153件中 51 - 60件表示
  • 小惑星

    小惑星から見たパラス (小惑星)

    1781年の天王星発見当時、ティティウス・ボーデの法則から、火星と木星の間に未知の惑星を探索する試みが行われた。1801年に (1) ケレスが発見されたが、翌1802年に (2) パラス、1804年に (3) ジュノー、1807年には (4) ベスタと、同じような位置に天体が相次いで発見されたこと、またいずれも惑星と呼ぶにはあまりに小さいことから、やがて惑星とは区別されるようになった。小惑星 (asteroid) という語は、1853年初めに考え出された。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たアモール群

    アモール群…軌道長半径が1 AU以上で近日点が1.017 AU以上1.3 AU以下のもの。アポロ群とまとめて、アポロ・アモール天体ということもある。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た漢字文化圏

    小惑星名を日本語で表記する方法は、メディア等によってまちまちである。片仮名もしくはアルファベットで表記する場合もあり、日本や中華人民共和国など、漢字文化圏に因んで命名された小惑星に関しては、漢字表記する場合もある。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たアポロ群

    アポロ群…軌道長半径が1 AU以上で近日点が1.017 AU以下のもの。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たクワオアー

    1990年代以降は (50000) クワオアー (Quaoar) や (90377) セドナ (Sedna) といった、エッジワース・カイパーベルトや、さらにその外側にあるtrans-Neptunian objects(太陽系外縁天体、TNO)が続々と発見されるようになった。これらはメインベルトの小惑星 (asteroid) とは起源が異なると考えられているが、同様に小惑星 (Minor planet) として登録されている。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た太陽系の形成と進化

    惑星形成論の研究や、将来的な資源利用への布石として、小惑星探査が進められている。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た女神

    当初は他の惑星と同じように、小惑星に対してもローマ神話の神の名が与えられていた。やがて小惑星が多数見つかるようになると、他の神話の神や文学作品の登場人物、あるいは実在した人物や地名なども用いられるようになった。なお、初期に見つかった小惑星に女神の名が付けられたことから、男性の名前でも女性化して命名されていた。例としては (511) ダビダ(デイヴィッド・トッド (David Tod) →Davida)などがある。そして、1896年に最初の地球軌道に接近する小惑星、1906年に最初のトロヤ群小惑星が発見されると、それらのように特異な軌道を持つ小惑星には男性名(神または英雄など)が付けられることになった(上記の2個はそれぞれ (433) エロス、(588) アキレスと命名された)。その後、小惑星の数が更に増加するにつれて名前の数が足りなくなる恐れが出てきたため、比較的自由な命名が赦されるようになった。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た火災

    小惑星は地球への衝突の可能性を有している。ユカタン半島にあるチュクシュルーブ・クレーターの調査から、約6550万年前に秒速10~20kmの速度で衝突した直径10kmの小惑星は、大型の恐竜を全滅させたと考えられている。クレーターは直径150km、深さ30km。周辺はマグニチュード11規模の地震と大規模の火災が発生し、海に落ちたために生じた津波は高さ300mと推定される。さらに、衝突で巻き上げられた塵が成層圏に及んで漂い、数ヶ月から数年間太陽光線を遮り、植物など光合成生物の死滅に端を発し生物全体の70%が滅んだと推測される。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たガスプラ (小惑星)

    そして、1989年に打ち上げられた木星探査機ガリレオにより、1991年に (951) ガスプラ、1993年に (243) イダの映像が撮影され、人類は初めて小惑星の鮮明な映像を目にした。なお、ガリレオはイダに初めて衛星を発見し、ダクティルと名づけられた。その後も、主に地上での観測により170個以上(2010年現在)の小惑星に衛星の存在が確認されている(小惑星の衛星参照)。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た太陽系

    ウィリアム・ハーシェルによって、(当時の)望遠鏡で見ると恒星のように見えることから、ギリシャ語の (aster:恒星)と (eidos:姿、形)からアステロイド「asteroid:恒星のようなもの」と命名された。太陽系内の惑星より小さな天体であることから「minor planet:小さな惑星」、「planetoid:惑星のようなもの」などとも呼ばれた。現在では minor planet のうち、岩石を主成分とするものを asteroid と称する。小惑星 フレッシュアイペディアより)

153件中 51 - 60件表示

「小惑星」のニューストピックワード