212件中 101 - 110件表示
  • 小林幸子

    小林幸子から見たザ・ベストテン

    1974年には第一プロダクションに移籍する。低迷時の1977年には雑誌平凡パンチのグラビア内でセミヌードを披露した。1979年に『おもいで酒』が有線放送から徐々に火がついてついに200万枚の大ヒットをする。この年の暮れ『第30回NHK紅白歌合戦』に出場、紅白初出場を果たす。『全日本有線放送大賞』グランプリ、『第21回日本レコード大賞』の最優秀歌唱賞に輝く(『おもいで酒』のレコード売り上げ枚数は大賞曲『魅せられて』を上回る。この年の『ザ・ベストテン』(TBS系)年間1位は『おもいで酒』である)。『いつみても波瀾万丈』内で語ったところによると、前年(1978年)の大晦日は熱海へ興行に来ており、終了後に小林のマネージャーやスタッフと一緒に紅白を見ながら「来年こそは絶対にヒット曲を出して紅白へ出たいな!」と話したところ、スタッフ達に「幸っちゃん、絶対無理だよ!!」と笑われてしまったが、翌年に本当にヒット曲を出せて初出場できたのが夢のようだったという。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た茨の木

    2012年8月20日、レコード会社・日本コロムビアと契約解除に合意。10月予定で当初小林自身の作詞・作曲による新曲をインディーズから発売することを考えていたが、10月17日に来年のデビュー50周年記念曲としてさだまさしに製作依頼していた『茨の木』を新曲として急遽発売した。先行配信日の9月27日には都内で新曲発表と新レーベル『Sachiko Premium Records(サチコプレミアレコード)』発足を発表。34年ぶりに各地をキャンペーン廻りするなどして、2012年末までに自主製作では異例の2万枚を売り上げている。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た生放送

    新潟県新潟市(現在の新潟市中央区)出身。1963年、9歳の小学4年生の時にTBS『歌まね読本』でグランドチャンピオンとなり、審査委員長の古賀政男にスカウトされる。当時はテレビの音楽番組などは生放送であり、夜7:30のテレビ出演というのは、当時の子供にとっては遅い時間帯であった。この9歳の少女ということも「美空ひばり」を彷彿させ、その「ひばり」のものまねも他の大人の出場者を圧倒する抜群の歌唱力と非常に似ているものまねの出来で、後に「第二のひばり」と言わせるものであった。これが古賀を唸らせ文句なくグランドチャンピオンを獲らせたのである。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見たおもいで酒

    1968年にはNET(現:テレビ朝日)で放映された青春ドラマ『青い太陽』に主演、背泳ぎでオリンピック出場を目指す女学生を演じ、同作の主題歌(エンディング曲)と挿入歌も歌う。しかし、歌手業ではヒット曲が続かず、またお手本としていたはずの美空ひばりの母親から、あまりにもひばりを模倣しているとの嫌悪感から敬遠され仕事が激減していき、15年の長い不遇が続く。当時、興行の世界を牛耳っていた山口組三代目に娘同然に可愛がられているひばりに嫌われることは致命的なことであった。しかし、後年『おもいで酒』の大ヒット後に音楽番組共演やドラマ共演などが縁となり、とても可愛がってもらったと語っている。ドラマ撮影時はスタジオ以外に街中や繁華街などでもロケをしたが、万一ひばりの身に何かあれば大変だと思い、周囲を気にしながら演技をしていたところ、ひばりに勘づかれ、「幸子ありがとう。私の心配をしなくても全然大丈夫よ!」と逆に気遣われてしまったという。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た雪椿

    1980年にはシングル『とまり木』も大ヒットした。その後も『ふたりはひとり』、『もしかしてPartII』(美樹克彦とのデュエット曲)、『雪椿』などの大ヒット作に恵まれ、紅白への連続出場も果たし、1991年 - 2009年まで紅白での美川憲一との派手な衣装対決は紅白恒例の話題作りとなっていた(美川は2010年以降は出場していない)。美川とはデビュー前後から古賀政男の元で一緒にレッスン指導を受けていたため、年齢は離れているが50年前からプライベートでも親交が深く「憲ちゃん」「幸ちゃん」と呼び合う仲で、音楽番組以外にもバラエティ番組などに仲良く出演するなどしており、デビュー当時からお互いの低迷時の苦労等も全て知り尽くしている。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見たワラッチャオ!

    4月10日放送分から、NHK BSプレミアム『ワラッチャオ!』の「アレンジ演歌道」のコーナーをうたのおねえさん役で担当。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見たABO式血液型

    小林 幸子(こばやし さちこ、1953年12月5日 - )は、日本の演歌歌手、女優、タレント、実業家。本名、林 幸子(はやし さちこ)。旧姓、小林。血液型A型。身長165cm。漫画家の小林まこととは親戚である。「幸子プロモーション」所属。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見たファンタシースターオンライン2

    同人歌手のビートまりおの依頼でビートまりお作詞の歌である「Help me, ERINNNNNN!!」の小林幸子ver.を作って欲しいという依頼を受け、コミックマーケット88にて「くーくり博麗お祭りえーりん!」というタイトルでCDを領布した事がある。オンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2」(PSO2)の挿入曲である「ヨーコソ・アークス」でもビートまりおが作詞・作曲・編曲を手掛けている。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見たほんまもん

    デビュー当初から女優業も行っており、座長としての舞台公演は勿論、テレビの2時間ドラマやNHK大河ドラマ『花の乱』、連続テレビ小説『ほんまもん』、テレビ朝日『OL銭道』などのドラマでも活動している。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見たOL銭道

    デビュー当初から女優業も行っており、座長としての舞台公演は勿論、テレビの2時間ドラマやNHK大河ドラマ『花の乱』、連続テレビ小説『ほんまもん』、テレビ朝日『OL銭道』などのドラマでも活動している。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

212件中 101 - 110件表示

「小林幸子」のニューストピックワード