151件中 11 - 20件表示
  • 小惑星

    小惑星から見たESA

    小惑星の衝突を回避する技術は現在の科学技術では達成しておらず、現存するロケットを衝突させて軌道を変える方法でも、直径100m以下の小惑星でしか効果が無いと考えられている。ESAの「ドン・キホーテ計画」など有効な回避法が様々に模索されているが、今だ研究段階にあり効果はわかっていない。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た

    その多くは火星と木星の間の軌道を公転しているが、地球付近を通過する可能性のあるものも存在する。21世紀初頭まで最大の小惑星であった (1) ケレス(Ceres:数字は軌道が確定した小惑星に付けられる小惑星番号 (minor planet number)。以下同様)でも地球のよりはるかに小さい。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たNASA

    NEAと、やはり衝突が懸念される彗星(Near Earth Comet, NEC)と合わたNEO(Near Earth Object, 地球近傍天体)を監視する計画は、NASAとアメリカ空軍、マサチューセッツ工科大学の共同によるLINEAR(Lincoln Near Earth Asteriod Research)、アリゾナ大学のSpace WatchとCatarina Sky Survey、NASAジェット推進研究所のNEAT(Near-Earth Asteroid Tracking)、ローウェル天文台のLONEOS(Lowell Observatory Near-Earth-Object Search)、ハワイ大学のPan-STARRAS(Panoramic Survey Telescope And Rapid Response Syastem)などがあり、日本でも美星スペースガードセンターが観測を行っている。このように多くの観測体制が敷かれる理由は、そもそもNEOが非常に観測しにくい事が背景にある。しかも現在、昼間に観測することは事実上不可能である。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たハッブル宇宙望遠鏡

    望遠鏡でも点状にしか見えないため、1990年代に入るまで、小惑星の研究は軌道の確定や光度の測定に留まり、その姿については想像の域を出なかった。しかし、恒星食による形状の推定、ハッブル宇宙望遠鏡などの高性能の望遠鏡による観察やレーダー測定により、大きさや形状など、その姿が徐々に明らかになってきた。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た津波

    小惑星は地球への衝突の可能性を有している。ユカタン半島にあるチュクシュルーブ・クレーターの調査から、約6550万年前に秒速10~20kmの速度で衝突した直径10kmの小惑星は、大型の恐竜を全滅させたと考えられている。クレーターは直径150km、深さ30km。周辺はマグニチュード11規模の地震と大規模の火災が発生し、海に落ちたために生じた津波は高さ300mと推定される。さらに、衝突で巻き上げられた塵が成層圏に及んで漂い、数ヶ月から数年間太陽光線を遮り、植物など光合成生物の死滅に端を発し生物全体の70%が滅んだと推測される。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たコンステレーション計画

    アメリカではコンステレーション計画の中止により小天体探査に関心が集まりつつあり、2010年4月にオバマ大統領の発表した新宇宙政策によれば、月以降の有人探査の対象として地球近傍小惑星が有力な候補と見られている。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た

    メインベルトにある小惑星発生には2つの要素が働いたと考えられる。1つは太陽系形成時にこの付近にダスト成分が少なかった事がある。通常原始太陽系円盤は内側から外側に向けてガスや塵が少なくなるが、メインベルト付近から外はなどの揮発成分が凍るため内側よりも固体成分が多くなり、結果的にメインベルト領域が固体存在量が最も少なくなる。もう1つは木星が先に形成された影響がある。巨大ガス惑星の木星が及ぼす重力によってメインベルト付近の微惑星の軌道が乱され、相対的な速度差が大きくなり、合体よりも破壊される傾向が強まったという。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た地震

    小惑星は地球への衝突の可能性を有している。ユカタン半島にあるチュクシュルーブ・クレーターの調査から、約6550万年前に秒速10~20kmの速度で衝突した直径10kmの小惑星は、大型の恐竜を全滅させたと考えられている。クレーターは直径150km、深さ30km。周辺はマグニチュード11規模の地震と大規模の火災が発生し、海に落ちたために生じた津波は高さ300mと推定される。さらに、衝突で巻き上げられた塵が成層圏に及んで漂い、数ヶ月から数年間太陽光線を遮り、植物など光合成生物の死滅に端を発し生物全体の70%が滅んだと推測される。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たイトカワ (小惑星)

    2003年に打ち上げられた日本の探査機はやぶさは、2005年に (25143) イトカワへ到達、至近距離からの詳細な観測を行った。はやぶさはイトカワへの着陸と離陸を行ない、サンプル採取を試みた後、2010年6月13日に地球へ帰還し、サンプル容器を納めたカプセルが回収されて容器内の微粒子の回収と分析が続いている。同年11月16日には、回収された微粒子のほとんど全てがイトカワ由来であることが発表された。これは世界初の小惑星からのサンプルリターンである。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た土星

    軌道長半径が30 AU以下。近日点は木星軌道から天王星軌道の間に、遠日点は土星軌道から海王星軌道の間にあるものが多い。木星などの摂動を受けやすく、軌道は不安定。彗星起源と考えられており、太陽系外縁天体に分類されることもある。小惑星 フレッシュアイペディアより)

151件中 11 - 20件表示

「小惑星」のニューストピックワード