151件中 81 - 90件表示
  • 小惑星

    小惑星から見たセドナ (小惑星)

    1990年代以降は (50000) クワオアー (Quaoar) や (90377) セドナ (Sedna) といった、エッジワース・カイパーベルトや、さらにその外側にあるtrans-Neptunian objects(太陽系外縁天体、TNO)が続々と発見されるようになった。これらはメインベルトの小惑星 (asteroid) とは起源が異なると考えられているが、同様に小惑星 (Minor planet) として登録されている。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たドーン (探査機)

    2007年に打ち上げられたドーンは、2011年に(4) ベスタの周回軌道に乗って観測を行い、2012年にベスタの軌道を離脱した。2015年に (1) ケレスに到達する予定である。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たオールトの雲

    ダモクレス族 (Damocloid)…長楕円軌道や、黄道平面から大きく傾いた軌道を取る。オールトの雲由来だと考えられている。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たアポロ群

    アポロ群…軌道長半径が1 AU以上で近日点が1.017 AU以下のもの。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たマティルド (小惑星)

    1996年に打ち上げられたNEARシューメーカーは、1997年に (253) マティルド、2000年に (433) エロスの映像を撮影し、探査機はエロスの周回軌道に乗った後に着陸を果たした。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たクワオアー

    1990年代以降は (50000) クワオアー (Quaoar) や (90377) セドナ (Sedna) といった、エッジワース・カイパーベルトや、さらにその外側にあるtrans-Neptunian objects(太陽系外縁天体、TNO)が続々と発見されるようになった。これらはメインベルトの小惑星 (asteroid) とは起源が異なると考えられているが、同様に小惑星 (Minor planet) として登録されている。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見た星食

    望遠鏡でも点状にしか見えないため、1990年代に入るまで、小惑星の研究は軌道の確定や光度の測定に留まり、その姿については想像の域を出なかった。しかし、恒星による形状の推定、ハッブル宇宙望遠鏡などの高性能の望遠鏡による観察やレーダー測定により、大きさや形状など、その姿が徐々に明らかになってきた。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たユカタン半島

    小惑星は地球への衝突の可能性を有している。ユカタン半島にあるチュクシュルーブ・クレーターの調査から、約6550万年前に秒速10~20kmの速度で衝突した直径10kmの小惑星は、大型の恐竜を全滅させたと考えられている。クレーターは直径150km、深さ30km。周辺はマグニチュード11規模の地震と大規模の火災が発生し、海に落ちたために生じた津波は高さ300mと推定される。さらに、衝突で巻き上げられた塵が成層圏に及んで漂い、数ヶ月から数年間太陽光線を遮り、植物など光合成生物の死滅に端を発し生物全体の70%が滅んだと推測される。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たバリンジャー・クレーター

    直径10km規模の小惑星衝突は1億年に1回程の頻度で起こると考えられる。直径1kmの小惑星衝突でも地球規模の気候に変動を与えると考えられ、その頻度は100万年に1回程と推定される。これより小規模な衝突は影響こそ限定的になるが、その反面頻度は上昇する。直径1.2kmのバリンジャー・クレーターを作った隕石は直径50m規模であったが、頻度は1000年に1回程あると考えられる。小惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 小惑星

    小惑星から見たアリゾナ大学

    NEAと、やはり衝突が懸念される彗星(Near Earth Comet, NEC)と合わたNEO(Near Earth Object, 地球近傍天体)を監視する計画は、NASAとアメリカ空軍、マサチューセッツ工科大学の共同によるLINEAR(Lincoln Near Earth Asteriod Research)、アリゾナ大学のSpace WatchとCatarina Sky Survey、NASAジェット推進研究所のNEAT(Near-Earth Asteroid Tracking)、ローウェル天文台のLONEOS(Lowell Observatory Near-Earth-Object Search)、ハワイ大学のPan-STARRAS(Panoramic Survey Telescope And Rapid Response Syastem)などがあり、日本でも美星スペースガードセンターが観測を行っている。このように多くの観測体制が敷かれる理由は、そもそもNEOが非常に観測しにくい事が背景にある。しかも現在、昼間に観測することは事実上不可能である。小惑星 フレッシュアイペディアより)

151件中 81 - 90件表示

「小惑星」のニューストピックワード