前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
234件中 1 - 10件表示
  • 中平康

    中平康から見た小林旭小林旭

    昭和40年(1965年)、小林旭の賭博師シリーズでは中平の初登板した第6作『黒い賭博師』にて、従来の哀愁や情念の要素を抜き去った、モダンなタッチに路線変更。翌昭和40年(1965年)、シリーズ最終作となる『黒い賭博師 悪魔の左手』でも度が過ぎるほどの荒唐無稽さと映画テクニックで見せるなど健闘を続ける。中平康 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画

    日本映画から見た小林旭小林旭

    1953年の製作再開以降、市川崑監督『ビルマの竪琴』(1956年)などの文藝作を製作していた。五社協定により有力なスターを他社から引き抜けないため、石原裕次郎、小林旭、浅丘ルリ子、赤木圭一郎、宍戸錠、二谷英明、川地民夫、待田京介、和田浩治などの自前のスターを作り出し、若年向けの青春映画や無国籍アクション映画を製作?配給した。なかでも古川卓己監督『太陽の季節』(1956年)、中平康監督『狂った果実』(1956年)、井上梅次監督『嵐を呼ぶ男』(1957年)、田坂具隆監督『陽のあたる坂道』、蔵原惟繕監督『風速40米』(1958年)などの石原裕次郎主演作が一世を風靡する。川島雄三監督『幕末太陽傳』(1957年)などのカルト作品も残している。日本映画 フレッシュアイペディアより)

  • 旅がらす事件帖

    旅がらす事件帖から見た小林旭小林旭

    『旅がらす事件帖』(たびがらす じけんちょう)は、関西テレビ放送・国際放映制作でフジテレビ系列にて1980年10月7日から1981年3月31日まで毎週火曜日22時から22時54分に放映されたテレビ時代劇。全26話。銀幕のスターである小林旭の初の主演テレビ時代劇という事が話題となった。旅がらす事件帖 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た小林旭小林旭

    こうした一件もあってひばりの母・加藤喜美枝も岡田を非常に信頼し何かあると『岡田さん、岡田さん』と岡田を呼び『岡田さん以外とは話さない』と言っていたという。岡田は神戸芸能社との交渉も恐れず、ひばりの地方興行と映画の撮影が重なることがあっても、撮影を優先させた。ひばりは小林旭と結婚した1962年あたりから映画や浅草国際劇場での正月公演の入りが悪くなりピンチを迎えた。喜美枝がひばりの再出発として企画したのが、『江利チエミで大成功した後、次は本家に出て頂きたいんです』と、新宿コマ劇場から要請のあった初の座長公演であった。しかし浅草国際劇場での興行には神戸芸能が入っていて、そこから東宝系の新宿コマに移るということは神戸芸能と手を切ることになる。喜美枝はこの契約を田岡に内緒でしてしまい田岡の逆鱗に触れた。東映との専属契約は1963年12月で切れたが、いざというときに泣きつくのは岡田であった。岡田を通して田岡の怒りを鎮めてもらおうと、喜美枝は岡田と共に療養中の田岡を訪ねて何とか田岡の怒りを収めた。『お嬢の座長公演のスタートは、女の花道』との演題で川口松太郎に粘りに粘って脚本を書いてもらい、1964年6月一か月の公演が決まった。舞台の演出には映画で何度もコンビを組んで気心知れた沢島忠を希望した。しかし沢島は当時東映と専属契約を結んでおり他社の仕事は出来ない。喜美枝はこれも岡田と直接交渉し、強引な申込みに岡田は困り切り、出した一案が『東宝から淡島千景を東映に借り、その代わり沢島を東宝系の新宿コマの舞台に貸す事にする』というバーター案で、これにより沢島の貸し出しが決まった。沢島はこの後1967年、岡田が『もう時代劇はやらない』というので東映を辞め、東宝系の東京映画に移るが、これを機にその後は美空ひばりの舞台演出を主に活躍した。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た小林旭小林旭

    1956年2月、映画「愛情」の軽井沢ロケでキッスシーンがあることを知らされ、公私共に初めてであることから大変動揺する、だが父より「どんな役でも立派にやり遂げなければ一人前の女優になれない!」と諭され奮起する。1961年8月に小林旭と別れ、この頃より生活が荒むものの石原裕次郎に励まされ持ち前の根性で再起する。また1964年には「夕陽の丘」でレコードデビューした。日活の看板女優として数多くの映画に出演し、人気を博した。現在までの映画出演本数は150本以上。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 能勢英男

    能勢英男から見た小林旭小林旭

    「赤いトラクター」(小林旭能勢英男 フレッシュアイペディアより)

  • 馬渕玄三

    馬渕玄三から見た小林旭小林旭

    1948年(昭和23年)、25歳のころ、レコード会社の日本コロムビアに入社。営業・販売・宣伝畑を10年歩いたあと、1958年(昭和33年)、ディレクターとなる。当時、新米ディレクターながら、島倉千代子の『からたち日記』(1958年)を手がけ、大ヒットさせる。1960年(昭和35年)の小林旭の代表曲『さすらい』も手がけている。1961年(昭和36年)ころから、同社専属であった美空ひばりを3年間担当し、信頼されるようになる。馬渕玄三 フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション

    GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクションから見た小林旭小林旭

    ディスク1は、主に森田公一が提供してシングルレコードA面として発売された楽曲から選曲された。1970年代に活躍した女性アイドル歌手の楽曲が多く収録されている点が特徴のひとつである。新三人娘(1971年に歌手デビューした同期生)からは南沙織を除いた天地真理と小柳ルミ子が、花の中三トリオ(同じオーディション番組から歌手デビューした同窓生)からは山口百恵を除いた森昌子と桜田淳子が収録されている。ほか岡田奈々や、当時渡辺プロダクション(芸能事務所)所属だったアグネス・チャンやキャンディーズなど。小林旭と森山良子の楽曲は、後年歌いなおされたカバー音源である。ディスク2は、「森田公一とトップギャラン」を中心に、森田公一が自ら歌った楽曲を収録。セルフカバーも含まれている。GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション フレッシュアイペディアより)

  • 米山正夫

    米山正夫から見た小林旭小林旭

    1963年(昭和38年)、クラウンレコード創設と共に同社の専属になり、西郷輝彦「涙をありがとう」、美樹克彦「花はおそかった」、水前寺清子の大ヒット曲『三百六十五歩のマーチ』、小林旭の『赤いトラクター』、同じくヤンマーの『ヤン坊マー坊天気予報』のテーマ曲としてお馴染みの『ヤン坊マー坊の唄』など多くのヒット作品を残した。米山正夫 フレッシュアイペディアより)

  • 赤木圭一郎

    赤木圭一郎から見た小林旭小林旭

    鈴木清順監督の『素っ裸の年令』(1959年)で初主演。その後『拳銃無頼帖』シリーズなど20本以上の無国籍アクション映画に主演し、日活のアクション俳優として、“マイトガイ”小林旭、“タフガイ”石原裕次郎に続く「第三の男」と呼ばれた。赤木圭一郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
234件中 1 - 10件表示

「小林旭」のニューストピックワード