1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示
  • 小平奈緒

    小平奈緒から見たヘーレンフェイン

    2017/18シーズン、11月10日から12日に行われたワールドカップ・ヘーレンフェイン大会で500mを37秒29(11月10日)、37秒33(11月11日)、1000mを1分13秒99(11月12日)のタイムで、いずれも優勝。ワールドカップでの1000mの優勝は、この大会が初めて。1000mでは高木美帆が2位に入り、日本人ワンツーフィニッシュ。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見たヘーレンフェーン

    ソチオリンピック後、相澤病院に籍を置いたまま、オランダに1年間の予定で練習の拠点を移した。ヘーレンフェーンに本拠を置くプロチーム「Team continu」で活動する。オランダに2年間滞在し、オランダ語を習得している。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た江陵市

    2017年2月に韓国・江陵で開催された世界距離別選手権で、500mを37秒13で優勝、1000mを1分14秒43でヘザー・リチャードソン・ベルグスマに次ぐ2位。500mでの37秒13は、ふたつの高速リンク(オリンピック・オーバルとユタ・オリンピックオーバル)で出た記録を除いた、世界最速の記録である。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見たアジア冬季競技大会スピードスケート競技

    主要な戦績として、2010年バンクーバーオリンピック団体パシュート銀メダル、2018年平昌オリンピック500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界距離別選手権500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界スプリント選手権総合優勝、ISUワールドカップ総合優勝(500m)、ユニバーシアード冬季大会1500m金メダル・1000m銀メダル、2017年冬季アジア競技大会500m・1000m金メダル。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見たスタバンゲル

    2017年3月11日、ノルウェーのスタバンゲルで行われた、スピードスケートのワールドカップ今季最終戦、女子500メートルで37秒14のタイムで優勝し、2季ぶり2度目の種目別優勝を果たした。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た2018年平昌オリンピック

    主要な戦績として、2010年バンクーバーオリンピック団体パシュート銀メダル、2018年平昌オリンピック500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界距離別選手権500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界スプリント選手権総合優勝、ISUワールドカップ総合優勝(500m)、ユニバーシアード冬季大会1500m金メダル・1000m銀メダル、2017年冬季アジア競技大会500m・1000m金メダル。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た茅野市立北部中学校

    新谷純夫(新谷志保美の父親)を師とし、茅野市立北部中学校(2年)で500mの中学記録を樹立。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た夏季五輪

    オリンピックで日本女子スピードスケート史上初の金メダル獲得。また、夏季・冬季を通じ女子初の1大会金を含む個人種目複数メダル、オリンピック日本選手団主将として女子初の金メダル、旗手として冬季女子初のメダル獲得。1大会で主将と旗手両方を務めるのは日本人初である。冬季日本人最年長で金メダル獲得(平昌、31歳8ヶ月)。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た長野県

    小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。信州大学教育学部生涯スポーツ課程卒業。社会医療法人財団慈泉会相澤病院スポーツ障害予防治療センター所属。学位は学士(教育学)、資格は中高教員免許(保健体育)。その独特な言い回しから『氷上の詩人』と称される。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

  • 小平奈緒

    小平奈緒から見た2018年平昌オリンピックの閉会式

    2018年平昌オリンピックの閉会式 では国際オリンピック委員会トーマス・バッハ会長より、フェアプレーと友好を世界に伝えた選手代表としてマルタン・フォルカードらと共に紹介され登壇した。小平奈緒 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示

「小平奈緒」のニューストピックワード