2511件中 41 - 50件表示
  • フランソワ・ゴネシア

    フランソワ・ゴネシアから見た小惑星小惑星

    アルジェ天文台の同僚には、同じく天文学者のヴェニアミン・ジェコフスキーがいる。なお、彼は生涯で2つの小惑星を発見し、小惑星(1177)のゴネシア (小惑星)は、彼に因んで命名された。フランソワ・ゴネシア フレッシュアイペディアより)

  • 測光 (天文)

    測光 (天文)から見た小惑星小惑星

    測光は、変光星、小惑星、活動銀河核といった天体の明るさの変化を調べたり、太陽系外惑星のトランジットを検出するのにも有効な手法である。それらの変光の観測は例えば、食連星の公転周期や半径の決定、小惑星や恒星の自転周期の決定、超新星の全放出エネルギーの推定などに用いることができる。測光 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 彗星・小惑星遷移天体

    彗星・小惑星遷移天体から見た小惑星小惑星

    彗星・小惑星遷移天体(すいせい・しょうわくせいせんいてんたい、Comet-Asteroid Transition Object、CAT天体)は過去に彗星として活動していた天体が、それをほとんど(または完全に)示さなくなり小惑星化した場合の天体の分類名である。枯渇彗星核(こかつすいせいかく)とも呼ばれる。英語では、"Extinct comet"という。彗星・小惑星遷移天体 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーゼフ・シュミット

    ヨーゼフ・シュミットから見た小惑星小惑星

    1991年にフライムート・ベルンゲン博士とルッツ・シュマーデル博士は、ドイツのテューリンゲン州立タウテンブルク天体観測所でアステロイドベルトにある小惑星168321を発見し、2007年夏、スイスのヴィンタートゥールにあるエシェンベルク天体観測所のマルクス・グリーサー所長によって、小惑星168321にヨーゼフ・シュミットの名を冠した。ヨーゼフ・シュミット フレッシュアイペディアより)

  • 惑星の定義

    惑星の定義から見た小惑星小惑星

    惑星の定義(わくせいのていぎ)は、古代世界において「惑う星」と記述され始めて以来、ずっと曖昧さをはらんでいる。その長い歴史の中で、この用語は多くの異なる概念を、しばしば同時に意味してきた。1000年以上に渡り、この言葉の使用は厳密ではなく、太陽や月から小惑星や衛星までを含んだり含まなかったりと、変遷してきた。宇宙に対する知識が深まってくるにつれ、「惑星」という単語の意味も昔の概念を捨てて今の概念を受け入れて成長し、変わっていったが、1つの定まった定義には現在でも至っていない。惑星の定義 フレッシュアイペディアより)

  • マグニートー (マーベル・コミック)

    マグニートー (マーベル・コミック)から見た小惑星小惑星

    マグニートーは磁場を操り、幅広い種類の影響を及ぼすことができるミュータントである。彼の主要な能力は、磁力を支配し、鉄を含む金属と非鉄の金属を操ることである。彼が一度に操ることのできる量の最大値は不明で、彼は何度か、大きな小惑星を動かし、3万トンの原子力潜水艦を容易く空中に浮かせたことがある。彼は自分の力を原子レベルにまで拡張し、(電磁力が化学結合の要因である限りでは)化学構造を操り、物質を再配列できる。けれどもこれは大抵、非常な努力を要する。彼は多くの個々の物体を同時に操り、複雑な装置を彼の能力で組み立てる。また、非金属と非磁性体の物質をより狭い範囲で作用させ、たびたび自分自身と他人を空中に浮かせた。また、強力な電磁パルスを生み出し、光子に至るまでの電磁エネルギーを発生させ操ることが出来る。彼は目に見える光を歪めて体に纏うことで、透明になることが出来る。マグニートーがよく使う別の力は、物質とエネルギーを入念に選びブロックするシールド (サイエンス・フィクション)である。このシールドは、同時多発的に起きる熱核兵器の爆発に十分に耐えられるほど強い。それゆえに、宇宙空間でシールドに囲われている時、大きな危害に対して傷つくことが無く、そのシールドのおかげで生き残ることができる。彼のシールドはX-メンや、ソー、ジーン・グレイ(フェニックス)、シークレット・ウォーズ中のギャラクタスの攻撃などに何度か耐えた。また、自身の体を通しパワーを伝達してつなげることで、体力と耐久力を人間の限界をはるかに超えるまで増加させる。そして基準線の反応時間が普通の人間よりも15倍速い。時々彼は自分の周りの重力フィールドの作用を作り変える。そのことは、彼自身が統一場を操ることができ統一場が存在する証拠として示唆される。彼はワームホールを作り出す能力があることを示し、ワームホールを通って自分と他人を安全に瞬間移動させることが出来る。マグニートー (マーベル・コミック) フレッシュアイペディアより)

  • 地球近傍天体

    地球近傍天体から見た小惑星小惑星

    地球近傍天体(ちきゅうきんぼうてんたい、英語:Near-Earth object NEO)とは、地球に接近する軌道を持つ天体(彗星、小惑星、大きい流星体)の総称。また、天体と言っても太陽系小天体が該当することから地球近傍小天体とも呼ばれる。地球に接近することから衝突の危険性を持つ反面、地球からの宇宙船が容易に到達しやすく(月よりはるかに少ない速度増分 (ΔV) で済むものもある)、今後の科学的調査と商業開発において重要になると考えられている。地球近傍天体 フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・ピアッツィ

    ジュゼッペ・ピアッツィから見た小惑星小惑星

    ジュゼッペ・ピアッツィ(Giuseppe Piazzi, 1746年7月7日 - 1826年7月22日)は、イタリアの天文学者であり、数学者、神学者でもあった。1781年、シチリアに自身で設立したパレルモ天文台の天文台長に就任した。歴史上初めて小惑星を発見したことで有名である。ポンテ・イン・ヴァルテッリーナに生まれ、ナポリにて没。ジュゼッペ・ピアッツィ フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・ホイップル

    フレッド・ホイップルから見た小惑星小惑星

    1931年からハーバード大学天文台で流星の軌道を研究し、流星の起源が太陽系の内にあることを確認した。1933年に周期彗星ホイップル彗星(36P/Whipple)と小惑星(1252)セレスティアを発見した。ペルチャー・ホイップル彗星(C/1932 P1 Peltier-Whipple)をレスリー・ペルチャーと独立して発見したほか、5個の彗星を発見した。フレッド・ホイップル フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・シャコルナク

    ジャン・シャコルナクから見た小惑星小惑星

    マルセイユ天文台でバンジャマン・バルツ(Benjamin Valz)の助手を務めたのち、パリ天文台に勤務した。小惑星、彗星、黒点の研究を行い、生涯で6個の小惑星を発見した。ジャン・シャコルナク フレッシュアイペディアより)

2511件中 41 - 50件表示

「小惑星」のニューストピックワード