215件中 71 - 80件表示
  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見た福田良

    2005年度はイタリアシリーズに加えユーロシリーズも戦い、両シリーズともチャンピオンを獲得。なお小林はヨーロッパのフォーミュラ・ルノー選手権においてシリーズチャンピオンを獲得した最初の日本人であり、ヨーロッパのフォーミュラカー選手権において日本人ドライバーがタイトルを獲得したのは2001年度に金石年弘・佐藤琢磨・福田良がそれぞれドイツ・イギリス・フランスのF3選手権でシリーズチャンピオンとなって以来のことであった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たフォーミュラ・ニッポン

    フォーミュラ・ニッポンで2009年から導入されている「オーバーテイクボタン」について、「前の車両が点滅を確認でき、オーバーテイクを防ごうとする。全くしょうもないボタンである」と苦言を呈している。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たフォース・インディア

    小林は2014年にトップチームへ移籍するため、2013年は「しっかりと戦えるチーム」のシート獲得を目指して交渉を行った。候補はロータスかフォース・インディアと考えられた。11月23日にはファンからの「資金協力をしたい」という声に応える形で、支援金を募る「KAMUI SUPPORT」を公式サイトに開設。12月18日までに1億8400万相当が集まり、日本企業のスポンサーを含めて800万ユーロ(約8.8億円)強の資金を確保した。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たザウバー

    2009年12月17日、ザウバーとのレギュラードライバー契約を発表し、撤退したトヨタを離れ2010年シーズンから新天地でのフル参戦が実現した。チームメイトはベテランのペドロ・デ・ラ・ロサ。第15戦シンガポールGPからデラ・ロサに替わりニック・ハイドフェルドがチームメイトになった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たドバイ

    2008年-2009年シーズンとなったGP2アジアシリーズに、トヨタからのサポートを受けて参戦。2008年12月6日、ドバイGPにて08/09シーズンで初優勝。さらに2009年1月24日、バーレーンGPのレース1で優勝し、日本人初の連勝。2位に13ポイント差をつけランキング首位で挑んだ3月25日の最終戦、バーレーンの第1レースで4位入賞したことにより、第2レースを待たずしてアジアシリーズチャンピオンを獲得した。F1直下のカテゴリーで日本人が王座を獲得したのは初めてである。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たエビ

    実家は寿司屋を経営している。16歳からは家業の手伝いで寿司を握っていたことから、メディアでは「可夢偉はシートを失ったら実家の板前に転職する」とジョークを言われた。2009年のトヨタF1撤退決定の直後は「レースが続けられないなら寿司屋の修行をする」と語り、2010年の参戦決定後も「ザウバーと契約していなかったら今頃寿司を握っていたでしょう」と冗談を言った。実際のところ本人はエビやカニのアレルギー持ちで「触ることすらできない」ため、板前には「なりたくてもなれない」という。ザウバーの公式HPでは「好物は和食、ただし生魚を除く」と記載されている。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たフォーミュラ1

    また、2018年はTEAM SARDよりSUPER GTに元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンとタッグを組みフル参戦する。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たクラーク記念国際高等学校

    クラーク記念国際高等学校卒業後の2004年にはトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)の支援下、フォーミュラ・ルノー2.0イタリアシリーズに参戦しランキング7位。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たハースF1チーム

    最終戦アブダビGPではチームはクラウドファンディングなどによる資金調達により、参戦することが可能となり、小林の参戦も決定した。エリクソンが離脱を発表したため、チームメイトはウィル・スティーブンスとなった。また、小林はこのグランプリがF1でのラストランになる可能性が高いことを認めた。予選は19位で、マシンの様々な状況がスティーブンスよりも劣る状態にも関わらずスティーブンスに勝利した。しかし決勝では残り約10周というところでマシントラブルでリタイアとなり、小林は最後のレースを終えた。その後マノー・マルシャと交渉したり、ハースF1の候補に上がるなどその後もF1復帰を目指していたが、現在2014年最終戦アブダビグランプリが小林最後のF1となっている。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たUstream

    初めて出演したラジオ番組は、2010年8月17日にUstreamで放送されたインターネットラジオ『タイムマシン部』であった。収録内容はUstreamにアーカイブされており視聴可能1。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

215件中 71 - 80件表示

「小林可夢偉」のニューストピックワード