111件中 11 - 20件表示
  • 関口雄飛

    関口雄飛から見た小林可夢偉小林可夢偉

    2017年もTEAM WedsSport BANDOHから、国本とコンビを組み参戦する。また、3人ドライバー制の富士500kmでは2016年全日本F3チャンピオンの山下健太、鈴鹿1000kmでは、元F1ドライバーでSUPER GT初参戦となる小林可夢偉をチームメイトに迎い入れ4位を獲得した。関口雄飛 フレッシュアイペディアより)

  • マーカス・エリクソン

    マーカス・エリクソンから見た小林可夢偉小林可夢偉

    2014年1月21日、ケータハムF1チームとの契約締結を発表した。チームメイトは2012年までザウバーのドライバーだった小林可夢偉。エリクソンは、1991年にF1から去ったステファン・ヨハンソン以来となる23年ぶりのスウェーデン人F1ドライバーとなった。第6戦モナコGPでは同胞のレジェンドドライバーであるロニー・ピーターソンと同じカラーリングのスペシャルヘルメットで参戦し敬意を表した。シーズン終盤、チームが第16戦ロシアGPを最後に財政難から参戦を断念することになり、シーズン終了を待たずにケータハムとの契約を自ら解除。最終戦でチームが復活した際にはウィル・スティーブンスが代わりに出走した。決勝最高位はモナコでの11位。マーカス・エリクソン フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た小林可夢偉小林可夢偉

    まずまずの戦闘力を持つマシンを手にし、「これでダメなら引退」との思いで臨んだシーズン中盤のイギリスGPで6位初入賞し、終盤のスペインGPでも再び6位入賞を記録。次戦日本GPでは上位勢がクラッシュなどで離脱する波乱のレースを、一時はファステストラップを記録して生き残り、ついに3位初表彰台を獲得した。これは2004年アメリカGPで佐藤琢磨が3位入賞するまで、長い間アジア人(および日本人)ドライバーとして唯一のF1における表彰台だった。母国日本グランプリにおいても、2012年に小林可夢偉が表彰台に上がるまで唯一の日本人ドライバーであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋一貴

    中嶋一貴から見た小林可夢偉小林可夢偉

    第16戦ブラジルGPでは、ティモ・グロックの代役としてF1デビューを果たした小林可夢偉にスタート後の3コーナーでオーバーテイクされ、抑え込まれた。皮肉にも同じコーナーにて、第2スティントでピットアウト直後の小林から接触されてレースを終えた。その後もポイント圏内に入る事が出来ず、今年度はノーポイントだった。そしてウィリアムズとの契約更新も出来ず今年度をもってチームから放出された。中嶋一貴 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラE

    フォーミュラEから見た小林可夢偉小林可夢偉

    電気自動車であることから、マシントラブルの原因は電気系統に係わる箇所が大半となり、燃費と同語彙で「電費」やガス欠と同語彙で「電欠」など特徴的な言い回しも散見されるほかに、車両順位と速度に併せバッテリー残量も実況に反映される。またバッテリーの発熱が問題となることが多く、小林可夢偉によれば「ファンブーストを使うとバッテリーの温度が上がって後で大変なことになる」「発熱によりリアブレーキの回生システムがシャットダウンすることがあり、そうなると突然ブレーキが効かなくなる」といった問題が発生するという。フォーミュラE フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・TS050 HYBRID

    トヨタ・TS050 HYBRIDから見た小林可夢偉小林可夢偉

    2016年3月24日、ポール・リカールの合同テストでTS050が一般公開された。引退したアレクサンダー・ヴルツに代わって小林可夢偉が加入し、5号車(中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソン)と6号車(小林、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイ)のラインナップでWECに参戦する。トヨタ・TS050 HYBRID フレッシュアイペディアより)

  • Kamui Kobayashi

    Kamui Kobayashiから見た小林可夢偉小林可夢偉

    Kamui Kobayashi フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム

    トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラムから見た小林可夢偉小林可夢偉

    2006年度においては、フォーミュラ3・ユーロシリーズに、中嶋一貴・平手晃平(伴にManor Motosport所属)小林可夢偉(ASM Formula3所属)の3名を派遣した。平手・中嶋はそれぞれ1勝ずつを挙げ、小林も表彰台を3回獲得した。トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム フレッシュアイペディアより)

  • 2008年から2009年のGP2アジアシリーズ

    2008年から2009年のGP2アジアシリーズから見た小林可夢偉小林可夢偉

    2008年のGP2シリーズに参加するチームの内、レーシング・エンジニアリングを除く全てのチームが参戦し、加えて13番目のチームとしてメリタスが参加した。小林可夢偉が最終戦バーレーンでチャンピオンを獲得した。2008年から2009年のGP2アジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • SLカートスポーツ機構

    SLカートスポーツ機構から見た小林可夢偉小林可夢偉

    JAFのカートライセンスは満10歳にならないと取得できないのに対し、SLライセンスはヤマハの「TRYカートスクール」受講者であれば満8歳から取得が可能である。また、古くはトヨタ・2000GT、最近ではレクサス・LFAのエンジンを共同開発するなどといった、ヤマハ発動機とトヨタ自動車の親密な関係を背景に、SL全国大会の成績優秀者をフォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)に特別招待するといったスカラシップ制度もある。そのため、将来プロのレーシングドライバーを目指す子供にとっては、SLライセンスを取得して「SLカデット」クラスに参戦することでいち早く経験を積み、そこからステップアップして行くことでプロを目指すというルートがキャリアパスの一つとなっており、単なるホビーレーサーのためのレースとは言えない一面もある。SLカート出身の有名ドライバーとしては小林可夢偉などがいる。SLカートスポーツ機構 フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「小林可夢偉」のニューストピックワード