153件中 91 - 100件表示
  • 小惑星

    小惑星から見たスペクトル

    小惑星は色、アルベド(反射能)、スペクトルによって大きく3種類に分類される。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たケイ素

    S型小惑星 - ケイ素質。発見されている小惑星の17%がここに含まれる。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たアメリカ空軍

    NEAと、やはり衝突が懸念される彗星(Near Earth Comet, NEC)と合わたNEO(Near Earth Object, 地球近傍天体)を監視する計画は、NASAとアメリカ空軍、マサチューセッツ工科大学の共同によるLINEAR(Lincoln Near Earth Asteriod Research)、アリゾナ大学のSpace WatchとCatarina Sky Survey、NASAジェット推進研究所のNEAT(Near-Earth Asteroid Tracking)、ローウェル天文台のLONEOS(Lowell Observatory Near-Earth-Object Search)、ハワイ大学のPan-STARRAS(Panoramic Survey Telescope And Rapid Response Syastem)などがあり、日本でも美星スペースガードセンターが観測を行っている。このように多くの観測体制が敷かれる理由は、そもそもNEOが非常に観測しにくい事が背景にある。しかも現在、昼間に観測することは事実上不可能である。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たガリレオ (探査機)

    そして、1989年に打ち上げられた木星探査機ガリレオにより、1991年に (951) ガスプラ、1993年に (243) イダの映像が撮影され、人類は初めて小惑星の鮮明な映像を目にした。なお、ガリレオはイダに初めて衛星を発見し、ダクティルと名づけられた。その後も、主に地上での観測により170個以上(2010年現在)の小惑星に衛星の存在が確認されている(小惑星の衛星参照)。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たエリス (準惑星)

    2006年8月にプラハで開かれた国際天文学連合 (IAU) 総会で惑星の定義が採択された結果、それまで惑星とされていた冥王星および小惑星とされていたケレスと(エリス)が dwarf planet(準惑星)に変更され、さらに小惑星のうち十数個が将来的に dwarf planet に変更される可能性があると考えられるようになった(2008年には、新たにマケマケとハウメアが dwarf planet に変更されている)。また小惑星はTNOや彗星とともにsmall solar system bodies (太陽系小天体、SSBO) というカテゴリーに包括されることになった。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たジュノー (小惑星)

    1781年の天王星発見当時、ティティウス・ボーデの法則から、火星と木星の間に未知の惑星を探索する試みが行われた。1801年に (1) ケレスが発見されたが、翌1802年に (2) パラス、1804年に (3) ジュノー、1807年には (4) ベスタと、同じような位置に天体が相次いで発見されたこと、またいずれも惑星と呼ぶにはあまりに小さいことから、やがて惑星とは区別されるようになった。小惑星 (asteroid) という語は、1853年初めに考え出された。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たS型小惑星

    S型小惑星 - ケイ素質。発見されている小惑星の17%がここに含まれる。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たプラハ

    2006年8月にプラハで開かれた国際天文学連合 (IAU) 総会で惑星の定義が採択された結果、それまで惑星とされていた冥王星および小惑星とされていたケレスと(エリス)が dwarf planet(準惑星)に変更され、さらに小惑星のうち十数個が将来的に dwarf planet に変更される可能性があると考えられるようになった(2008年には、新たにマケマケとハウメアが dwarf planet に変更されている)。また小惑星はTNOや彗星とともにsmall solar system bodies (太陽系小天体、SSBO) というカテゴリーに包括されることになった。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たダクティル (衛星)

    そして、1989年に打ち上げられた木星探査機ガリレオにより、1991年に (951) ガスプラ、1993年に (243) イダの映像が撮影され、人類は初めて小惑星の鮮明な映像を目にした。なお、ガリレオはイダに初めて衛星を発見し、ダクティルと名づけられた。その後も、主に地上での観測により170個以上(2010年現在)の小惑星に衛星の存在が確認されている(小惑星の衛星参照)。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た成層圏

    小惑星は地球への衝突の可能性を有している。ユカタン半島にあるチュクシュルーブ・クレーターの調査から、約6550万年前に秒速10~20kmの速度で衝突した直径10kmの小惑星は、大型の恐竜を全滅させたと考えられている。クレーターは直径150km、深さ30km。周辺はマグニチュード11規模の地震と大規模の火災が発生し、海に落ちたために生じた津波は高さ300mと推定される。さらに、衝突で巻き上げられた塵が成層圏に及んで漂い、数ヶ月から数年間太陽光線を遮り、植物など光合成生物の死滅に端を発し生物全体の70%が滅んだと推測される。小惑星 フレッシュアイペディアより)

153件中 91 - 100件表示

「小惑星」のニューストピックワード