329件中 11 - 20件表示
  • 第54回NHK紅白歌合戦

    第54回NHK紅白歌合戦から見た小林幸子小林幸子

    小林幸子の衣装セットが本番で故障し、巨大な完全体を披露できずに終わった。客席からのブーイングですぐに分かったという。小林は1ヶ月半後『NHK歌謡コンサート』で同衣装を再び披露し成功した。第54回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第58回NHK紅白歌合戦

    第58回NHK紅白歌合戦から見た小林幸子小林幸子

    それまで舞台両手に設置されていた曲紹介などを行うステージを番組の最初・最後などを除き下手のみとし、セットチェンジの間には、笑福亭鶴瓶ら司会陣と出場歌手(カールスモーキー石井(米米CLUB)、小林幸子、aikoで、小林の時のみ両軍司会他は鶴瓶のみ)のフリートークが行われるなど、例年にはない演出が多く見られた。これは鶴瓶が白組司会を受諾するにあたり、民放での自身の司会番組で多用している「アドリブ」を紅白でも同様に多用したと云う要望に配慮してのものである。第58回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第62回NHK紅白歌合戦

    第62回NHK紅白歌合戦から見た小林幸子小林幸子

    企画終了後は、毎年パフォーマンスで大掛かりな衣装を披露している小林幸子が歌唱した。歌唱前の曲紹介時には、小林の衣装を毎年楽しみにしているというSMAPの稲垣吾郎が登場した。リハーサルの段階から披露された衣装のセットは「メガ獅子」と呼ばれる巨大な獅子をかたどったもので、長さは8.03m、高さは6m、重さは2.5tにおよぶものである(長さを8mまたは8.3mとする報道や、高さを6.3mとする報道もある)。重さは2009年の「メガ幸子」の3tに次ぐものである。曲の途中には小林がメガ獅子の口に飲み込まれ、その後獅子の頭の上に再び登場する演出があった。また、小林が着用していたドレスに飾られていた稲穂は、小林の所有する田んぼで収穫し、乾燥させたものである。衣装のテーマは「五穀豊穣」。小林は東日本大震災の発生を受け、本紅白で衣装を大掛かりにすべきかどうか当初は悩んでいたが、訪れた被災地ではむしろ、多くの人から衣装を派手にしてほしいと言われた。その言葉で小林は悩むのをやめ、また「芸能人の使命は人々に笑顔を届けること」だと思い、派手な衣装を披露することに決めたという。衣装の制作はデューク松山が担当しており、2011年10月1日から設計に入り、完成したのは本番前日である12月30日の朝であった。制作に要した期間は過去最短である。第62回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • デビルマン (映画)

    デビルマン (映画)から見た小林幸子小林幸子

    小林幸子やボブ・サップ、小錦などの有名人のカメオ出演に全く意味がなく、話の緊張感を削ぐだけになっている。デビルマン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 菊池均也

    菊池均也から見た小林幸子小林幸子

    小林幸子特別公演『かあちゃん』(作:藤井清美/演:堤泰之、2010年、明治座 / 御園座) - 浜田 役菊池均也 フレッシュアイペディアより)

  • 演歌

    演歌から見た小林幸子小林幸子

    1977年にはカラオケが登場する。当時のカラオケは夜の盛り場で用いられることが多く、必然的に演歌が多くかけられた。丁度この頃のヒット曲は都はるみ「北の宿から」や石川さゆり「津軽海峡・冬景色」で、演歌の舞台には徐々に北方の雪景色が多数を占めるようになる。しかし若い世代の間では、ぴんからトリオなどの過剰な模倣(いわゆる「ド演歌」)の後は艶歌人気は続かなかった。1978年は艶歌のヒット作が出ず、同年の「第29回NHK紅白歌合戦」のトリはポップス系の山口百恵と沢田研二であった。1979年にはカラオケ酒場を主な舞台とした「演歌復興」が喧伝され、小林幸子「おもいで酒」、渥美二郎「夢追い酒」などの「酒」が演歌の重要な要素に加わる。演歌 フレッシュアイペディアより)

  • 第55回NHK紅白歌合戦

    第55回NHK紅白歌合戦から見た小林幸子小林幸子

    特別審査員を務めた橋田壽賀子が番組内で美川憲一に扮した応援ゲストのコロッケに感想を求められた際「知ってる歌が一つもない」と述べる一幕があった。また橋田は番組終了後に舞台袖で報道陣の取材を受けた際には、「大トリの小林幸子さんの「雪椿」だけ知っていた」と発言している。第55回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見た小林幸子小林幸子

    毎年豪華な衣装やセットが恒例となっている小林幸子の歌唱前には、前回の「メガ幸子」に衝撃を受けたことをAKB48の一部メンバーがコメントした。歌唱は羽を広げた巨大な「母鶴」のセットの上で行われた。セットの全長は8メートル、羽を広げた幅は13メートルであった。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第60回NHK紅白歌合戦

    第60回NHK紅白歌合戦から見た小林幸子小林幸子

    小林幸子は、歌唱時に小林をかたどったセット「メガ幸子」の手のひらの上で歌唱。このセットはリハーサルでも公開されており、高さ8.5メートル、幅8メートル、重さ3トンという過去最大規模のものである。第60回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 幸せ (小林幸子の曲)

    幸せ (小林幸子の曲)から見た小林幸子小林幸子

    『幸せ』(しあわせ)は、1997年8月30日に発売された小林幸子のシングルである。幸せ (小林幸子の曲) フレッシュアイペディアより)

329件中 11 - 20件表示

「小林幸子」のニューストピックワード