111件中 31 - 40件表示
  • 2009年日本グランプリ (4輪)

    2009年日本グランプリ (4輪)から見た小林可夢偉小林可夢偉

    これにより、トヨタは予選2位のヤルノ・トゥルーリの1台だけで決勝に臨むことになった(金曜日のフリー走行で体調不良のグロックの代わりに出走していた小林可夢偉は代走の条件である予選前のフリー走行3回目で出走していないため)。2009年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・TF109

    トヨタ・TF109から見た小林可夢偉小林可夢偉

    第14戦シンガポールGPから改良型サスペンションを投入し、2戦連続2位と復調した。ティモ・グロックは負傷により日本GP以降を欠場し、残り2戦はTDP出身の小林可夢偉が出場。最終戦アブダビGPはダブル入賞でシーズンを締めくくった。トヨタ・TF109 フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・ザウバー

    ペーター・ザウバーから見た小林可夢偉小林可夢偉

    2012年、ザウバーはカルテンボーンにチーム株式の1/3を譲り、シーズン終盤には69歳の誕生日を前にしてチーム代表を彼女に託し、第一線から退くことを表明した。ザウバーグループの取締役会議長は引き続き勤める。この決断をしたのは日本GPで小林可夢偉が3位表彰台を獲得した直後だったと語っている。ペーター・ザウバー フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ジョーンズ

    アラン・ジョーンズから見た小林可夢偉小林可夢偉

    日本人F1ドライバーの小林可夢偉を高く評価している。アラン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年日本グランプリ (4輪)

    2012年日本グランプリ (4輪)から見た小林可夢偉小林可夢偉

    3位のジェンソン・バトン(マクラーレン)と10位のニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)はともにギアボックス交換のペナルティを受け、バトンは8番グリッド、ヒュルケンベルグは15番グリッドに降格した。バトンの降格により、4位の小林可夢偉(ザウバー)が日本GPにおいて日本人選手最高となる3番グリッドからスタートすることになった。2012年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 超速GO音

    超速GO音から見た小林可夢偉小林可夢偉

    小林可夢偉:パーソナリティ。超速GO音 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアントキリング (テレビ番組)

    ジャイアントキリング (テレビ番組)から見た小林可夢偉小林可夢偉

    ジャイアント:小林可夢偉ジャイアントキリング (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年カナダグランプリ

    2012年カナダグランプリから見た小林可夢偉小林可夢偉

    Q2もバトンは0.008秒差で小林可夢偉をかわしてのQ3進出となった。2012年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション

    フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーションから見た小林可夢偉小林可夢偉

    ただし、これら脱退したチームも前述の「Fan's Forum」などのイベントへの協力は続けており、2012年の日本GP直前に開かれたFOTA主催のファンミーティングには、小林可夢偉(ザウバー)、浜島裕英(フェラーリ)といったFOTAを脱退したチームの関係者が出席している。日本GPで行われたFOTAの会議には、レッドブルとトロ・ロッソを除く全チームが出席した。フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た小林可夢偉小林可夢偉

    2010年は長く在籍したマクラーレンを離れ、ザウバーのレギュラーシートを獲得。小林可夢偉のチームメイトとしてF1に参戦。開幕戦からモナコGPまでの6戦はあまりにも低かったマシンの信頼性の為、完走はオーストラリアGPのみのただ1戦であり、マレーシアGPに関しては決勝出走すらできない程の惨憺たる状況だった。しかし、チームの懸命な開発もあってトルコGPから復調の兆しをみせ、マシンの安定性と信頼性共に向上し、ハンガリーGPでは予選9位から堅実な走りをみせて7位入賞を果たした。デ・ラ・ロサの入賞は2006年ブラジルGP以来、実に3年10カ月ぶりの入賞であった。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

111件中 31 - 40件表示

「小林可夢偉」のニューストピックワード