で、支えてくれた人々に感謝の言葉を述べた。(郷亜里砂 フレッシュアイペディアより)

「小平奈緒」のニューストピックワード