171件中 11 - 20件表示
  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たティモ・グロック

    2009年10月2日に開幕したF1第15戦日本グランプリで、トヨタF1チームのレギュラードライバーであるティモ・グロックが体調不良により金曜フリー走行を急遽欠場したため、リザーブドライバーであった小林がその代役として出走した。翌日はグロックが復帰したものの、そのグロックは公式予選でクラッシュして脊椎を負傷したため、次戦以降を欠場することになった。これにより、小林は10月18日の第16戦ブラジルグランプリでF1デビュー、日本人としては18人目のF1ドライバーとなった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見た宮川大輔 (タレント)

    2012年9月にはバラエティの『世界の果てまでイッテQ!』特番に出演し、お笑いタレントの宮川大輔とともにタイの木の車祭りに参加した。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見た中嶋悟

    開幕戦オーストラリアGPでは、スタート時の接触によりリアウィングの翼端板が破損、DRSの使用に不安が生じた。そんな中で上位陣のクラッシュもあり6位入賞を果たした。第3戦中国GPではフリー走行から安定した走りを見せ、最終的に自己最高となる予選4位を記録する。予選2位のルイス・ハミルトンのペナルティにより決勝は3番手からのスタートとなったが、スタート時にトラブルが発生し順位を落とす。しかし10位でフィニッシュし、日本人としては1989年最終戦オーストラリアGPに中嶋悟が達成して以来23年ぶり、ザウバーチーム(BMW時代を除く。)としては初めてのファステストラップを記録した。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たニック・ハイドフェルド

    2009年12月17日、ザウバーとのレギュラードライバー契約を発表し、撤退したトヨタを離れ2010年シーズンから新天地でのフル参戦が実現した。チームメイトはベテランのペドロ・デ・ラ・ロサ。第15戦シンガポールGPからデラ・ロサに替わりニック・ハイドフェルドがチームメイトになった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たアイルトン・セナ

    9歳でカートを始める。少年の頃より憧れのドライバーはアイルトン・セナであると発言している。1996年にカートレースにデビュー、実績を積み重ね2000年には全日本ジュニアカート選手権のシリーズチャンピオンとなる。2001年は全日本カート選手権にステップアップし、ICAクラスに参戦してシリーズチャンピオンを獲得、またフォーミュラトヨタレーシングスクール(FTRS)を受講しスカラシップを得た。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たリンキン・パーク

    2011年11月には、ヘルメットのデザインをリンキン・パークのジョー・ハーンに手掛けてもらった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たマーク・ウェバー

    開幕戦オーストラリアGPでは入賞圏内である8位でゴールしたが、レース後の検査でリアウイングに違反があったとして失格処分となった。第2戦マレーシアGPでは、マーク・ウェバーやミハエル・シューマッハらとの接戦を繰り広げ見事7位入賞。前戦の雪辱を晴らし、第3戦中国GP、第4戦トルコGP、第5戦スペインGPまで3戦連続で10位入賞を記録し、日本人F1ドライバーの中で最もポイント獲得している佐藤琢磨の記録「44ポイント」と並んだ。又、同じく佐藤が記録した日本人による連続入賞記録(2004年イタリアグランプリから2004年ブラジルグランプリまで)である「4戦」も並んだ。翌第6戦モナコGPでは同僚のセルジオ・ペレスがシケインで大クラッシュを演じ同グランプリの決勝レースを欠場。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たフェルナンド・アロンソ

    ヨーロッパGPでは予選18位からのスタートであったが、セーフティーカー出動の混乱を巧みに乗り切り、レース終盤の53周目までタイヤを交換しないという策に出る。その53周までのレースの大半を3位で走行し、レギュレーション上のタイヤ交換義務でソフトタイヤに履き替え9位でレースに戻り、新しいタイヤのグリップ力を活かし残り2周でフェラーリのフェルナンド・アロンソを、ファイナルラップの最終コーナーでトロ・ロッソのセバスチャン・ブエミをオーバーテイクし7位入賞を果たして、その印象的な走りは評価された。終始4位に抑えこまれていたマクラーレンのジェンソン・バトンも、インタビューで小林の走りについて"Brilliant!"(素晴らしい!)と称賛した。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たポール・ディ・レスタ

    2006年はASM Formule 3(現在のARTグランプリのF3部門)からダラーラF305・メルセデスでF3・ユーロシリーズを戦い、ランキング8位ながらルーキーカップを獲得した。またF3マカオGPにも出場しポールポジションを獲得する健闘を見せるが決勝は19位で終えた。この時のチームメイトはセバスチャン・ベッテル、このシーズンのチャンピオンを獲得したポール・ディ・レスタ、そしてギド・ヴァン・デル・ガルデであった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たキミ・ライコネン

    2010年、同じF1ルーキーのヴィタリー・ペトロフやニコ・ヒュルケンベルグ、GP2のジュール・ビアンキやサム・バード、世界ラリー選手権(WRC)に転向したキミ・ライコネンらを抑えて、「AUTOSPORT Awards」のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

171件中 11 - 20件表示

「小林可夢偉」のニューストピックワード

  • スピード×サウンド トロフィー(SSトロフィー)

  • ドライバーズチャンピオン目指して、最後まで全力を尽くす

  • タイトル争いへ多くのポイントを獲得したい