2511件中 61 - 70件表示
  • 流星

    流星から見た小惑星小惑星

    これに対して、主に小惑星軌道から来たものは通常の流星よりもかなり明るく輝き、火球と呼ばれる。まれに隕石となって地上に落下する天体は、小惑星軌道の物が多く、空で観察された場合には火球となって飛んでいることになる。火球はその明るさのため夜間だけではなく、昼間に観察されたり撮影された場合もある。それに対して流星は大気圏内で燃え尽きるため、地上に直接落下するものはなく、小さなちり(宇宙塵)となって地上にふりそそぐ。流星 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年

    2013年から見た小惑星小惑星

    直径45メートルの小惑星が、静止軌道の内側に入り、地球表面から2万7700kmのところを通過。2013年 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年

    2014年から見た小惑星小惑星

    1月2日 - 前日に発見された直径2mから3mの小惑星 2014 AA が地球に極めて接近。地球に衝突し、大気圏で消滅したと推定されている。2014年 フレッシュアイペディアより)

  • 準惑星

    準惑星から見た小惑星小惑星

    太陽系外縁天体 という分類呼称は、それをどう翻訳するのかを含めて、IAU の決議には左右されず、各国及び各自の判断に任されている(例えば、小惑星、エッジワース・カイパーベルト天体、あるいは地球型惑星などの名称はもとから IAU の公式分類ではない)。IAU の公式用語には、各国でどのように分類しどのように呼ぶかについての強制力は全くない。準惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス

    銀河機攻隊 マジェスティックプリンスから見た小惑星小惑星

    全地球防衛軍GDFを構成する外宇宙経済圏の一つ。採掘者や採掘企業を中心に、小惑星を占有して独立宣言を行った国家。人口があまりにも少なすぎるため、実質的な権利は殆ど無く、月・地球連合の経済的な支配を受けている。それでも採掘基地だけではなく、多数のGDF基地が建造され、特に準惑星であるケレスは長期的な居住が可能な空間と工廠や軍事施設の設置が行われて、GDF外惑星方面軍の本拠地となっている。銀河機攻隊 マジェスティックプリンス フレッシュアイペディアより)

  • 命名権

    命名権から見た小惑星小惑星

    天体については、小惑星についてのみ発見者に命名提案権が与えられており、IAUの小天体命名委員会による審査を経て命名される(小惑星参照)。準惑星については命名規則は定められていないが、エリスの場合には発見者グループが提案した名称が採用されている。命名権 フレッシュアイペディアより)

  • 美幌町

    美幌町から見た小惑星小惑星

    円舘金 - 美幌町在住の天文学愛好家(小惑星ハンター)。岩手県岩泉町出身。美幌町 フレッシュアイペディアより)

  • 地球近傍小惑星

    地球近傍小惑星から見た小惑星小惑星

    地球近傍小惑星(ちきゅうきんぼうしょうわくせい)とは、地球に接近する軌道を持つ天体(地球近傍天体、NEO (Near Earth Object))のうち小惑星のみを指す。英語でNEAs (Near Earth Asteroid) と呼ばれることもある。NASAによると地球に接近するために監視が必要とされるものは約8500個とされる。軌道計算では、これらの小惑星が今後少なくとも100年間は地球に衝突する恐れはないとしている。地球近傍小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年

    2010年から見た小惑星小惑星

    6月13日 - 世界初となる天体に着陸してのサンプルリターンに成功した小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還、機体は大気圏再突入時に燃え尽きた。翌日、小惑星イトカワから採集したサンプルの入ったカプセルが回収された。2010年 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年

    2008年から見た小惑星小惑星

    火星への衝突確率1万分の1とされた直径50m程の小惑星 (2007 WD5) が約50,000km/hで火星を近傍通過。2008年 フレッシュアイペディアより)

2511件中 61 - 70件表示

「小惑星」のニューストピックワード