前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
339件中 1 - 10件表示
  • 中平康

    中平康から見た小林旭小林旭

    昭和40年(1965年)、小林旭の賭博師シリーズでは中平の初登板した第6作『黒い賭博師』にて、従来の哀愁や情念の要素を抜き去った、モダンなタッチに路線変更。翌昭和40年(1965年)、シリーズ最終作となる『黒い賭博師 悪魔の左手』でも度が過ぎるほどの荒唐無稽さと映画テクニックで見せるなど健闘を続ける。中平康 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た小林旭小林旭

    1961年8月に当時交際していた小林旭と別れ、この頃より生活が荒むものの石原裕次郎に励まされ持ち前の根性で再起する。また1964年には「夕陽の丘」でレコードデビューした。日活の看板女優として数多くの映画に出演し、人気を博した。現在までの映画出演本数は150本以上。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本暴力列島 京阪神殺しの軍団

    日本暴力列島 京阪神殺しの軍団から見た小林旭小林旭

    『日本暴力列島 京阪神殺しの軍団』(にほんぼうりょくれっとう けいはんしんころしのぐんだん)は、1975年の日本映画。主演:小林旭、監督:山下耕作。東映京都撮影所製作、東映配給。併映『喜劇特出しヒモ天国』(山城新伍主演、森崎東監督)。日本暴力列島 京阪神殺しの軍団 フレッシュアイペディアより)

  • 多羅尾伴内 (小林旭版)

    多羅尾伴内 (小林旭版)から見た小林旭小林旭

    『多羅尾伴内』(たらおばんない)は、1978年公開の日本映画。小林旭主演、鈴木則文監督。東映東京撮影所製作、東映配給。併映『最も危険な遊戯』(松田優作主演、村川透監督)。多羅尾伴内 (小林旭版) フレッシュアイペディアより)

  • 進撃の阪神巨人 演歌コンサート!!

    進撃の阪神巨人 演歌コンサート!!から見た小林旭小林旭

    『進撃の阪神巨人 演歌コンサート!!』(しんげきのはんしんきょじん えんかコンサート)は、2014年11月14日に、渋谷公会堂で開催された演歌のチャリティコンサート。エイズ撲滅のため、進撃の阪神深見東州と演歌の超大型巨人小林旭が「東州演歌2人組」を結成した。収益金は、レソト王国の福祉団体・サンタバリーに寄付される。進撃の阪神巨人 演歌コンサート!! フレッシュアイペディアより)

  • 大瀧詠一

    大瀧詠一から見た小林旭小林旭

    そのため、1962年夏から1966年までにチャートインした曲はすべて覚えているというほど精通している。洋楽面のみで語られがちだが、同時期には小林旭や三橋美智也なども好んで聞いていた。特にクレージーキャッツの植木等が歌う「スーダラ節」には非常に影響を受けたという。大瀧詠一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画

    日本映画から見た小林旭小林旭

    1953年の製作再開以降、市川崑監督『ビルマの竪琴』(1956年)などの文藝作を製作していた。五社協定により他社からスターを引き抜けないため、石原裕次郎、小林旭、浅丘ルリ子、赤木圭一郎、宍戸錠、二谷英明、川地民夫、待田京介、和田浩治などの自前のスターを作り出し、若年向けの青春映画や無国籍アクション映画を製作・配給した。なかでも古川卓己監督『太陽の季節』(1956年)、中平康監督『狂った果実』(1956年)、井上梅次監督『嵐を呼ぶ男』(1957年)、田坂具隆監督『陽のあたる坂道』、蔵原惟繕監督『風速40米』(1958年)などの石原裕次郎主演作が一世を風靡する。川島雄三監督フランキー堺主演の『幕末太陽傳』(1957年)などの歴史に残る作品も残している。日本映画 フレッシュアイペディアより)

  • オフィス・ビッグ

    オフィス・ビッグから見た小林旭小林旭

    その後、俳優の小林旭に師事しビッグアクション傘下「グループA・K」を設立オフィス・ビッグ フレッシュアイペディアより)

  • ジダンダ!

    ジダンダ!から見た小林旭小林旭

    「ジダンダ!」は、2009年2月4日に発売された小林旭のアルバムレコード、および同年7月8日に『ジダンダ!/福岡帰行』として発売されたマキシシングル。『ジダンダ!』(アルバム)のレーベルは「マイトガイ・レーベル」、『ジダンダ!/福岡帰行』(シングル)のレーベルは「テンプラミュージック」である。発売元はどちらも、たちばな出版である。ジダンダ! フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション

    GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクションから見た小林旭小林旭

    ディスク1は、主に森田公一が提供してシングルレコードA面として発売された楽曲から選曲された。1970年代に活躍した女性アイドル歌手の楽曲が多く収録されている点が特徴のひとつである。新三人娘(1971年に歌手デビューした同期生)からは南沙織を除いた天地真理と小柳ルミ子が、花の中三トリオ(同じオーディション番組から歌手デビューした同窓生)からは山口百恵を除いた森昌子と桜田淳子が収録されている。ほか岡田奈々や、当時渡辺プロダクション(芸能事務所)所属だったアグネス・チャンやキャンディーズなど。小林旭と森山良子の楽曲は、後年歌いなおされたカバー音源である。ディスク2は、「森田公一とトップギャラン」を中心に、森田公一が自ら歌った楽曲を収録。セルフカバーも含まれている。GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
339件中 1 - 10件表示

「小林旭」のニューストピックワード