70件中 31 - 40件表示
  • アラン・ジョーンズ

    アラン・ジョーンズから見た小林可夢偉小林可夢偉

    日本人F1ドライバーの小林可夢偉を高く評価している。アラン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・グロック

    ティモ・グロックから見た小林可夢偉小林可夢偉

    2009年、前年と同じ体制で参戦。第4戦バーレーンGPでは予選でチームメイトのヤルノ・トゥルーリとフロントローを独占、自己最高の2位を獲得すると、決勝ではスタートでトゥルーリを交わし最初のピットストップまでトップを走行した。しかし、タイヤ戦略の失敗からペースが上がらず最終的には7位でレースを終えた。第11戦ヨーロッパGPでは決勝14位ながら自身初のファステストラップを記録した。第14戦シンガポールGPではクラッシュが続出する中で2位となり、表彰台にのぼったが、翌週の第15戦日本GPでは予選Q2セッション中、最終コーナーでクラッシュし、精密検査の結果決勝以降の今季の残りのレースは欠場することとなり、次戦ブラジルGP以降の代役は小林可夢偉が務めることとなった。グロックはトヨタと複数年契約を結んでいたと見られ、来シーズンの残留は濃厚であった。しかし、2009年シーズン終了直後にトヨタがF1から撤退を表明した為、他チームへ移籍しなければならなくなった。グロックはトヨタとの契約があることは事実でありながらもチームが存続する可能性が低いと見ていたのもあり、既に他チームへの移籍を視野に入れていたと考えられる。ティモ・グロック フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・ルノー

    フォーミュラ・ルノーから見た小林可夢偉小林可夢偉

    小林可夢偉 - 2005年、ユーロカップ、イタリア選手権ともにシリーズチャンピオンを獲得フォーミュラ・ルノー フレッシュアイペディアより)

  • 107%ルール

    107%ルールから見た小林可夢偉小林可夢偉

    次戦トルコGPにて、ザウバーの小林可夢偉がQ1走行中にマシントラブルが発生により、タイムは記録できなかった、107%ルールの導入以来初めて「予選タイムを計測ことができずによって107%ルールの審議対象となった」案件である。ただし、フリー走行の結果と反映しても107%ルールに抵触することなく予選を突破できたと判断されたため、彼の決勝出走が認められた(後に10位入賞)。同年にて上述のケースに類似したケースを8件だが、全てのドライバーの決勝出場が認められた。107%ルール フレッシュアイペディアより)

  • 2012年日本グランプリ (4輪)

    2012年日本グランプリ (4輪)から見た小林可夢偉小林可夢偉

    3位のジェンソン・バトン(マクラーレン)と10位のニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)はともにギアボックス交換のペナルティを受け、バトンは8番グリッド、ヒュルケンベルグは15番グリッドに降格した。バトンの降格により、4位の小林可夢偉(ザウバー)が日本GPにおいて日本人選手最高となる3番グリッドからスタートすることになった。2012年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見た小林可夢偉小林可夢偉

    2010年は長く在籍したマクラーレンを離れ、ザウバーのレギュラーシートを獲得。小林可夢偉のチームメイトとしてF1に参戦。開幕戦からモナコGPまでの6戦はあまりにも低かったマシンの信頼性の為、完走はオーストラリアGPのみのただ1戦であり、マレーシアGPに関しては決勝出走すらできない程の惨憺たる状況だった。しかし、チームの懸命な開発もあってトルコGPから復調の兆しをみせ、マシンの安定性と信頼性共に向上し、ハンガリーGPでは予選9位から堅実な走りをみせて7位入賞を果たした。デ・ラ・ロサの入賞は2006年ブラジルGP以来、実に3年10カ月ぶりの入賞であった。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • 井上隆智穂

    井上隆智穂から見た小林可夢偉小林可夢偉

    発言には物議を醸すものもあったが、2012年のF1世界選手権よりキミ・ライコネンがF1復帰することを、世界中のどの情報誌よりも速くリークさせていることや、小林可夢偉との交流を密接に持っていることを話していることから、若手ドライバーのマネージャー業などのF1にかかわるビジネスを中心に行っていると考えられる。井上隆智穂 フレッシュアイペディアより)

  • チームオーダー

    チームオーダーから見た小林可夢偉小林可夢偉

    F1ドライバーであり、ピレリのタイヤテストドライバーであるペドロ・デ・ラ・ロサは2005年のトルコGPでルノーがチームオーダーを出したと批判している。疑惑となった内容は同グランプリの2周目に3位を走行するフェルナンド・アロンソに対し、2位を走行するチームメイトのジャンカルロ・フィジケラをオーバーテイクするようにチームラジオで指示を出している内容である。この件に関してはルノーのチーム監督フラビオ・ブリアトーレも一貫して反論したが、デ・ラ・ロサはGPDAの会長を務めるなどドライバーの公平性を考慮する立場であった時期もあり、一時はチームオーダーに対して否定的な考えを示していた。但し、2010年トルコGPにてチームメイトの小林可夢偉と10位入賞争いをしていたレース終盤、タイヤの摩耗により周回遅れのマシンにもパスされる程タイムを落とした小林のタイムから推測してデ・ラ・ロサがたやすく前に出てオーバーテイクする事が出来たと思われたが、チームから事実上のチームオーダーがあった為に11位に甘んじた事を告白した。その後のインタビューにて、チームの為になるのであればドライバーはそれをアシストするべきであると述べ、どのようにチーム側の指示を秘匿・隠蔽してもすでに観客の目は欺けない事態にまで発展しておりチームオーダー禁止令は廃止するべきであると考えている。チームオーダー フレッシュアイペディアより)

  • F1世界選手権の歴史

    F1世界選手権の歴史から見た小林可夢偉小林可夢偉

    2009年にはホンダの資産を引き継いだ新生ブラウンGPがドライバーズ(ジェンソン・バトン)、コンストラクターズの2冠を達成する快挙を演じ、トヨタではTDP出身の小林可夢偉が代役デビューで健闘した。しかし、2010年に向けては富士スピードウェイの日本GP継続断念に続き、本体のトヨタもF1活動撤退を発表。ブリヂストンも2010年限りでのタイヤ供給終了を発表するなど暗い話題が続いている。ホンダ、トヨタの突然の撤退決断の背景には、レース活動の中でも桁違いなF1コストの問題とともに、本業の急務である低公害車開発に資本と人材を集中するという理由がある。F1世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見た小林可夢偉小林可夢偉

    ただし、この件に関して、小林可夢偉は「ストレートで並んだら、幅寄せされるのが当然」というように、バリチェロの対応に対して他とは違った意見を述べた。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「小林可夢偉」のニューストピックワード

  • スピード×サウンド トロフィー(SSトロフィー)

  • ドライバーズチャンピオン目指して、最後まで全力を尽くす

  • タイトル争いへ多くのポイントを獲得したい