2511件中 21 - 30件表示
  • エルンスト・エピック

    エルンスト・エピックから見た小惑星小惑星

    エルンスト・ユリウス・エピック(Ernst Julius Öpik, 1893年10月23日 ? 1985年9月10日)は、現在のエストニアの天文学者である。後半生は北アイルランドのアーマー天文台で活動した。主に小惑星、彗星、流星などの小天体の分野などを研究した。姓は「オピック」とも表記する。エルンスト・エピック フレッシュアイペディアより)

  • プロセラルム盆地

    プロセラルム盆地から見た小惑星小惑星

    プロセラルム盆地の起源は、直径が約300kmもある巨大な小惑星の衝突によって生じたと考えられている。月の表面で暗く見える月の海は、玄武岩質の岩石で覆われた地域で、ほかの場所と比べて低地である。海は、形成したばかりの月内部で放射性物質の放射性壊変熱で溶けやすい玄武岩マグマが地表に噴出した後であり、クレーターのような低地が海の形を決めたと言われている。明るく見える部分は、海などより高い高地である。これまでの数々の月探査によって、月の表側と裏側では、海と高地の比率だけでなく、地殻の厚さやトリウムなどの放射性物質の量に違いがあることが分かった。特に地殻は表側では薄く、裏側では厚いため、月の形状的重心と質量的重心はずれており、月が常に表側を地球に向ける公転が安定する原因となっている。このような違いは、プロセラルム盆地が実は巨大な衝突によるクレーターで、この大衝突で地形が変化したり、飛び散った物質によって、このような月の表裏の二面性を作り出したと考えられてきたが、これまでそれを裏付ける科学的な証拠がなかった。プロセラルム盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 流星群

    流星群から見た小惑星小惑星

    流星現象を引き起こす原因となる物質を流星物質という。軌道計算により、流星物質は主に彗星から放出されると考えられているが、なかには小惑星起源のものもあるようである。流星群をもたらす流星物質を放出したこのような天体をその流星群の母天体という。母天体の周囲には、放出された一群の流星物質が細い帯状に伸びており、これをダストトレイルと呼ぶ。ダストトレイルはそれ自身の軌道上を母天体とほぼ同じ周期で巡る。ダストトレイルの軌道と地球軌道が交差しており、かつダストトレイルと地球が同時期にこの交差地点にさしかかったとき、ダストトレイルと地球との衝突によって流星群が生じる。流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の宇宙飛行

    2010年の宇宙飛行から見た小惑星小惑星

    日本初の小惑星探査機はやぶさは、6月13日に地球に帰還した。小惑星イトカワに着陸しサンプル採取を終えたあとの、地球に帰還するまでの道のりは苦難の連続であった。これは、世界で初めて、小惑星からのサンプルリターンに成功したミッションであった。2010年の宇宙飛行 フレッシュアイペディアより)

  • クライド・トンボー

    クライド・トンボーから見た小惑星小惑星

    ローウェル天文台での観測で、彼は数百の変光星、800近い数の小惑星、2個の彗星の他、29,000にも及ぶ銀河を発見している。クライド・トンボー フレッシュアイペディアより)

  • 火星のトロヤ群

    火星のトロヤ群から見た小惑星小惑星

    火星のトロヤ群 (Mars trojans) は、太陽の周りの公転軌道を火星と共有する小惑星のグループである。火星の前方と後方それぞれ60°の2つのラグランジュ点で見られる。火星のトロヤ群の起源は未だ分かっていない。ある仮説では、太陽系が形成された時に、火星のラグランジュ点に捕獲されたものだとするが、スペクトルの研究から、この仮説は誤っていることが示唆される。もう1つの仮説では、太陽系の形成後に火星のラグランジュ点まで移動してきたとするものであるが、火星は非常に低質量であることが問題となる。火星のトロヤ群 フレッシュアイペディアより)

  • ファッラ・ディゾンツォ

    ファッラ・ディゾンツォから見た小惑星小惑星

    ファッラ・ディゾンツォ()は、イタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ゴリツィア県にある、人口約1700人の基礎自治体(コムーネ)。この村にある民間の天文台は、多くの小惑星を発見している。ファッラ・ディゾンツォ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィットリオ・ゴレッティ

    ヴィットリオ・ゴレッティから見た小惑星小惑星

    ヴィットリオ・ゴレッティ(Vittorio Goretti、1939年 - )はイタリアのアマチュア天文学者である。ボローニャの高校で物理学と数学を教える教師であった。退職後、ボローニャの近郊のピアノーロに私設観測所を作り小惑星の探索を始めた。1994年の(7437) Torricelliをはじまりにトータル31個の小惑星(単独では26個)を発見した。ヴィットリオ・ゴレッティ フレッシュアイペディアより)

  • (152679) 1998 KU2

    (152679) 1998 KU2から見た小惑星小惑星

    は、1998年5月22日にLINEARによって発見された。しかしLINEARの成果は厳密には再発見で、1971年に発見され、1971 UB と仮符号がつけられた小惑星と同一である。(152679) 1998 KU2 フレッシュアイペディアより)

  • (300163) 2006 VW139

    (300163) 2006 VW139から見た小惑星小惑星

    '' とは、小惑星帯に存在する彗星・小惑星遷移天体の1つである。当初は小惑星として発見・登録され、後に彗星の活動が確認された。(300163) 2006 VW139 フレッシュアイペディアより)

2511件中 21 - 30件表示

「小惑星」のニューストピックワード