70件中 31 - 40件表示
  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た2010年バンクーバーオリンピックのスピードスケート競技

    主要な戦績として、2010年バンクーバーオリンピック団体パシュート銀メダル、2018年平昌オリンピック500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界距離別選手権500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界スプリント選手権総合優勝、ISUワールドカップ総合優勝(500m)、ユニバーシアード冬季大会1500m金メダル・1000m銀メダル、2017年冬季アジア競技大会500m・1000m金メダル。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見たカナダ

    2017年2月、カナダのカルガリーで行われた、スピードスケートの世界スプリント選手権、第1日の500メートル(36秒75)、1000メートル(1分12秒51)ともに日本新記録で総合首位、最終日も500メートルは1位、1000メートルは3位で総合優勝を果たした。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た保健体育

    小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。信州大学教育学部生涯スポーツ課程卒業。社会医療法人財団慈泉会相澤病院スポーツ障害予防治療センター所属。学位は学士(教育学)、資格は中高教員免許(保健体育)。その独特な言い回しから『氷上の詩人』と称される。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た2018年平昌オリンピックの日本選手団

    オリンピックで日本女子スピードスケート史上初の金メダル獲得。また、夏季・冬季を通じ女子初の1大会金を含む個人種目複数メダル、オリンピック日本選手団主将として女子初の金メダル、旗手として冬季女子初のメダル獲得。1大会で主将と旗手両方を務めるのは日本人初である。冬季日本人最年長で金メダル獲得(平昌、31歳8ヶ月)。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た韓国

    2017年2月に韓国・江陵で開催された世界距離別選手権で、500mを37秒13で優勝、1000mを1分14秒43でヘザー・リチャードソン・ベルグスマに次ぐ2位。500mでの37秒13は、ふたつの高速リンク(オリンピック・オーバルとユタ・オリンピックオーバル)で出た記録を除いた、世界最速の記録である。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た全日本スピードスケート距離別選手権大会

    2年時の2006年10月には全日本スピードスケート距離別選手権大会1000m優勝。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た信州大学

    小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。信州大学教育学部生涯スポーツ課程卒業。社会医療法人財団慈泉会相澤病院スポーツ障害予防治療センター所属。学位は学士(教育学)、資格は中高教員免許(保健体育)。その独特な言い回しから『氷上の詩人』と称される。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見たオリンピックのスピードスケート競技

    オリンピックで日本女子スピードスケート史上初の金メダル獲得。また、夏季・冬季を通じ女子初の1大会金を含む個人種目複数メダル、オリンピック日本選手団主将として女子初の金メダル、旗手として冬季女子初のメダル獲得。1大会で主将と旗手両方を務めるのは日本人初である。冬季日本人最年長で金メダル獲得(平昌、31歳8ヶ月)。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た全国大会

    全国大会で活躍した選手の多くが練習環境の整った実業団に進む中で自身も富士急行と三協精機から勧誘されるが、保健体育の教員免許取得と、長野五輪で清水宏保を金メダルに導いた結城匡啓コーチ(現教育学部教授)の下で学ぶため信州大学教育学部に進学。当時、国立大学の信州大にはスポーツ推薦が無かったため一般入試を経て入学した。同級生にはソチ五輪を共に戦った住吉都がいる。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見たアスタナ

    スピードスケート韓国代表の李相花は親友である。更に良きライバルであり、お互いに尊敬し合っている。小平と李はお互いの家にそれぞれ招き合って、互いの食事を振る舞ったこと、2015年のソウルで開催されたワールドカップで初優勝をした直後の小平はオランダにすぐに戻らねばならなかったが、負けたのに李がリンクから空港までのタクシーを呼び自腹を切ってくれたこと、さらには、アスタナで小平がバスを待っている間に二人で写真を撮った時に、小平が「次の五輪はあなたが勝って、私が2位ね」と言うと李も「それならあなたが勝って、私が2位でいい」と言い合うなど二人が強い絆で結ばれていることを平昌オリンピック女子500mの競技終了後のインタビューで話している。そしてこの二人の絆が平昌オリンピックの競技終了後、小平は涙する李を抱擁しながら、ウィニングランをするシーンを生み出した。オリンピック前から李が小平とあまり仲が良くないようにメディアに対して映ったのは、李が小平との比較されることを嫌ったこと、小平を「あの選手」と呼んだりもしたことからだと報道されている。李は「五輪準備に追われ、互いに話す時間もなく、気が立っており、そうなったと思う。すべて終わって、気が楽になった」と平昌オリンピック女子500mの競技終了後のインタビューで説明している。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「小平奈緒」のニューストピックワード