212件中 11 - 20件表示
  • 小林幸子

    小林幸子から見たテレビ東京

    1997年、第9回日本ジュエリーベストドレッサー賞受賞。同年にテレビ東京系アニメ『ポケットモンスター』のエンディングテーマソング『ポケットにファンタジー』を歌い、以後何度かポケモン関連の活動を行っている。『ポケットにファンタジー』がテレビ初放映されたのはポケモンショックの回であった。同年にはイマクニ?、レイモンド・ジョンソンとのユニット・スズキサンとしてシングル『とりかえっこプリーズ』を発売。ポケモンカードゲームのCMソングとして流れた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た日本コロムビア

    その間には小林幸子(日本コロムビア)→小林さち子(ビクターエンタテインメント)→岡真由美(テイチク)→小林幸子(ワーナー・パイオニア)と幾度も改名したりレコード会社を移籍した。過去にはサンミュージックプロダクションにも所属していた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た勝新太郎

    翌1964年には新潟市内で肉屋を営んでいた家族とともに上京して古賀事務所に所属し、古賀作曲の『ウソツキ鴎』でデビュー。デビュー曲がいきなり20万枚のヒット曲となる。「天才少女歌手・ひばり二世」として、大映映画では子役としても活躍して共演した勝新太郎には『チビ』と呼ばれて大変可愛がられたと小林もテレビなどで語っている。当時まだ9歳の子供で分別もつかなかった小林が、ある時同期で親友の都はるみと楽屋内でワイワイ騒いでいたところ、ある先輩歌手が激怒し、島倉千代子にすぐに注意して来るよう命じた。島倉は仕方なしに小林と都の元へ注意に行き、「お幸、楽屋というところはお仕事をする場所でもあるし、ステージに立つ前の神聖な場所なのだから騒いだりするところじゃないのよ」と諭したという。小林はその当時から島倉のことを「母さん」と呼び慕い、島倉も小林を「幸」と呼び、亡くなるまでの50年間実娘のように可愛がられて大変親交が深かったという。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た中川翔子

    10月11日、中川翔子のコンサートツアー東京公演にサプライズで登場して、中川とコラボユニットを組んで「しょこたん▼さっちゃん」として10月28日にシングル「無限∞ブランノワール」を発売前に初披露。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た高田純次

    イケメン合衆国に出たとき、高田純次によって紅白で使用した衣装が被害を受けた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た浅野ゆう子

    姉御肌であり演歌やポップスなどの後輩歌手への世話や面倒見などがとてもよいそうで、中でも後輩歌手の柏原芳恵を妹の様に可愛がっており、柏原も小林を姉のように慕っている。柏原は『ザ・ベストテン2002』など様々な番組の中で「幸子姉さんには落ち込んでいる時に精神的に助けて頂いた」と感謝の念を述べている。また小林も「芳恵ちゃんはデビュー当時から変わらぬ初々しさで、とても可愛く、本当の妹の様に思っている」と返した。泉ピン子は美川憲一と同じく、互いの低迷時の苦労を知りつくしている親友であり、同期の水前寺清子に都はるみ、後輩の浅野ゆう子、グッチ裕三、コロッケや夏木マリ、牧村三枝子なども大の仲良しの親友である。中島啓江は生前20年に渡って小林を姉の様に慕い、幸子も可愛がっていた。中島の突然の逝去の際には小林は大変ショックを受け、悲しみをこらえながらマスコミに追悼コメントを寄せている。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た水前寺清子

    姉御肌であり演歌やポップスなどの後輩歌手への世話や面倒見などがとてもよいそうで、中でも後輩歌手の柏原芳恵を妹の様に可愛がっており、柏原も小林を姉のように慕っている。柏原は『ザ・ベストテン2002』など様々な番組の中で「幸子姉さんには落ち込んでいる時に精神的に助けて頂いた」と感謝の念を述べている。また小林も「芳恵ちゃんはデビュー当時から変わらぬ初々しさで、とても可愛く、本当の妹の様に思っている」と返した。泉ピン子は美川憲一と同じく、互いの低迷時の苦労を知りつくしている親友であり、同期の水前寺清子に都はるみ、後輩の浅野ゆう子、グッチ裕三、コロッケや夏木マリ、牧村三枝子なども大の仲良しの親友である。中島啓江は生前20年に渡って小林を姉の様に慕い、幸子も可愛がっていた。中島の突然の逝去の際には小林は大変ショックを受け、悲しみをこらえながらマスコミに追悼コメントを寄せている。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見たグッチ裕三

    姉御肌であり演歌やポップスなどの後輩歌手への世話や面倒見などがとてもよいそうで、中でも後輩歌手の柏原芳恵を妹の様に可愛がっており、柏原も小林を姉のように慕っている。柏原は『ザ・ベストテン2002』など様々な番組の中で「幸子姉さんには落ち込んでいる時に精神的に助けて頂いた」と感謝の念を述べている。また小林も「芳恵ちゃんはデビュー当時から変わらぬ初々しさで、とても可愛く、本当の妹の様に思っている」と返した。泉ピン子は美川憲一と同じく、互いの低迷時の苦労を知りつくしている親友であり、同期の水前寺清子に都はるみ、後輩の浅野ゆう子、グッチ裕三、コロッケや夏木マリ、牧村三枝子なども大の仲良しの親友である。中島啓江は生前20年に渡って小林を姉の様に慕い、幸子も可愛がっていた。中島の突然の逝去の際には小林は大変ショックを受け、悲しみをこらえながらマスコミに追悼コメントを寄せている。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た島倉千代子

    翌1964年には新潟市内で肉屋を営んでいた家族とともに上京して古賀事務所に所属し、古賀作曲の『ウソツキ鴎』でデビュー。デビュー曲がいきなり20万枚のヒット曲となる。「天才少女歌手・ひばり二世」として、大映映画では子役としても活躍して共演した勝新太郎には『チビ』と呼ばれて大変可愛がられたと小林もテレビなどで語っている。当時まだ9歳の子供で分別もつかなかった小林が、ある時同期で親友の都はるみと楽屋内でワイワイ騒いでいたところ、ある先輩歌手が激怒し、島倉千代子にすぐに注意して来るよう命じた。島倉は仕方なしに小林と都の元へ注意に行き、「お幸、楽屋というところはお仕事をする場所でもあるし、ステージに立つ前の神聖な場所なのだから騒いだりするところじゃないのよ」と諭したという。小林はその当時から島倉のことを「母さん」と呼び慕い、島倉も小林を「幸」と呼び、亡くなるまでの50年間実娘のように可愛がられて大変親交が深かったという。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た松山千春

    この時の小林の発言が「豪華衣装封印」とも取れるものであったため、「何故、豪華衣装を止めると言ったのに止めないのか?」「演歌歌手は嘘吐きが多い」と2001年の紅白のリハーサル終了後に記者会見を行った和田アキ子がその場で小林を批判し話題を集めた。この時は数多くの演歌歌手仲間の他に松山千春やさだまさしらの大物も小林に同情的な発言をした。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

212件中 11 - 20件表示

「小林幸子」のニューストピックワード