151件中 41 - 50件表示
  • 小惑星

    小惑星から見たケンタウルス族 (小惑星)

    なお、2009年10月までに地球近傍小惑星は仮符号のみのものを含めて6,398個、ケンタウルス族を含む太陽系外縁天体は同じく1,379個(準惑星4個を含む)が発見されている(『天文年鑑』2010年版)。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た小惑星センター

    まず、新天体と思われる天体を2夜以上にわたって位置観測し、その観測結果が小惑星センター (Minor Planet Center, MPC) に報告されると、発見順に仮符号が与えられる。 仮符号は以下の書式に従う英数字からなる 1。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た海王星

    軌道要素が似通っている小惑星のグループを、英語では代表的な小惑星名などの後に「family」ないし「asteroids」を付けるか、小惑星名自体に接尾辞を付けた名称で呼ぶ。日本語では、木星より内側を公転するグループについては「? family」を「族」、それ以外を「群」と訳し、木星以遠については(海王星のトロヤ群を除き)一括して「族」と訳することが多い。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た国際天文学連合

    2006年8月にプラハで開かれた国際天文学連合 (IAU) 総会で惑星の定義が採択された結果、それまで惑星とされていた冥王星および小惑星とされていたケレスと(エリス)が dwarf planet に変更され、さらに小惑星のうち十数個が将来的に dwarf planet に変更される可能性があると考えられるようになった(2008年には、新たにマケマケとハウメアが dwarf planet に変更されている)。また小惑星はTNOや彗星とともにsmall solar system bodies (SSBO) というカテゴリーに包括されることになった。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たエロス (小惑星)

    当初は他の惑星と同じように、小惑星に対してもローマ神話の神の名が与えられていた。やがて小惑星が多数見つかるようになると、他の神話の神や文学作品の登場人物、あるいは実在した人物や地名なども用いられるようになった。なお、初期に見つかった小惑星に女神の名が付けられたことから、男性の名前でも女性化して命名されていた。例としては (511) ダビダ(デイヴィッド・トッド (David Tod) →Davida)などがある。そして、1896年に最初の地球軌道に接近する小惑星、1906年に最初のトロヤ群小惑星が発見されると、それらのように特異な軌道を持つ小惑星には男性名(神または英雄など)が付けられることになった(上記の2個はそれぞれ (433) エロス、(588) アキレスと命名された)。その後、小惑星の数が更に増加するにつれて名前の数が足りなくなる恐れが出てきたため、比較的自由な命名が赦されるようになった。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たラグランジュ点

    ほとんどの小惑星は、木星軌道と火星軌道の間に存在し、太陽からの距離が約2 - 4天文単位の範囲に集まっている。この領域を小惑星帯 (asteroid belt) と呼ぶ。現在では太陽系外縁部のエッジワース・カイパーベルトと区別するためにメインベルト (main belt) とも呼ばれる。小惑星は木星の摂動によって、いくつかの群をなして運動する。各群はその公転周期にしたがって分類される。群の中で特に注目されるのが、トロヤ群(周期約12年)と呼ばれる小惑星群であり、これは太陽と木星との間を一辺とする正三角形の一頂点、すなわち両天体の系でのラグランジュ点に位置することが知られている。なお、トロヤ群の名は、この群で最初に発見された小惑星 (588) アキレス (Achilles) にちなむ。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た惑星

    ウィリアム・ハーシェルによって、(当時の)望遠鏡で見ると恒星のように見えることから、ギリシャ語の (aster:恒星)と (eidos:姿、形)からアステロイド「asteroid:恒星のようなもの」と命名された。太陽系内の惑星より小さな天体であることから「minor planet:小さな惑星」、「planetoid:惑星のようなもの」などとも呼ばれた。現在では minor planet のうち、岩石を主成分とするものを asteroid と称する。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た離心率

    キュビワノ族(Cubewano、古典的TNO)…軌道長半径が41 AU以上で、離心率が0.15以下のもの。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たマサチューセッツ工科大学

    NEAと、やはり衝突が懸念される彗星(Near Earth Comet, NEC)と合わたNEO(Near Earth Object, 地球近傍天体)を監視する計画は、NASAとアメリカ空軍、マサチューセッツ工科大学の共同によるLINEAR(Lincoln Near Earth Asteriod Research)、アリゾナ大学のSpace WatchとCatarina Sky Survey、NASAジェット推進研究所のNEAT(Near-Earth Asteroid Tracking)、ローウェル天文台のLONEOS(Lowell Observatory Near-Earth-Object Search)、ハワイ大学のPan-STARRAS(Panoramic Survey Telescope And Rapid Response Syastem)などがあり、日本でも美星スペースガードセンターが観測を行っている。このように多くの観測体制が敷かれる理由は、そもそもNEOが非常に観測しにくい事が背景にある。しかも現在、昼間に観測することは事実上不可能である。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たラテン語

    発見者(既に死去している場合は軌道確定のための計算を行なった者)によって提案された新小惑星の名前は IAU の小天体命名委員会によって審査される。名前はラテン語化するのが好ましいというのが世界的な暗黙の了解事項であるが、現在ではそうでないものも多い。その他にも、「発音可能な英文字で16文字以内であること」、「公序良俗に反するもの、ペットの名前、既にある小惑星と紛らわしい名前は付けられない」、「政治・軍事に関連する事件や人物の名前は没後100年以上経過し評価が定まってからでないとつけられない」、「命名権の売買は禁止」などの基準がある1。小惑星 フレッシュアイペディアより)

151件中 41 - 50件表示

「小惑星」のニューストピックワード