2511件中 51 - 60件表示
  • アウグスト・コプフ

    アウグスト・コプフから見た小惑星小惑星

    アウグスト・コプフ(August Kopff、1882年2月5日 - 1960年4月25日) はドイツの天文学者である。多くの小惑星を発見した。アウグスト・コプフ フレッシュアイペディアより)

  • エースコンバット インフィニティ

    エースコンバット インフィニティから見た小惑星小惑星

    本作の世界観は"小惑星「ユリシーズ」の落着や隕石破壊兵器「ストーンヘンジ」が登場する"、"ムービーにシリーズ各作品の部隊エンブレムが見受けられる"というように、従来シリーズの世界観を踏襲しつつも舞台は実在の地球であるなど、従来シリーズの世界観と現実世界の世界観が混在した独特の物となっている(「現実の地球に架空要素が沢山登場する」と言う点では『X2』に近い)。しかし、これらは本作が「『エースコンバット』シリーズのみを対象としたクロスオーバー作品」と言える存在であるためであり、本作とシリーズ各作品との設定・ストーリーに関連性はない。エースコンバット インフィニティ フレッシュアイペディアより)

  • コズミック・イラの施設

    コズミック・イラの施設から見た小惑星小惑星

    元々、東アジア共和国がL4宙域に所有する資源採掘用小惑星「新星」であったが、新星攻防戦において、ザフトに侵攻を受け降伏放棄された。以後、施設はザフトの防衛用軍事衛星として改装を受けながらL5に移送された。コズミック・イラの施設 フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・バーデ

    ウォルター・バーデから見た小惑星小惑星

    バーデはドイツ中西部のノルトライン=ヴェストファーレン州にあるシュレッティングハウゼン(現ビーレフェルト)に生まれた。1919年にゲッティンゲン大学で学位を取得した後、一時期は数学者のフェリックス・クラインの助手を務めた。後にハンブルク天文台に勤務し、彗星・小惑星や星団・変光星・銀河などの観測を行った。この時期に正確な観測に裏付けられた論文を多数執筆し、これによってロックフェラー財団から奨学金を獲得して1926年から2年間、アメリカのウィルソン山天文台で研究を行った。後にウィルソン山天文台の常勤研究員に推薦され、1931年に妻とともにアメリカに移住した。ウォルター・バーデ フレッシュアイペディアより)

  • 月探査

    月探査から見た小惑星小惑星

    中世のイスラム世界、ヨーロッパのアリストテレス主義者達は、月の斑点をアリストテレスの考えで説明しようと試みた。トマス・ハリオットは、長年月の観測を続け、初めて望遠鏡像を描写したが、彼のスケッチは出版されなかった。最初の月の地図はベルギーの天文学者ミヒャエル・ラングレンが1645年に描いたものである。その2年後、ヨハネス・ヘヴェリウスによってさらに影響力のある論文『月面学(Selenographia)』が出版された。ヘヴェリウスの体系は、プロテスタント国では18世紀まで使われたが、1651年にイエズス会の天文学者ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリが出版した体系に置き換えられた。彼は、裸眼で見える斑点に海の名前、望遠鏡で見える斑点(クレーター)に哲学者や天文学者の名前を付けた。1753年、クロアチア人でイエズス会の天文学者であるルジェル・ヨシプ・ボスコヴィッチは、月には大気がないことを発見した。1824年、ドイツの天文学者フランツ・フォン・グルイテュイゼンは、月のクレーターの生成を小惑星の衝突によって説明した。月探査 フレッシュアイペディアより)

  • C・J・チェリイ

    C・J・チェリイから見た小惑星小惑星

    彼女にちなんで (77185) チェリイと名づけられた小惑星が存在する。NASAのジェット推進研究所は、これについて「(チェリイは)人類が恒星間で生きるように成長する様を想像し、それによって我々を星々へと駆り立てた」としている。C・J・チェリイ フレッシュアイペディアより)

  • 天体工場

    天体工場から見た小惑星小惑星

    1993年に開館し、数年後に閉鎖となった。この名前は小惑星(4645)に命名された。天体工場 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年チェリャビンスク州の隕石落下

    2013年チェリャビンスク州の隕石落下から見た小惑星小惑星

    2013年2月15日、直径17mの小惑星が地球の大気圏に突入した。現地時間9時15分(協定世界時3時15分・日本時間12時15分)、強い閃光を放ち、煙の尾を曵きながら落下する火球がチェリャビンスク州などウラル山脈中南部一帯で観測された。隕石の落下の痕跡で見られる煙のようなものは、隕石の表面が大気との断熱圧縮で高温となり蒸発し、それらが冷却凝固した細かい粒子が見えている隕石雲と考えられている。隕石雲は、低空では大気中の水蒸気が微粒子に結露して水滴化し、まるで雲のように見える。火球はその後9時20分26秒に、上空15kmから50kmで爆発し、複数の破片に分裂して落下した。2013年チェリャビンスク州の隕石落下 フレッシュアイペディアより)

  • ラグランジュ点

    ラグランジュ点から見た小惑星小惑星

    例えば E を地球として、A を小惑星など地球の引力に束縛された何らかの天体とすると、他に天体が存在しないならば A の軌道は二体問題を解くことによって求められる。ラグランジュ点 フレッシュアイペディアより)

  • 古在由秀

    古在由秀から見た小惑星小惑星

    1952年、東京大学附属東京天文台助手に就任。1958年、学位論文「土星の衛星系にかんする研究」で理学博士号を取得。渡米してスミソニアン天体物理観測所及びハーバード大学天文台の客員研究員となった。1961年から『理科年表』編集に携わる。1963年、東京大学附属東京天文台助教授に就任。同年朝日賞を受賞。1965年、東京天文台附属人工衛星国内計算施設長に就任。1966年、東京大学附属東京天文台教授に就任。1973年、東京天文台附属堂平観測所長に就任。1979年6月11日、土星衛星、人工衛星及び小惑星の運動の研究により日本学士院賞及び恩賜賞を受賞。1980年、日本学士院会員となる。古在由秀 フレッシュアイペディアより)

2511件中 51 - 60件表示

「小惑星」のニューストピックワード