164件中 61 - 70件表示
  • 小林 幸子

    小林幸子から見たNHK総合

    ディープピープル 「女性演歌歌手」(2011年5月9日、NHK総合小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た大映

    翌1964年には新潟市内で肉屋を営んでいた家族とともに上京して古賀事務所に所属し、古賀作曲の『ウソツキ鴎』でデビューする。デビュー曲がいきなり20万枚のヒット曲となる。「天才少女歌手・ひばり二世」として、大映映画では子役としても活躍した。当時まだ9歳の子供だったために楽屋内でワイワイ騒いでいたところをある先輩歌手が激怒し、島倉千代子にすぐに注意して来いといわれて島倉が嫌々仕方なしに小林の元へ注意にいったとNHK『ふたりのビッグショー』のトークで語った。「お幸、楽屋というところはステージに立つ前の神聖な場所なのだから騒いだりするところじゃないのよ」と注意したそう。その当時から島倉のことを「母さん」と呼び慕い、島倉も「幸」と呼んで、現在まで自分の娘のように可愛がっており親交が深いという。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見たビクターエンターテインメント

    その間には小林幸子(日本コロムビア)→小林さち子(ビクターエンターテインメント)→岡真由美(テイチク)→小林幸子(ワーナー・パイオニア)と幾度も改名したりレコード会社を移籍した。過去にはサンミュージックプロダクションにも所属していた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た明治座

    2008年、芸能生活45周年を迎え、全国3劇場で座長公演を行う(御園座、博多座、明治座初座長)。文化庁芸術祭の大衆芸能部門で優秀賞を受賞。『第59回紅白歌合戦』で45周年記念曲『楼蘭』を熱唱、紅白に30回連続出場を果たす。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見たNHK総合テレビジョン

    1968年にはNET(現:テレビ朝日)で放映、背泳ぎでオリンピックを目指す、スポ根ドラマ『青い太陽』の主役を演じる。しかしヒット曲が続かず、お手本としていたはずの美空ひばりの母親から、あまりにもひばりを模倣されているとの嫌悪感から敬遠され、徐々にスケジュールが空白になって仕事が激減していき15年の長い不遇が続く。当時、興行の世界を牛耳っていた山口組三代目に娘同然に可愛がられているひばりに嫌われることは致命的なことであった。後年、NHK総合テレビ『NHK歌謡コンサート』の美空ひばり特集に出演時、司会の小田切千(NHKアナウンサー)から生前のひばりとのエピソードを尋ねられると、『おもいで酒』が大ヒット後に音楽番組共演やドラマ共演などが縁で、後にとても可愛がっていただいたと語っている。ドラマ撮影時はスタジオ以外に街中や繁華街などでも撮影したが、万一ひばりの身に何かあれば大変だと思い、周囲を気にしながら演技をしていたところ、ひばりに感付かれてしまい「幸子ありがとう。私の心配をしなくても全然大丈夫よ!」と言われて、逆に気遣わせてしまったという。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見たC.A.L

    水戸黄門 第20部 第37話「悲願を秘めた水芸師 -長岡-」(1991年7月22日、TBS / C\.A\.L) - 瀬川小糸小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見たレコード会社

    2012年8月20日、レコード会社・日本コロムビアと契約解除に合意。10月予定で当初小林自身の作詞・作曲による新曲をインディーズから発売することを考えていたが、10月17日に来年のデビュー50周年記念曲としてさだまさしに製作依頼していた『茨の木』を新曲として急遽発売することになった。レコチョク先行配信日の9月27日には都内で新曲発表と新レーベル『Sachiko Premium Records(サチコプレミアレコード)』発足の会見を涙ながらに開いた。「新曲は演歌ではない」と新路線で臨むことを明かしており、売り上げの一部は東日本大震災復興基金へ寄付に充てられる。発売翌日の18日には、代官山蔦谷書店で発売記念イベントを行った。約200人のファンが駆け付けた店内を、スケスケの衣装で登場した小林は「歌い手として、こうして歌えること、新曲を出せたということ、これが一番幸せです」と笑顔で語った。同曲や代表曲「雪椿」「もしかして」なども披露したが、涙を流すファンの姿を見て「泣かないでください。私も一緒に泣いちゃった」と涙ぐむ場面もあった。34年振りに各地をキャンペーン廻りして、2012年末までに自主製作では異例の2万枚を売り上げた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た三船プロダクション

    荒野の素浪人(第1シリーズ)(1972年1月 - 1973年3月、NET・三船プロダクション)第30話「緋剣 三匹の女渡世人」(1972年)小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た東海テレビ放送

    七人の敵がいる!〜ママたちのPTA奮闘記〜(2012年4月 - 6月、東海テレビ) - 上条圭子(PTA会長)小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た茨の木

    2012年8月20日、レコード会社・日本コロムビアと契約解除に合意。10月予定で当初小林自身の作詞・作曲による新曲をインディーズから発売することを考えていたが、10月17日に来年のデビュー50周年記念曲としてさだまさしに製作依頼していた『茨の木』を新曲として急遽発売することになった。レコチョク先行配信日の9月27日には都内で新曲発表と新レーベル『Sachiko Premium Records(サチコプレミアレコード)』発足の会見を涙ながらに開いた。「新曲は演歌ではない」と新路線で臨むことを明かしており、売り上げの一部は東日本大震災復興基金へ寄付に充てられる。発売翌日の18日には、代官山蔦谷書店で発売記念イベントを行った。約200人のファンが駆け付けた店内を、スケスケの衣装で登場した小林は「歌い手として、こうして歌えること、新曲を出せたということ、これが一番幸せです」と笑顔で語った。同曲や代表曲「雪椿」「もしかして」なども披露したが、涙を流すファンの姿を見て「泣かないでください。私も一緒に泣いちゃった」と涙ぐむ場面もあった。34年振りに各地をキャンペーン廻りして、2012年末までに自主製作では異例の2万枚を売り上げた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

164件中 61 - 70件表示

「小林幸子」のニューストピックワード