70件中 11 - 20件表示
  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た李相花

    同大会の最終日に行われた500mで、世界歴代2位となる36秒53で優勝。前日の転倒の影響が心配されたが、同走で2位に入った韓国の李相花に0秒33の差をつける圧勝だった。世界記録は相花が2013年11月16日にユタ・オリンピックオーバルで出した36秒36。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た教員免許

    小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。信州大学教育学部生涯スポーツ課程卒業。社会医療法人財団慈泉会相澤病院スポーツ障害予防治療センター所属。学位は学士(教育学)、資格は中高教員免許(保健体育)。その独特な言い回しから『氷上の詩人』と称される。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た2010年バンクーバーオリンピック

    主要な戦績として、2010年バンクーバーオリンピック団体パシュート銀メダル、2018年平昌オリンピック500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界距離別選手権500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界スプリント選手権総合優勝、ISUワールドカップ総合優勝(500m)、ユニバーシアード冬季大会1500m金メダル・1000m銀メダル、2017年冬季アジア競技大会500m・1000m金メダル。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た世界距離別スピードスケート選手権大会

    主要な戦績として、2010年バンクーバーオリンピック団体パシュート銀メダル、2018年平昌オリンピック500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界距離別選手権500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界スプリント選手権総合優勝、ISUワールドカップ総合優勝(500m)、ユニバーシアード冬季大会1500m金メダル・1000m銀メダル、2017年冬季アジア競技大会500m・1000m金メダル。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見たヘザー・リチャードソン

    2017年2月に韓国・江陵で開催された世界距離別選手権で、500mを37秒13で優勝、1000mを1分14秒43でヘザー・リチャードソン・ベルグスマに次ぐ2位。500mでの37秒13は、ふたつの高速リンク(オリンピック・オーバルとユタ・オリンピックオーバル)で出た記録を除いた、世界最速の記録である。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た住吉都

    全国大会で活躍した選手の多くが練習環境の整った実業団に進む中で自身も富士急行と三協精機から勧誘されるが、保健体育の教員免許取得と、長野五輪で清水宏保を金メダルに導いた結城匡啓コーチ(現教育学部教授)の下で学ぶため信州大学教育学部に進学。当時、国立大学の信州大にはスポーツ推薦が無かったため一般入試を経て入学した。同級生にはソチ五輪を共に戦った住吉都がいる。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見たトーマス・バッハ

    2018年平昌オリンピックの閉会式 では国際オリンピック委員会トーマス・バッハ会長より、フェアプレーと友好を世界に伝えた選手代表としてマルタン・フォルカードらと共に紹介され登壇した。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見たシンディ・クラッセン

    あこがれの選手はカナダのシンディ・クラッセン小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た島崎京子

    2014/15シーズンのワールドカップ500mで総合優勝した。日本の女子選手がこの種目で総合優勝するのは島崎京子以来24年ぶり。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た同好会

    伊那西高等学校(女子高)進学コース入学。スケート部は無く同好会で活動し、インターハイで500mと1000mの2冠獲得、全日本ジュニアでも優勝を飾る。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「小平奈緒」のニューストピックワード