2232件中 31 - 40件表示
  • 石垣島天文台

    石垣島天文台から見た小惑星小惑星

    主として惑星や彗星、小惑星など太陽系内天体の観測を実施。石垣島天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 美幌町

    美幌町から見た小惑星小惑星

    円舘金 - 美幌町在住の天文学愛好家(小惑星ハンター)。岩手県岩泉町出身。美幌町 フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・エピック

    エルンスト・エピックから見た小惑星小惑星

    エルンスト・ユリウス・エピック(Ernst Julius Öpik, 1893年10月23日 ? 1985年9月10日)は、現在のエストニアの天文学者である。後半生は北アイルランドのアーマー天文台で活動した。主に小惑星、彗星、流星などの小天体の分野などを研究した。姓は「オピック」とも表記する。エルンスト・エピック フレッシュアイペディアより)

  • ヴィットリオ・ゴレッティ

    ヴィットリオ・ゴレッティから見た小惑星小惑星

    ヴィットリオ・ゴレッティ(Vittorio Goretti、1939年 - )はイタリアのアマチュア天文学者である。ボローニャの高校で物理学と数学を教える教師であった。退職後、ボローニャの近郊のピアノーロに私設観測所を作り小惑星の探索を始めた。1994年の(7437) Torricelliをはじまりにトータル31個の小惑星(単独では26個)を発見した。ヴィットリオ・ゴレッティ フレッシュアイペディアより)

  • (152679) 1998 KU2

    (152679) 1998 KU2から見た小惑星小惑星

    は、1998年5月22日にLINEARによって発見された。しかしLINEARの成果は厳密には再発見で、1971年に発見され、1971 UBと仮符号がつけられた小惑星と同一である。(152679) 1998 KU2 フレッシュアイペディアより)

  • プロセラルム盆地

    プロセラルム盆地から見た小惑星小惑星

    プロセラルム盆地の起源は、直径が約300kmもある巨大な小惑星の衝突によって生じたと考えられている。月の表面で暗く見える月の海は、玄武岩質の岩石で覆われた地域で、ほかの場所と比べて低地である。海は、形成したばかりの月内部で放射性物質の放射性壊変熱で溶けやすい玄武岩マグマが地表に噴出した後であり、クレーターのような低地が海の形を決めたと言われている。明るく見える部分は、海などより高い高地である。これまでの数々の月探査によって、月の表側と裏側では、海と高地の比率だけでなく、地殻の厚さやトリウムなどの放射性物質の量に違いがあることが分かった。特に地殻は表側では薄く、裏側では厚いため、月の形状的重心と質量的重心はずれており、月が常に表側を地球に向ける公転が安定する原因となっている。このような違いは、プロセラルム盆地が実は巨大な衝突によるクレーターで、この大衝突で地形が変化したり、飛び散った物質によって、このような月の表裏の二面性を作り出したと考えられてきたが、これまでそれを裏付ける科学的な証拠がなかった。プロセラルム盆地 フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・バーデ

    ウォルター・バーデから見た小惑星小惑星

    バーデはドイツ中西部のノルトライン=ヴェストファーレン州にあるシュレッティングハウゼン(現ビーレフェルト)に生まれた。1919年にゲッティンゲン大学で学位を取得した後、一時期は数学者のフェリックス・クラインの助手を務めた。後にハンブルク天文台に勤務し、彗星・小惑星や星団・変光星・銀河などの観測を行った。この時期に正確な観測に裏付けられた論文を多数執筆し、これによってロックフェラー財団から奨学金を獲得して1926年から2年間、アメリカのウィルソン山天文台で研究を行った。後にウィルソン山天文台の常勤研究員に推薦され、1931年に妻とともにアメリカに移住した。ウォルター・バーデ フレッシュアイペディアより)

  • ポピガイ・クレーター

    ポピガイ・クレーターから見た小惑星小惑星

    約3,500万年前の始新世後期に直径数kmの小惑星が衝突したことにより形成された。アメリカ合衆国東海岸で近年発見されたチェサピーク湾クレーター (直径約90 km) と形成の地質年代が近いことが明らかになっており、2つの天体衝突の関連性や、相次いだ巨大衝突が始新世から漸新世への生物相の移行に与えた影響について、各方面から研究が進められている。ポピガイ・クレーター フレッシュアイペディアより)

  • ニサ (小惑星)

    ニサ (小惑星)から見た小惑星小惑星

    ニサ (44 Nysa) は少し大きめでかなりの明るさを持つ、ニサ族の中で一番明るい小惑星。ギリシア神話に登場する地名ニサにちなんで名づけられた。ニサ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 月探査

    月探査から見た小惑星小惑星

    中世のイスラム世界、ヨーロッパのアリストテレス主義者達は、月の斑点をアリストテレスの考えで説明しようと試みた。トマス・ハリオットは、長年月の観測を続け、初めて望遠鏡像を描写したが、彼のスケッチは出版されなかった。最初の月の地図はベルギーの天文学者ミヒャエル・ラングレンが1645年に描いたものである。その2年後、ヨハネス・ヘヴェリウスによってさらに影響力のある論文『月面学(Selenographia)』が出版された。ヘヴェリウスの体系は、プロテスタント国では18世紀まで使われたが、1651年にイエズス会の天文学者ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリが出版した体系に置き換えられた。彼は、裸眼で見える斑点に海の名前、望遠鏡で見える斑点(クレーター)に哲学者や天文学者の名前を付けた。1753年、クロアチア人でイエズス会の天文学者であるルジェル・ヨシプ・ボスコヴィッチは、月には大気がないことを発見した。1824年、ドイツの天文学者フランツ・フォン・グルイテュイゼンは、月のクレーターの生成を小惑星の衝突によって説明した。月探査 フレッシュアイペディアより)

2232件中 31 - 40件表示

「小惑星」のニューストピックワード