339件中 111 - 120件表示
  • 第19回日本レコード大賞

    第19回日本レコード大賞から見た小林旭小林旭

    特別賞は、満場一致で小畑実・小林旭・フランク永井・春日八郎に決定した。第19回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 一代のぼる

    一代のぼるから見た小林旭小林旭

    千昌夫、小林旭、水前寺清子、村田英雄らの楽曲を作曲。代表曲の「帰ってこいよ」は、1980年発売の松村和子のデビュー曲で、翌1981年の「第32回NHK紅白歌合戦」でも歌われた。「一代のぼる」の名付け親は作詞家の星野哲郎である。一代のぼる フレッシュアイペディアより)

  • 帯広キネマ館

    帯広キネマ館から見た小林旭小林旭

    終戦から5年を経た1950年(昭和25年)、3代目の建物に改築。この頃から当館の前に猿小屋を設置したり、お盆の時期にはミニお化け屋敷を設けるなどユニークなサービスを行っていた。1953年(昭和28年)西1条南9丁目にニュース劇場プリンス(後のプリンス劇場)が、1955年(昭和30年)に帯広東劇(後の帯広大映劇場)、1956年(昭和31年)にテアトル銀映といったグループ館が新設。1960年(昭和35年)にはこの4館を含めた10館が帯広市内に存在していた。当時のキネマ館は日活映画の封切館で、『嵐を呼ぶ男』『黒部の太陽』などがヒットしていた。1960年(昭和35年)製作の小林旭主演『大草原の渡り鳥』(監督:齋藤武市)では、帯広市内でもロケが行われ、同館の従業員数十名がエキストラとして出演している。函館市にあるミニシアター「シネマアイリス」の代表・菅原和博は、小・中学校時代に帯広に住んでいたことがあり、キネマ館で吉永小百合主演の『愛と死をみつめて』、渡哲也主演・鈴木清順監督の『東京流れ者』を観た思い出を「北海道新聞」のインタビューで語っている。帯広キネマ館 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村吾一

    岡村吾一から見た小林旭小林旭

    『実録飛車角 狼どもの仁義』(1974年、東映)、岡村吾一(役名は当時の渡世名である「村岡健次」)役は、小林旭岡村吾一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本最大の顔役

    日本最大の顔役から見た小林旭小林旭

    『日本最大の顔役』(にほんさいだいのかおやく)1970年4月18日に公開された日本の映画である。監督は松尾昭典。主演は小林旭。日活制作。日本最大の顔役 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車ショー歌

    自動車ショー歌から見た小林旭小林旭

    自動車ショー歌(じどうしゃショーか)は、作詞:星野哲郎、作曲:叶弦大の歌謡曲。1964年(昭和39年)に小林旭が歌いヒットした。1965年(昭和40年)製作の映画『投げたダイスが明日を呼ぶ』の挿入歌として使用された。自動車ショー歌 フレッシュアイペディアより)

  • 人生劇場 飛車角

    人生劇場 飛車角から見た小林旭小林旭

    本作の成功を切っ掛けに他社も任侠映画の製作に乗り出した。日活は当時まだ石原裕次郎や小林旭を中心とする"日活アクション"が勢いを持続していたが、『人生劇場 飛車角』の四ヶ月後の1963年7月、日活の任侠映画第一弾として高橋英樹の『男の紋章』が封切られた。『男の紋章』はシリーズ化され、1963年8月の『関東遊侠伝』、11月の『関東無宿』では、小林旭が着流し侠客を演じた。以後任侠映画の本数が増え、石原裕次郎も1964年7月の『鉄火場破り』で任侠ものに主演した。1968年には渡哲也の現代やくざ映画『無頼』シリーズが始まった。アクション映画は東映より日活が先であったが、日活は東映のヤクザ映画に対抗し日活ニューアクションという若い客層を狙った路線を始めた。大映では1961年から勝新太郎の『悪名』が始まっていたが、任侠路線というほどの流れはなく、主流はあくまでも時代劇であった。ところが1965年、市川雷蔵の本格的な任侠もの『若親分』が登場してシリーズ化される。勝新太郎の『兵隊やくざ』シリーズも同じ年である。1966年には『女の賭場』を切っ掛けに江波杏子の『女賭博師』シリーズが生まれる。1967年東映は新作公開58本の内、37本がやくざ映画であったが、1969年の日活は新作53本中、35本のやくざ映画を製作した。そのほとんどが東映の正系やくざ映画に類似したものであった。つぶれかけていた大映は東映のノウハウを借りて生き延びようと1969年、東映を干されていた高田宏治を呼び寄せ、市川雷蔵の遺作『博徒一代 血祭り不動』、安田道代の『関東おんな悪名』と『関東おんなド根性』を製作した。人生劇場 飛車角 フレッシュアイペディアより)

  • 横木安良夫

    横木安良夫から見た小林旭小林旭

    小林旭、ハイ・ファイ・セット、太田裕美、伊東ゆかり、プリンセス プリンセス、萩原健一、長谷川きよし、横木安良夫 フレッシュアイペディアより)

  • 警部マクロード

    警部マクロードから見た小林旭小林旭

    日本語版の吹き替えは、テレビ朝日とNHKでは声優が異なっており、NHK版でマクロードを担当したのは、宍戸錠だった。宍戸は、小林旭主演の和製ウェスタン「渡り鳥シリーズ」で "エースの錠" を演じており、マクロードの声もはまり役となった。NHK版は声の出演が豪華で、脇役まで有名俳優が声を吹き替えた。宍戸錠が最初の頃、吹き替えに慣れておらずそれをカバーするためだと思われる。加藤武の上司役も好評で、後年東宝の金田一耕助シリーズの警察幹部役が当たり役になった際も共通性を指摘された。警部マクロード フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯秀男

    佐伯秀男から見た小林旭小林旭

    『多羅尾伴内』 : 製作渡辺亮徳・天尾完次・橋本新一、監督鈴木則文、原作比佐芳武、脚本高田宏治、主演小林旭、製作東映東京撮影所、配給東映、1978年4月8日公開(映倫番号 19319) - 出演・「吉村会頭」役佐伯秀男 フレッシュアイペディアより)

339件中 111 - 120件表示

「小林旭」のニューストピックワード