164件中 71 - 80件表示
  • 小林 幸子

    小林幸子から見たおもいで酒

    1968年にはNET(現:テレビ朝日)で放映、背泳ぎでオリンピックを目指す、スポ根ドラマ『青い太陽』の主役を演じる。しかしヒット曲が続かず、お手本としていたはずの美空ひばりの母親から、あまりにもひばりを模倣されているとの嫌悪感から敬遠され、徐々にスケジュールが空白になって仕事が激減していき15年の長い不遇が続く。当時、興行の世界を牛耳っていた山口組三代目に娘同然に可愛がられているひばりに嫌われることは致命的なことであった。後年、NHK総合テレビ『NHK歌謡コンサート』の美空ひばり特集に出演時、司会の小田切千(NHKアナウンサー)から生前のひばりとのエピソードを尋ねられると、『おもいで酒』が大ヒット後に音楽番組共演やドラマ共演などが縁で、後にとても可愛がっていただいたと語っている。ドラマ撮影時はスタジオ以外に街中や繁華街などでも撮影したが、万一ひばりの身に何かあれば大変だと思い、周囲を気にしながら演技をしていたところ、ひばりに感付かれてしまい「幸子ありがとう。私の心配をしなくても全然大丈夫よ!」と言われて、逆に気遣わせてしまったという。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た雪椿

    1980年にはシングル『とまり木』も大ヒットした。その後も『ふたりはひとり』、『もしかしてPartII』(美樹克彦とのデュエット曲)、『雪椿』などの大ヒット作に恵まれ、紅白への連続出場も果たし、1992年 - 2009年まで紅白での美川憲一との派手な衣装対決は紅白恒例の話題作りとなっていた(美川は2010年以降は出場していない)。美川とは古賀政男の元で2人がデビュー前後から一緒にレッスン指導を受けていたことで、互いの年齢は離れているが50年前から公私ともに親交が深くて、現在も「憲ちゃん」「幸ちゃん」と呼び合い、音楽番組以外にも一緒にバラエティ番組などに仲良く出演するなどデビュー当時からお互いの低迷時の苦労等を全て知り尽くしている。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見たクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル

    さよならありがとう(2000年4月22日)(映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル」主題歌)(こばやしさちこ名義)小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲

    1998年、芸能生活35周年を迎える。ジャズの殿堂ブルーノート東京にて、演歌歌手としては初のライブ「35th ANNIVERSARY Boogie&Blues」を開催。『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のエンディングテーマソング『風といっしょに』を担当。そして、同年の『第49回NHK紅白歌合戦』では『風といっしょに』を熱唱。また、この翌年正月に放送されたポケモンの音楽を紹介するSPでこの時着た衣装の前で同曲を熱唱した。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見たとりかえっこプリーズ

    1997年、第9回日本ジュエリーベストドレッサー賞受賞。同年にテレビ東京系アニメ『ポケットモンスター』のエンディングテーマソング『ポケットにファンタジー』を歌い、以後何度かポケモン関連の活動を行っている。『ポケットにファンタジー』がテレビ初放映されたのはポケモンショックの回であった。同年にはイマクニ?、レイモンド・ジョンソンとのユニット・スズキサンとしてシングル『とりかえっこプリーズ』を発売。ポケモンカードゲームのCMソングとして流れた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見たポケットモンスター (1997-2002年のアニメ)

    1997年、第9回日本ジュエリーベストドレッサー賞受賞。同年にテレビ東京系アニメ『ポケットモンスター』のエンディングテーマソング『ポケットにファンタジー』を歌い、以後何度かポケモン関連の活動を行っている。『ポケットにファンタジー』がテレビ初放映されたのはポケモンショックの回であった。同年にはイマクニ?、レイモンド・ジョンソンとのユニット・スズキサンとしてシングル『とりかえっこプリーズ』を発売。ポケモンカードゲームのCMソングとして流れた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た青い太陽

    1968年にはNET(現:テレビ朝日)で放映、背泳ぎでオリンピックを目指す、スポ根ドラマ『青い太陽』の主役を演じる。しかしヒット曲が続かず、お手本としていたはずの美空ひばりの母親から、あまりにもひばりを模倣されているとの嫌悪感から敬遠され、徐々にスケジュールが空白になって仕事が激減していき15年の長い不遇が続く。当時、興行の世界を牛耳っていた山口組三代目に娘同然に可愛がられているひばりに嫌われることは致命的なことであった。後年、NHK総合テレビ『NHK歌謡コンサート』の美空ひばり特集に出演時、司会の小田切千(NHKアナウンサー)から生前のひばりとのエピソードを尋ねられると、『おもいで酒』が大ヒット後に音楽番組共演やドラマ共演などが縁で、後にとても可愛がっていただいたと語っている。ドラマ撮影時はスタジオ以外に街中や繁華街などでも撮影したが、万一ひばりの身に何かあれば大変だと思い、周囲を気にしながら演技をしていたところ、ひばりに感付かれてしまい「幸子ありがとう。私の心配をしなくても全然大丈夫よ!」と言われて、逆に気遣わせてしまったという。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見たNHK歌謡コンサート

    1968年にはNET(現:テレビ朝日)で放映、背泳ぎでオリンピックを目指す、スポ根ドラマ『青い太陽』の主役を演じる。しかしヒット曲が続かず、お手本としていたはずの美空ひばりの母親から、あまりにもひばりを模倣されているとの嫌悪感から敬遠され、徐々にスケジュールが空白になって仕事が激減していき15年の長い不遇が続く。当時、興行の世界を牛耳っていた山口組三代目に娘同然に可愛がられているひばりに嫌われることは致命的なことであった。後年、NHK総合テレビ『NHK歌謡コンサート』の美空ひばり特集に出演時、司会の小田切千(NHKアナウンサー)から生前のひばりとのエピソードを尋ねられると、『おもいで酒』が大ヒット後に音楽番組共演やドラマ共演などが縁で、後にとても可愛がっていただいたと語っている。ドラマ撮影時はスタジオ以外に街中や繁華街などでも撮影したが、万一ひばりの身に何かあれば大変だと思い、周囲を気にしながら演技をしていたところ、ひばりに感付かれてしまい「幸子ありがとう。私の心配をしなくても全然大丈夫よ!」と言われて、逆に気遣わせてしまったという。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た九ちゃん!

    1966年7月30日から1968年1月27日まで日本テレビ『九ちゃん!』に『チビッコトリオ』としてレギュラー出演している。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た風といっしょに

    1998年、芸能生活35周年を迎える。ジャズの殿堂ブルーノート東京にて、演歌歌手としては初のライブ「35th ANNIVERSARY Boogie&Blues」を開催。『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のエンディングテーマソング『風といっしょに』を担当。そして、同年の『第49回NHK紅白歌合戦』では『風といっしょに』を熱唱。また、この翌年正月に放送されたポケモンの音楽を紹介するSPでこの時着た衣装の前で同曲を熱唱した。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

164件中 71 - 80件表示

「小林幸子」のニューストピックワード