2232件中 11 - 20件表示
  • オットー・ブレンデル

    オットー・ブレンデルから見た小惑星小惑星

    おもな業績は天体力学に関するもので、理論的研究の一方、小惑星、彗星、二重星の観測も行った。小天体の理論を研究し1898年から1911年の間に『小惑星の理論』(Theorie der Kleinen Planeten)を発表した。1894年フランス科学アカデミーの、ダモワゾー賞を受賞した。オットー・ブレンデル フレッシュアイペディアより)

  • C・J・チェリイ

    C・J・チェリイから見た小惑星小惑星

    彼女にちなんで (77185) チェリイと名づけられた小惑星が存在する。NASAのジェット推進研究所は、これについて「(チェリイは)人類が恒星間で生きるように成長する様を想像し、それによって我々を星々へと駆り立てた」としている。C・J・チェリイ フレッシュアイペディアより)

  • 小林隆男

    小林隆男から見た小惑星小惑星

    会社に勤める傍らで天体捜索を行っており、1991年に発見した(4807)のぼるを初め、(9106)八咫烏など多数の小惑星を発見し、命名している。その数は2341個に上り、日本のアマチュア天文家としては最大の発見数である。小林隆男 フレッシュアイペディアより)

  • ティモシー・スパール

    ティモシー・スパールから見た小惑星小惑星

    スパールは多数の小惑星を発見したことで知られている。スパールは木星の衛星カリロエと土星の衛星アルビオリックスを再発見したことでも高い評価を受けている。ティモシー・スパール フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・ピアッツィ

    ジュゼッペ・ピアッツィから見た小惑星小惑星

    ジュゼッペ・ピアッツィ(Giuseppe Piazzi 1746年7月7日、ポンテ・イン・ヴァルテッリーナ - 1826年7月22日、ナポリ)はイタリアの天文学者であり、数学者、神学者でもあった。1781年、シチリアに自身で設立したパレルモ天文台の天文台長に就任した。歴史上初めて小惑星を発見したことで著名である。ジュゼッペ・ピアッツィ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・シャコルナク

    ジャン・シャコルナクから見た小惑星小惑星

    マルセイユ天文台でバンジャマン・バルツ(Benjamin Valz)の助手を務めたのち、パリ天文台に勤務した。小惑星、彗星、黒点の研究を行い、生涯で6個の小惑星を発見した。ジャン・シャコルナク フレッシュアイペディアより)

  • シュタインハイム・クレーター

    シュタインハイム・クレーターから見た小惑星小惑星

    シュタインハイム・クレーター (Steinheim crater) は、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州ハイデンハイム郡シュタインハイム・アム・アルブッヒにある衝突クレーターである。シュヴァーベン山地の北東端に位置し、ずっと大きな (直径24 km) ネルトリンガー・リースの近くにある。2つの小惑星が斜めに東北東の方向で衝突したことにより、リース・クレーターと同時に形成されたと考えられている。シュタインハイム・クレーター フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・ゴネシア

    フランソワ・ゴネシアから見た小惑星小惑星

    彼はもともと勉強をするのが苦手だったが、1901年にフランスのリオンからエクアドルのキトに移住して、測地学の勉強に励んだ。彼の同僚には、同じく天文学者のヴェニアミン・ジェコフスキーがいる。なお、彼は生涯で2つの小惑星を発見し、小惑星(1177)のゴネシア (小惑星)は、彼に因んで命名された。フランソワ・ゴネシア フレッシュアイペディアより)

  • 流星

    流星から見た小惑星小惑星

    これに対して、主に小惑星軌道から来たものは通常の流星よりもかなり明るく輝き、火球と呼ばれる。まれに隕石となって地上に落下する天体は、小惑星軌道の物が多く、空で観察された場合には火球となって飛んでいることになる。火球はその明るさのため夜間だけではなく、昼間に観察されたり撮影された場合もある。それに対して流星は大気圏内で燃え尽きるため、地上に直接落下するものはなく、小さなちり(宇宙塵)となって地上にふりそそぐ。流星 フレッシュアイペディアより)

  • 火星のトロヤ群

    火星のトロヤ群から見た小惑星小惑星

    火星のトロヤ群 (Mars trojans) は、太陽の周りの公転軌道を火星と共有する小惑星のグループである。火星の前方と後方それぞれ60°の2つのラグランジュ点で見られる。火星のトロヤ群の起源は未だ分かっていない。ある仮説では、太陽系が形成された時に、火星のラグランジュ点に捕獲されたものだとするが、スペクトルの研究から、この仮説は誤っていることが示唆される。もう1つの仮説では、太陽系の形成後に火星のラグランジュ点まで移動してきたとするものであるが、火星は非常に低質量であることが問題となる。火星のトロヤ群 フレッシュアイペディアより)

2232件中 11 - 20件表示

「小惑星」のニューストピックワード