前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2511件中 1 - 10件表示
  • 太陽系

    太陽系から見た小惑星小惑星

    太陽系小天体には小惑星、太陽系外縁天体(ただし外縁天体のうちの冥王星型天体は準惑星に含まれる)、彗星、惑星間塵などがある。惑星や準惑星、太陽系小天体にはその周囲を公転する衛星や環を持つものもある。太陽系 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・トーマス・コワル

    チャールズ・トーマス・コワルから見た小惑星小惑星

    チャールズ・トーマス・コワル(Charles Thomas Kowal、1940年11月8日 - 2011年11月28日)はアメリカ合衆国の天文学者。ニューヨーク州バッファロー出身。小惑星、彗星の発見者として知られる。チャールズ・トーマス・コワル フレッシュアイペディアより)

  • 惑星

    惑星から見た小惑星小惑星

    近代に入り、地球も太陽を巡る惑星の一つであると認識され、太陽と月が惑星ではないと認識されるようになった。また天体力学の進展と観測技術の発達により、1781年に天王星、1846年に海王星が発見された。また、1801年に発見されたケレスや翌年に発見されたパラスなども当初は惑星として扱われていたが、火星と木星の間に同様の小天体が次々と発見され、1850年代には惑星の数が20個を超えたことから、それらをまとめて小惑星と呼び、惑星とは区別して扱うようになった。そして1930年には冥王星が発見され、第9番惑星とされた。惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小林隆男

    小林隆男から見た小惑星小惑星

    小林 隆男(こばやし たかお、1960年 - )は、日本の天文家。会社に勤める傍らで天体捜索を行っており、2000個以上の小惑星の発見者として、また小林彗星の発見者として知られる。群馬県大泉町在住。小林隆男 フレッシュアイペディアより)

  • 隕石衝突

    隕石衝突から見た小惑星小惑星

    隕石衝突(いんせきしょうとつ)とは、小惑星や彗星といった宇宙にある天体が、地球など他の天体に衝突することである。隕石落下とも言われる。隕石衝突 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の気象・地象・天象

    2013年の気象・地象・天象から見た小惑星小惑星

    2月16日 ? 直径約45mの小惑星が地球に接近。地表から最短で2万7700kmまで近づいた。2013年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • スペースコロニー

    スペースコロニーから見た小惑星小惑星

    地球全体での人口の爆発的増加・資源枯渇などに対する解の一つ(他、確率は少ないが巨大隕石や彗星といった他天体衝突に対するリスク・ヘッジ)として注目されたが、冷戦構造が終結し各国の宇宙開発投資が抑制されていること、特に先進国においては出生率低下傾向が続いていることなどから、今のところ現実のプロジェクトとして具体化してはいない。また、仮に百万人収容できるスペースコロニーを建造できたとしても、世界の人口は一年に8000万人前後増加しているため、一年に80基ものスペースコロニーを建造してやっと人口増加分を吸収できる計算である。さらに、建築材料は月や小惑星から持ってくるとしても、居住する人間は地球から衛星軌道まで運ばねばならない。人数と費用を考慮すると軌道エレベータのような新規の輸送手段が必要である可能性もある。以上のような理由より、費用対効果の面から考えると、人口爆発の解決策として有効であると単純には言えない。現在では単に宇宙空間への植民手段の一つとして認識されている。スペースコロニー フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙移民

    宇宙移民から見た小惑星小惑星

    輸送手段により、宇宙での作業には限界が設けられる。2010年現在の打ち上げ費用はとても高価で、低軌道 (LEO) で1kgあたり$5,000から$30,000に達する。宇宙への植民では、数千から数万回、またはそれ以上の大量の打ち上げ回数が要求されることから、大気圏への重大な打撃を避けるためにも、よりよい打ち上げ手段が必要とされる。一つの可能性としては、NASAや他の機関が開発中のエアブリージングエンジンを利用した宇宙船が挙げられる。また、軌道上のコロニー建設では、数百万トンもの資材を月や小惑星から運ぶ必要がある。一つの可能性として考えられているのが、月にマスドライバーを建設し、そこから資材の大部分を建設現場に送ることである。他にも、軌道エレベータ等が検討されており、実現すれば打ち上げ費用の問題は解消されると考えられる。宇宙移民 フレッシュアイペディアより)

  • 彗星

    彗星から見た小惑星小惑星

    彗星と小惑星とは、コマや尾の有無で形態的に区別するため、太陽から遠方にあるうちは、彗星は小惑星と区別が付かない。彗星は、太陽からおおよそ3 AU(天文単位)以内の距離に近づいてから、コマや尾が観測されることが多い。その位置は火星軌道と木星軌道のほぼ中間に当たる。彗星 フレッシュアイペディアより)

  • オットー・ブレンデル

    オットー・ブレンデルから見た小惑星小惑星

    おもな業績は天体力学に関するもので、理論的研究の一方、小惑星、彗星、二重星の観測も行った。小天体の理論を研究し1898年から1911年の間に『小惑星の理論』(Theorie der Kleinen Planeten)を発表した。1894年フランス科学アカデミーの、ダモワゾー賞を受賞した。オットー・ブレンデル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2511件中 1 - 10件表示

「小惑星」のニューストピックワード