215件中 91 - 100件表示
  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見た北斗の拳

    2012年のF1日本GP翌日に催されたファンミーティングでは「自身の名前が漫画『カムイ伝』から採られた」「漢字は全くの当て字」と語った。小林の兄に「北斗」と命名したところ、後に『北斗の拳』がブームになり、「マンガのタイトルからとれば将来いけるんちゃうん?」という父の考えから、カムイ伝から名前をもらった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たカナダグランプリ

    第7戦カナダGP予選はQ2敗退となり11番手となった。決勝ではシューマッハのリタイアなどもあり予選グリッドから2つポジションを上げ9番手で入賞を果たした。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見た世界ラリー選手権

    2010年、同じF1ルーキーのヴィタリー・ペトロフやニコ・ヒュルケンベルグ、GP2のジュール・ビアンキやサム・バード、世界ラリー選手権(WRC)に転向したキミ・ライコネンらを抑えて、「AUTOSPORT Awards」のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たマルシャF1チーム

    第6戦モナコGPモナコGPでは荒れた展開だったが、ショートカットをしてしまったため、後方のキミ・ライコネンに順位を譲った際にライバルであるマルシャのジュール・ビアンキに強引にスペースに入り込まれ、順位を奪われた挙句、接触でダメージを負った。その影響でチームメイトのエリクソンにもオーバーテイクされ、ビアンキが9位、エリクソンが11位に対して13位に終わる。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たグッドスマイルレーシング

    グッドスマイルカンパニーが2010年8月よりパーソナルスポンサーとなっており、「ねんどろいど」と「figma」で小林をフィギュア化し、それぞれ2012年3月に発売した。ねんどろいど版はチャリティー企画「Cheerful JAPAN!」において“がんばれ日本Ver.”も作成・販売された。小林は2011年にグッドスマイルレーシングのスペシャルサポーターとなった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たサード (企業)

    また、2018年はTEAM SARDよりSUPER GTに元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンとタッグを組みフル参戦する。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たTBSテレビ

    1998年に放送されたTBSの30時間特別番組『テレビのちから』のコーナー「スーパーキッズ21世紀夢チャレンジ」にて、当時小学6年生だった小林は「天才カート少年」として紹介され、定岡正二や元F1ドライバー鈴木亜久里とカート対決を行った。亜久里とのレースでは勝利しながらもレース後目に涙を浮かべ、「悔しかった。遊ばれとった」と発言した。F1ドライバーになって以降も「この悔しかった心境を鮮明に覚えている」と発言している。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たグッドスマイルカンパニー

    グッドスマイルカンパニーが2010年8月よりパーソナルスポンサーとなっており、「ねんどろいど」と「figma」で小林をフィギュア化し、それぞれ2012年3月に発売した。ねんどろいど版はチャリティー企画「Cheerful JAPAN!」において“がんばれ日本Ver.”も作成・販売された。小林は2011年にグッドスマイルレーシングのスペシャルサポーターとなった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たマッドクロック

    ザウバーのスポンサーのひとつであるマッドクロックは、2011年より販売開始した日本におけるイメージキャラクターとして、小林とプロボクサーの粉川拓也を起用した。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見た鈴鹿サーキット

    2010年日本GPではヘアピンへのブレーキングで5度のオーバーテイクを成功させ、ライバルや海外メディアに賞賛され、F1公式サイトのコメンタリでは「overtaking king Kobayashi」と絶賛された。レース後、イギリスのテレビ局BBCは小林に対して独占インタビューを行い、コメンテイターのエディ・ジョーダン、マーティン・ブランドルより絶賛を受けた。デビッド・クルサードはコラムにおいて「日曜に彼が見せたオーバーテイクは驚異的だった。アグレッシブでありながらコントロールされており、非常に素晴らしかった」と述べた。また鈴鹿サーキットでは、2011年の日本GPにおいてヘアピンの観客席を増設し「小林可夢偉応援席」として販売したが、通常発売期間を待たずして先行予約期間ですぐに完売してしまった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

215件中 91 - 100件表示

「小林可夢偉」のニューストピックワード