212件中 21 - 30件表示
  • 小林幸子

    小林幸子から見た松田聖子

    2004年の紅白出場に当たっては、同年の新潟県中越地震(2004年10月23日)発生後、小林は「辛く悲しい地震で苦労している方々の気持ちを思うと、自分が煌びやかな衣裳で歌を歌うわけにはいかない」と涙ながらに語り、豪華衣装を着用せずシンプルな和服に身を包み、新潟を舞台にした歌『雪椿』を歌い初の大トリを務めた。ちなみに紅白において、同年に小林が大トリを務めてから紅組歌手の大トリ起用は2014年の紅白で松田聖子が大トリを務めるまで10年間無く、且つ2000年代で紅組歌手の大トリは小林のこの回のみ。その後、この紅白で使用する予定にしていた豪華衣装は2005年1月25日の『NHK歌謡コンサート』で披露した。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見たジェロ

    『マルちゃん 四季物語』(2010年8月「秋のときめき」編のみ。ジェロと共演)小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た小林まこと

    小林 幸子(こばやし さちこ、1953年12月5日 - )は、日本の演歌歌手、女優、タレント、実業家。本名、林 幸子(はやし さちこ)。旧姓、小林。血液型はA型。身長165cm。漫画家の小林まこととは親戚である。「幸子プロモーション」所属。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た美空ひばり

    新潟県新潟市(現在の新潟市中央区)出身。1963年、9歳の小学4年生の時にTBS『歌まね読本』でグランドチャンピオンとなり、審査委員長の古賀政男にスカウトされる。当時はテレビの音楽番組などは生放送であり、夜7:30のテレビ出演というのは、当時の子供にとっては遅い時間帯であった。この9歳の少女ということも「美空ひばり」を彷彿させ、その「ひばり」のものまねも他の大人の出場者を圧倒する抜群の歌唱力と非常に似ているものまねの出来で、後に「第二のひばり」と言わせるものであった。これが古賀を唸らせ文句なくグランドチャンピオンを獲らせたのである。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た石川さゆり

    第30回(1979年)に初出場を果たしてから、正規の歌手としての出場は連続で33回。紅組歌手としての出場回数で和田アキ子を2回差、石川さゆりを1回差で追っていたが、2012年にスキャンダルのあおりを受けて落選。以降は、第66回(2015年)に特別枠として1回復帰したのみ。連続33回出場は石川に抜かれるまで紅組歌手の連続出場の最長記録となっていた(紅組歌手における初出場からの連続出場では単独1位)。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た牧村三枝子

    姉御肌であり演歌やポップスなどの後輩歌手への世話や面倒見などがとてもよいそうで、中でも後輩歌手の柏原芳恵を妹の様に可愛がっており、柏原も小林を姉のように慕っている。柏原は『ザ・ベストテン2002』など様々な番組の中で「幸子姉さんには落ち込んでいる時に精神的に助けて頂いた」と感謝の念を述べている。また小林も「芳恵ちゃんはデビュー当時から変わらぬ初々しさで、とても可愛く、本当の妹の様に思っている」と返した。泉ピン子は美川憲一と同じく、互いの低迷時の苦労を知りつくしている親友であり、同期の水前寺清子に都はるみ、後輩の浅野ゆう子、グッチ裕三、コロッケや夏木マリ、牧村三枝子なども大の仲良しの親友である。中島啓江は生前20年に渡って小林を姉の様に慕い、幸子も可愛がっていた。中島の突然の逝去の際には小林は大変ショックを受け、悲しみをこらえながらマスコミに追悼コメントを寄せている。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た小西康陽

    6月29日には「にいがた発信プロジェクト」の一環として、PRソング「にいがた☆JIMAN!」を「Negicco feat.小林幸子」名義で発表。小西康陽プロデュース。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た佐々木健介

    2015年4月25日、幕張メッセにて開催されたニコニコ超プロレスでデビュー。佐々木健介とタッグ組みボブ・サップ・男色ディーノ組と対戦し、自らラスボス固めでボブ・サップからフォール勝ちをおさめた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見たコロッケ (タレント)

    姉御肌であり演歌やポップスなどの後輩歌手への世話や面倒見などがとてもよいそうで、中でも後輩歌手の柏原芳恵を妹の様に可愛がっており、柏原も小林を姉のように慕っている。柏原は『ザ・ベストテン2002』など様々な番組の中で「幸子姉さんには落ち込んでいる時に精神的に助けて頂いた」と感謝の念を述べている。また小林も「芳恵ちゃんはデビュー当時から変わらぬ初々しさで、とても可愛く、本当の妹の様に思っている」と返した。泉ピン子は美川憲一と同じく、互いの低迷時の苦労を知りつくしている親友であり、同期の水前寺清子に都はるみ、後輩の浅野ゆう子、グッチ裕三、コロッケや夏木マリ、牧村三枝子なども大の仲良しの親友である。中島啓江は生前20年に渡って小林を姉の様に慕い、幸子も可愛がっていた。中島の突然の逝去の際には小林は大変ショックを受け、悲しみをこらえながらマスコミに追悼コメントを寄せている。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見たコミックマーケット

    2014年8月17日、個人サークル「5884組」として第86回コミックマーケットに参加した。小林自らブースに立ってミニアルバムCD「さちさちにしてあげる♪」を頒布し、約2時間40分で用意していた限定1500枚のCDが完売した。急遽9月17日に全国のアニメイト各店及びアニメイトオンラインショップにて限定発売されて、iTunesアルバム総合ランキングでも10位にランクインした。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

212件中 21 - 30件表示

「小林幸子」のニューストピックワード